講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

加藤與惠
(かとうともえ)

元サッカー女子日本代表/サッカー解説者

小学生から兄の影響でサッカーを始め、中学生からは読売メニーナに入団。そのまま読売(現・日テレ)ベレーザに昇格した。主にボランチとして活躍し、豊富な運動量で往年のベレーザを長い間支え続けた。ニッ クネームの「ごみちゃん」から転じて「ミゴ」は、ファンの間で親しみをこめて呼ばれており、感謝祭などではこのニックネームで名札をつけることがあった。
リーグベストイレブンに1996年から11回連続で選出されており、2001年・2002年には2年連続でMVPに選ばれた。代表デビューは 1997年で、その後は10年の長きにわたり代表チームでの活躍を続け、不動のボランチを確立。その安定感には定評がある。なでしこジャパン(日本女子代 表)での選手個人記録によると、代表試合の出場試合数では堂々の3位にランキング。プレーヤーとしての息の長さが証明された。長きに渡りベレーザで活躍してきた加藤は、2008年に惜しまれつつも現役引退。翌年はチームに残り、若手育成のためにコーチとして活躍した。現在は、な でしこジャパン及びなでしこリーグの解説者として、経験を元に冷静かつ軽快な語りで女子サッカー界の発展に貢献している。

主な講演テーマ

「サッカーに関するトークショー」
※MCとのトークショー形式になります。


★トークショーの内容は自身のキャリアを基に、「なでしこJAPAN」や「女子サッカー」などについてです。
学生などの教育機関にはオススメです。

 

ココがオススメ!

元サッカー女子日本代表・加藤與惠氏は、MF(ミッドフィールダー)のポジションでボランチとして活躍していました。派手なプレーこそみせないものの、圧倒的なスタミナでチームを牽引してきました。 1997年に代表デビューしており、現役生活は長く、「ミゴ」(以前の本名「五味」に由来)の愛称でも、多くのファンに親しまれていました。

1996年の第8回日本女子サッカーリーグから12回連続でリーグベストイレブンに選出されており、2001年の第13回、2002年の第14回日本女子サッカーリーグにはMVPに選ばれています。そして、2008年に引退し、2009年シーズンからは、日テレ・ベレーザのコーチに就任し、更新の指導に当たっています。
そんな加藤氏は、人生、夢の実現、経験、スポーツ、監督・コーチ、サッカーなどの内容に及び、サッカーに関するトークショー形式で、自分自身のキャリアに関することを中心に、なでしこJAPANや女子サッカーなどについて話をしてくれます。
女子スポーツのなかでも、いまや女子サッカーは屈指の人気を誇る競技であり、講演、トークショーを訪れた人は、加藤氏の分かりやすい解説により、男子サッカーにはない華麗な魅力に触れ、たちまちファンになってしまうこと請け合いです。

主な経歴

【コーチ歴】

2009年(平成21年)日テレ・ベレーザ

 

【所属チーム歴】

1993年(平成5年)読売JSC女子ベレーザ
1994~1997年(平成6~9年)読売西友ベレーザ
1998年(平成10年)読売ベレーザ
1999年(平成11年)NTVベレーザ
2000~2008(平成12~20年)日テレ・ベレーザ

 

リーグ通算 246試合 22得点

 

 

【主な個人タイトル】

1990年(平成2年)~2006年(平成18年)
Lリーグベストイレブン受賞(11年連続)
1993年(平成5年)
Lリーグ敢闘賞受賞
2001年(平成13年)~2002年(平成14年)
LリーグMVP受賞(2年連続)

 

2005.6 Lリーグ200試合出場達成

主なメディア出演

フジテレビサッカー解説
スカパー解説 など多数の番組に出演。

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。