講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

残間里江子
(ざんまりえこ)

プロデューサー

1950年仙台市生まれ。
アナウンサー、編集者を経て、’80年に企画制作会社「(株)キャンディッド・コミュニケーションズ」を設立。
出版、映像、文化イベント等を多数企画・開催する。
’07年にユニバーサル技能五輪国際大会の総合プロデューサーを務める。
’09年には、日本に新しい大人をつくる会員制ネットワーク「クラブ・ウィルビー」を設立。

主な講演テーマ

◆大人世代関連
「大人世代の新・ライフスタイルと消費感覚」
「大人から幸せになろう」
「人と出会うと明日が変わる」
「自分らしい生き方」
「団塊世代の経済力と行動力」
「挑戦する「大人」が日本を変える!!」

 

◆介護関連
「親を介護するということ」
「介護は人に語ることで前向きになれる」
「介護が教えてくれること」
「介護で知ったあれこれ」
「働きながら在宅介護」
「介護は母からもらう最後の贈り物」

ココがオススメ!

残間里江子氏は、出版・映像・文化イベントなど様々な催しを企画・立案・制作するプロデューサーとして知られています。 静岡放送アナウンス課を経て、『女性自身』編集部勤務。歌手・山口百恵氏の自叙伝『蒼い時』の出版プロデューサー、創刊号に田中角栄元首相の単独インタビューを掲載した雑誌『FREE』の編集長を歴任します。 2009年には、日本に新しい大人をつくる会員制ネットワーク「クラブ・ウィルビー」を設立。さらに、企業コミュニケーション戦略やPR戦略(広告制作を含む)の策定も数多く手掛けています。 そんな残間氏の講演は、人生、家族、シニアライフ、介護、ビジネス、コミュニケーションなどの内容に及び、「団塊世代の経済力と行動力」「挑戦する「大人」が日本を変える!!」「介護は人に語ることで前向きになれる」などのテーマを話してくれます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK。 講演では、団塊の世代を対象としたこれからの生き方や、自身に迫る介護の問題などを幅広く話してくれます。特に、シニアの生き方として、まず大人であることを自覚することからはじめ、50歳以上の人生における具体的な生き方のポイントを示してくれます。 講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、中期的に達成できる目標を持ち、得意なことに携わって、何らかの形で社会にかかわることの重要性を知るのです。

主な経歴

1950年仙台市生まれ。アナウンサー、編集者を経て、’80年に企画制作会社「(株)キャンディッド・コミュニケーションズ」を設立。
出版、映像、文化イベント等を多数企画・開催する。’07年にユニバーサル技能五輪国際大会の総合プロデューサーを務める。’09年には、日本に新しい大人をつくる会員制ネットワーク「クラブ・ウィルビー」を設立。

 

【WORKS】

 

プロデュース
「大人から幸せになろう」(自主企画イベント)
「都市基盤整備公団東雲キャナルコートCODAN」

 

プロジェクト
「琉球歴史回廊」プロジェクト
「東海道四〇〇年祭」(総合プロデューサー)
「月刊Free」(女性雑誌/編集長)
「蒼い時」(単行本 山口百恵著)  他

 

委員会等
厚生労働省
「2007年ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサー
内閣官房「都市再生戦略チーム」
国土交通省「地域づくり表彰審査会」
内閣府「男女共同参画推進連携会議」 他

 

【主な著書】
『人と会うと明日が変わる』(イーストプレス)
『引退モードの再生学』(新潮社)
『モグラ女の逆襲~知られざる団塊女の本音~』(日本経済新聞出版社)
『それでいいのか 蕎麦打ち男』(新潮社)
『雨天決行』(文化出版局)
『男解体新書』(講談社)
『女の仕事』(文化出版局)
『元気のヒミツ 戦略を持たない女は生き残れない』(PHP出版社)
『はじめて就職するあなたへ』(PHP研究所)
『なんでもかんでも腹が立つ』(角川春樹事務所) 他

講演料金目安

料金非公開講師になりますので別途お問合せ下さい。

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。