講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

湯川れい子
(ゆかわれいこ)

音楽評論家/作詞家/翻訳家

昭和35年、ジャズ専門誌「スウィング・ジャーナル」へ投稿。その才能が認められ同年、ジャズ評論家としてデビュー。ラジオのDJ・ポップス評論、解説を手掛けるほか、講演会、テレビでの審査員、コメンテーターとしても活躍中。多数のレギュラー頁を持ち、作詞のヒットメーカーでもある。
既成の概念にとらわれない自由でおおらかな彼女の人間性といつまでも若々しいセンスが光っている作風が好評。また、真の優しさと夢を持ちつづけ、ディズニー映画日本語吹き替え版日本語詞も手掛けている。著書「幸福へのパラダイム」(海竜社)は、現在で15版目に入るベストセラーとなり、第10回日本文芸大賞ノンフィクション賞を得ている。
音楽を愛し、人を愛し、家族を愛し、好きなことに素直に情熱を傾けるそのさまは、最も自然体で、現在活躍する女性の先駆者的存在として高い支持を得ている。近年は、ボランティア運動に多くの時間を割き、環境問題を考えグローバルに行動する自身の「レインボウ・ネットワーク」を組織。永久会員には、シャーリー・マクレーン、 オノ・ヨーコ、オリビア・ニュートン・ジョンなどがいる。

主な講演テーマ

「音楽と人生」
「幸福論」
「地球環境」

主なメディア出演

【主な文化活動】
日本音楽著作権協会(JASRAC) 評議員・理事/日本作詞家協会 評議員・理事/地球の友ジャパン 理事/地球環境女性連絡会(G.E.N.K.I) 常任委員/環境省中央環境審議会委員/環境事業団 地球環境基金NGO推進委員会委員/(財)国民休暇村 評議員/(財)水と緑の惑星保全機構 評議員/(財)化学物質評価研究機構 評議員/東京・大阪・福岡スクール・オブ・ミュージック専門学校 名誉校長

 

【主な番組出演】
NHKラジオ 「ミュージック・ボックス」
日本テレビ 「THE ワイド」

 

【主な作詞】
「ランナウェイ」 「六本木心中」 「恋におちて」ほか

 

【主な翻訳】
映画 「美女と野獣」 「アラジン」 「ポカホンタス」「ターザン」

 

【執筆誌】
『スポーツ報知』(報知新聞)
『婦人公論』(中央公論社)
『月刊ELVIS』(Elvis Presley Fan Club)

主な著書

『幸福へのパラダイム』第10回日本文芸大賞ノンフィクション賞
『幸福への共時性』
『幸福への旅立ち』
『オーロラ・光ふる夜』
『エルヴィス・プレスリー アルバム随想』
『音楽力』
『湯川れい子のスピリチュアル生活 七曜日の恵み』
『熱狂の仕掛け人―ビートルズから浜崎あゆみまで、音楽業界を創ったスーパースター列伝』
『湯川れい子のロック50年―見た!聞いた!会った!世界のスーパースター達』

他、多数

講演料金目安

料金非公開講師になりますので別途お問合せ下さい。

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。