講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

大八木淳史
(おおやぎあつし)

元ラグビー選手

京都市立伏見工業高校でラグビーを始め、全日本高校代表として英国及びニュージーランドへ遠征。
卒業後は同志社大学へと進み、学生日本一に貢献。
ニュージーランドに留学した後、神戸製鋼に入社し、日本選手権7連覇の偉業を成し遂げる。
現役引退後は、ユニークなキャラクターでテレビ・ラジオ等でも活躍しながら、夢や人の出逢い、ラグビーの素晴らしさを伝えるため、講演会やラグビー教室で全国を飛び回っている。

主な講演テーマ

「人生を根本から変えてしまう “出逢い”」

ラグビーとは無縁だった大八木淳史が、伏見工業高校で出会った人生の恩師。
その出会いが、大八木の人生を根本から変えた。
熱く、泥くさい高校時代から始まり、日本選手権7連覇まで成し遂げた大八木による、
夢を叶え、そして夢を活かす為の講演会。

 

「夢を活かす!」

ラグビーとは無縁だった大八木淳史が、伏見工業高校で出会った人生の恩師。
その出会いが、大八木の人生を根本から変えた。
熱く、泥くさい高校時代から始まり、日本選手権7連覇まで成し遂げた大八木による、
夢を叶え、そして夢を活かす為の講演会。

 

ラグビー教室

トライという目的のために全員でボールをつなぎ合う連帯感、
思い切り体をぶつけ合うことで知る本当の痛みや思いやり。
ゲームが終れば敵も味方もなく、お互いの健闘を称え合うノーサイド精神。

 

感情表現が少なく、何事にも無頓着になりつつある今の子供たちに、
心の豊かさや、体が熱くなる気持ちを体感してもらい、
ラグビーの素晴らしさをひとりでも多くの子供たちに伝えることを目的に、
子供向け(親子向け)ラグビー教室を各地にて実施いたしております。

肩書き

神戸製鋼ラグビー部 アドバイザー
(財)日本ラグビーフットボール協会 普及育成委員
(財)関西ラグビーフットボール協会 コーチソサエティ委員
ユニセフ・評議委員
京都市立伏見工高ラグビー部 OB会長
京都市立伏見工高ラグビー部 後援会副会長
京都市社会教育委員
高知県観光特使
香川大学客員教授
高知中央高等学校ラグビー部GM
芦屋にてDINING BAR「The Rugby Club of Kobe」を経営

ココがオススメ!

元ラグビー選手・大八木淳史氏は、名門・伏見工業高校でラグビーと出会い、卒業後同志社大学へ進学。
同大ラグビー部在籍中には全国大学ラグビー大会優勝に貢献し、史上唯一の同大三連覇の基礎を築き、自身は通算4度目の優勝を経験しています。

 

社会人となってからも、株式会社神戸製鋼所のラグビー部(現・神戸製鋼コベルコスティーラーズ)で活躍し、同チームの日本選手権7連覇の原動力となった一人でもあります。

 

大八木氏は1984年から1985年にTBS系で放送されたテレビドラマ『スクール☆ウォーズ 〜泣き虫先生の7年戦争〜』で、俳優・松村雄基氏が演じる大木大介役のモデルともいわれ、ラグビーファン以外からも注目されました。
現役引退後も神戸製鋼所に残り、ラグビーの指導・普及に努める傍らタレント活動も開始。
その体躯を生かして、2002年のNHK大河ドラマ『利家とまつ~加賀百万石物語~』では足立六兵衛役を好演しています。

 

日常空間から、“模擬戦争”である非日常空間に自分を移し、「スポーツを通して日常生活をより豊かにしてほしい」と講演しています。

 

また伏見工業高校時代の恩師・山口良治氏との出会いがラガーマンとしての今日の自分を形作ったと語り、そういう衝撃的な出会いは必ず存在し、人を幸せにするとも訴えています。

 

ラグビー教室も開講し、実技を通して体をぶつけあう痛みや連帯感、試合後の健闘をたたえあうノーサイド精神なども指導してくれます。

主な経歴

1977年
京都伏見工業高校の入学試験日、校門でラグビー部の山口良治先生と出会う。
1979年
全日本高校代表として英国遠征およびニュージーランド遠征に参加。
1980年
同志社大学 入学。
1984年
ニュージーランド・カンタベリー 大学へラグビー留学。
1985年
株式会社神戸製鋼所 入社。
1987年
オックスフォード大・スタンレーカップに出場。
世界選抜の一員としてオールブラックスと対戦。
1995年
世界選抜の一員として南アフリカ選抜と対戦。
1996年
日本ラグビーフットボール協会普及育成委員 就任。
1997年
現役引退。
2001年
全国の小学校にラグビーボールをプレゼントするプロジェクト
「Ashi’s kids」 スタート。

 

 

【主な球技歴】

1979年
全日本高校代表として英国遠征およびニュージーランド遠征に参加
1984年
ニュージーランド・カンタベリー大学へラグビー留学
1987年
オックスフォード大・スタンレーカップに出場
世界選抜の一員としてオールブラックスと対戦
1995年
世界選抜の一員として南アフリカ選抜と対戦

大学選手権 日本一4回(81~83、85年)
日本選手権 日本一7回(89~95年)
キャップ数 30(国際試合出場)

 

主なメディア出演

TV
テレビ朝日
「グレートマザー物語」
「くりぃむナントカ」
日本テレビ
「ザ!鉄腕!DASH!!」
「オールスターShall we ダンス?」
NHK
「ようこそ先輩 課外授業」
「真剣10代 しゃべり場」
「わが心の旅 ニュージーランド編」
「サンデースポーツ」
NHK時代劇ドラマ「一弦の琴」
古代史スペシャル「大化改新」
大河ドラマ「利家とまつ」
テレビ東京 「ラグビーワールドカップ2003 コメンテーター」
関西テレビ
「おチャのま」
「ZIP!」

映画
「スクールウォーズ」
CM
「キリンラガービール」
「東洋紡 地球環境シリーズ」

 

主な著書

『夢を活かす!』(講談社)山口 良治 (著), 大八木 淳史 (著)

出版社/著者からの内容紹介
~熱血師弟の実践的子育て~
もっと愛をこめて夢を語りつづけよう!
子どもたちがもっとドキドキし、もっとカッコよく、もっと自分らしく生きるために、
親や教師はいま何をすべきか?
子どもに迎合せず、必要ならば手をあげることもいとわない
――泣き虫先生と教え子の「汗と涙の熱き思い」

▼amazon
www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062110024/ref=nosim/speakers/

単行本: 236ページ
出版社: 講談社
発売日: 2001/11
商品の寸法: 20 x 13.5 x 2.6 cm

 

『友よ』(ダイヤモンド社)大八木 淳史 (著)

内容(「MARC」データベースより)
ラグビーはいわば「おかげさま」の精神で成り立っているスポーツだ。
競争することが半ば当たり前となった現代社会が失いつつある心がそこにある。
楕円球を通して出会った友への熱き思いを綴る。

 

単行本: 221ページ
出版社: ダイヤモンド社
発売日: 1998/01

 

『勇気のなかに』(アリス館)大八木 淳史 (著)

内容(「MARC」データベースより)
右に左にころがりつづける楕円球のラグビーボールは人生そのもの。
ひたむきにラグビーに打ちこんできた「神鋼の暴れん坊」大八木が語る20年の熱いドラマ。
俺に勇気を与えてくれたのはかずかずの出逢いだった。

 

単行本: 206ページ
出版社: アリス館
発売日: 1997/01
商品の寸法: 19.2 x 13.4 x 1 cm

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。