講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

ルー大柴
(るー おおしば)

タレント/俳優

東京都新宿区出身。1954年、新宿で印刷会社の御曹司として生まれる。
将来は若旦那となるはずが、高校卒業後放浪の旅に。ヨーロッパをヒッチハイクしながら、露天商などをする。帰国後、アルバイトをしながら役者を目指し、長い下積み生活を送る。

34歳で、バラエティタレントとしてブレイク。英語と日本語を混ぜた「ルー語」という独自の芸風を駆使する。その後、舞台を中心とした役者として活躍し、数多くの作品に出演。
2007年にNHKみんなのうたで歌った「MOTTAINAI」をキッカケに、マイ箸マイバッグの使用、富士山の樹海清掃や地域のゴミ拾い活動に参加するなど、環境活動にも積極的に取り組む。

現在は、各メディアでの俳優・タレント活動のほか、ノーベル平和賞を受賞した環境活動家、ワンガリ・マータイさんが提唱した「MOTTAINAIプロジェクト」に賛同し、「環境・もったいないトーク&ライブ」の講演を行うなど、活躍の場を広げている。また、茶道遠州流準師範の肩書を持ち、2010年7月より山野美容芸術短期大学客員教授に就任している。

主な講演テーマ

「もったいないトーク&ライブ」

「人生マウンテンあればバレーあり」

 

自身の体験を基に語る、人生への応援メッセージ!
現在までの講演実績は50回以上。対象は高校生から企業等幅広い。

※講演時間は60~70分です。

 

肩書き

タレント
俳優
山野美容芸術短期大学客員教授
遠州流茶道準師範

講演内容

流行語にもなった「トゥギャザーしようぜ!」をはじめ、英語と日本をないまぜにした「ルー語」を駆使して、一躍人気者になったルー大柴氏。

会話や慣用句の言葉を、誰でも知っている英単語に半ば強引に置き換える駄洒落にも似た言葉遊びに、「ルー語」の面白さの秘密があります。

トゥギャザーしようぜと並ぶ代表作・藪からスティック(棒)をはじめ、泣きっ面にビー(蜂)、ハ方ビューティー(美人)、後のフェスティバル(祭り)などは、耳に残るものばかりです。

そんなルー氏も、「ルー語」ブームが去り、一時仕事が減っていった時期もありました。しかし、マネジャーから、ブログを書くことを勧められたのです。

話の組み立てとパソコンの操作を一から覚え、ブログを書き始めたのですが、そこで「ルー語」を駆使し、若い世代に受け入れられ、2度目のブームを呼び起こしたのです。

俳優としては、様々な役を演じ分けることができる演技派なのですが、普段はオーバーアクションで、くどくてアクが強いキャラクターを作っているルー氏。どうも、このイメージが定着しているようですが、実像は誰もが認める気遣い人間とのこと。

講演のテーマは、自らの体験を基にした人生論。もちろん、フォーラム、トークショーでの開催もOKです。

生い立ちから、恋愛・結婚、家族、外国での経験、芸能界での体験談など、ルー氏独特の口調で、経験と志をストレートに聴かせてくれます。

出会いを大切にし、くじけずにチャレンジを続けていくという力強いメッセージを語るルー氏。多くの人に助けられ、自分を信じ、強い信念もって活動しているルー氏に、講演、フォーラム、トークショーに訪れた人は、必ずや惹きこまれることでしょう。

主なメディア出演

【TV】

NHK教育
科学大好き土よう塾
NHK
月刊岡山トラのアナ(ナレーション)
朝日放送
探偵ナイトスクープ(準レギュラー)
他、多数出演

 

【CM】

PFU SCAN SNAP
月桂冠
アットホーム
他、多数出演

 

【映画】

もうDEBUなんて言わせない!(1997年)
プロゴルファー織部金次郎5 愛しのロストボール(1998年東映)
祭りばやし~デコトラの鷲~(2003年10月)
花とアリス(2004年東宝)
いかレスラー(2004年7月)

 

【舞台】

「カンコンキンシアター1~19」
「Hey!Say!ルー・これからの男達」
「天国の本屋」
「向田邦子小劇 びっくり箱/重役読本」
「西遊記 GOCOO」
「おもろい幽霊」
「わだばゴッホになる 棟方志功物語」
「走れ!!スミス~RUN FOR YOUR WIFE~」
「ブルースな日々 あぁガス欠」
「CLIONEクリオネ」
「Hey!Say!ルー2005 歌ってスバらしい!」
「笑われたかった男~林家三平物語~」
「現代狂言」
「ハッピーファミリー」

 

【雑誌】

月刊アクアライフ「リバーとトゥギャザーキャッチキャッチキャッチ!」(エムピージェー)
週刊プレイボーイ(集英社)

 

【CD】

ルー大柴&仁井山「MOTTAINAI~もったいない~」(DOYO records)
※2007年4~5月NHKみんなのうた採用曲
パーティー野郎Aチーム(EMIミュージック)他

環境への取り組み

富士山樹海清掃 年2回程度

毎日新聞、伊藤忠商事主催「MOTTAINAIブログ」への原稿提供

環境トークショーイベント出演回数30回以上

2009/4/10  環境を題材にした小学生向け漫画「くるくるくるりんまなぶくん」を電気書院より発売

環境をテーマにした、お子さま向け電気紙芝居(パワーポイント使用)を完成

 

主な受賞歴

「GQメンオブザイヤー2007」受賞
「ゆうもあ大賞2007」受賞

 

主な著書

『男の落とし前――奇跡の大復活の真実』

日本語と、直訳した中学生英語を組み合わせた独特の「ルー語」で一世を風靡するものの、徐々に人気は下火となり、いつのまにかテレビから消えてしまった著者が、自身のブログで「ルー語」を展開。若者を中心にその面白さが注目され、再ブレイクするまでのストーリーを綴っています。
エキセントリックなキャラクターで人気を集めていますが、自身の素顔は常識人であり、非常にスマートで、繊細で裏表のない人柄の持ち主で、その魅力が再ブレイクの原動力となったことを知らされる一冊です。

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。