青木豊彦_top

青木豊彦(あおき とよひこ)

肩書き   : 株式会社アオキ 代表取締役、東大阪市 モノづくり親善大使
講演テーマ : ものづくり、中小企業向け、地域活性
出身・ゆかり: 大阪府
  青木豊彦氏のプロフィール詳細はこちら

 

お問い合わせ

 

 

講演内容

 株式会社アオキ代表取締役・青木豊彦氏といえば、ものづくりに携わる中小企業の力だけで人工衛星を打ち上げるプロジェクトの中心人物として注目された経営者です。  

西日本を代表する中小企業メーカーの町・東大阪市で、「メイド・イン・東大阪」の人工衛星を打ち上げる計画をスタート。各計画推進団体の役員を務め、2009年1月には、小型衛星「まいど1号」の打ち上げに成功します。それはまさに、日本の中小企業の技術力を世界に知らしめ、「ものづくりニッポン」を象徴する姿として大いに注目されました。 しかし、その最大の目的は、若年層にものづくりに目覚めてもらうためのきっかけづくりであり、技術者・技能者の高齢化に歯止めをかけることでした。作ったものが空を飛ぶことによって、すごい技術であるという証明であるため、人工衛星打ち上げに着手するきっかけとなります。  

そんな青木氏の講演はビジネス、経営論、ビジネス研修などの内容に及び、「中小企業モノづくりの活性化~あつい心意気こそ人をうごかす~」「夢の実現…中小企業の空への挑戦」「技術を世界に~関西からモノづくりの再生を~」などをテーマに話をしてくれます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!  景気が上向きつつあるも、まだまだ厳しい時代が続く中、「何事においても夢をもって頑張って欲しい」という青木氏。そして、日本人であることだけでなく、自分たちが暮らす町、自分の会社や仕事、自分自身への誇りを持つことが大事であると。講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、そうした誇りこそが、日本を活性化させる底力になることに気付かされるのです。

 

講演タイトル「技術を世界に~関西からモノづくりの再生を~」 「航空宇宙を地場産業に」など

 1945年、大阪府生まれ。高校卒業後、父が経営する青木鉄工所に入社。1995年には、株式会社アオキと変更し、二代目社長に就任した。農業用機械の部品製造を主に行っていた父の経営から、モノづくりにはプライドを持たなければならない」という思いから、新規事業を拡大し、ロボット部品や航空機部品の製造に乗り出し、1997年には世界的航空機メーカーであるボーイング社の認定工場となった。その後、青木氏自身の企業をはじめとした、ものづくりの町・東大阪の技術力を活かし、人工衛星「まいど一号」の開発に取り組み、2009年に打ち上げに成功。後継者不足が深刻化する東大阪を宇宙に近づけた技術力の真髄を解き明かす。

 

 

お問い合わせ

問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー