講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

吉田潤喜
(よしだじゅんき)

1969年に単身渡米。自家製秘伝のタレをベースにしたヨシダソースを生産販売し、アメリカンドリームの体現者となる。 米国の中小企業局(SBA)が50周年記念のGolden Anniversaryに選んだ全米24社の中に、FedExやインテル、AOL、ヒューレットパッカードなど並んで「殿堂入り」を果たす。
2005年にNewsweek誌(日本版)「世界で最も尊敬される日本人100」に選ばれ、2010年7月には日本とアメリカ合衆国との相互理解の促進に貢献したとし「外務大臣賞」を受賞。

ヨシダグループ会長兼CEO

主な講演テーマ

「人生も商売も、出る杭打たれてなんぼやで」
「100%のパッション~金儲けより人儲け~」

人は挑戦し続ける限り、敗北者にはならない。
500を手にアメリカに単身渡米。帰りの航空券を売り「成功するまては帰らない!」と決意したものの、成功は簡単には手に入らす、波乱万丈の生活を「人の助け」「社会の助け」によりなんとか生き抜いてきた。
その後、ヨシタソースの原点となる『元祖ヨシタソース』を誕生させ、ヨシダグループを設立したが、倒産の危機が4度も襲った。 挑戦し続ける限り、その懸命な姿を見ている人は必す助けてくれる。
しかし、その助けてくれた人たちには必す恩返しをしなけれはならない。
挑戦し続けることの大切さと人と人の繋かりの大切さについて、実体験・経験をもとに人生哲学をお話します。

肩書き

ヨシダグループ会長兼CEO
オレゴン州州知事国際経済顧問
オレゴン経済開発委員会理事
プロビデンス病院財団理事、子どもガン協会理事

主な経歴

1949年 12月7日、7人兄弟の末っ子として京都市に生まれる。
1969年 大学受験に失敗し、渡米。
1976年 ワシントン州警察逮捕術主席師範を任される。
1982年 オレゴン州警察学校に移籍。不況で空手道場の生徒も3分の1に落ち込み、生活が困窮。生徒から贈られるクリスマスプレゼントのお返しが出来ず、苦肉の策で作った焼肉のたれが予想に反して大人気。ヨシダフードを設立、醤油ベースのソースを製造販売開始。翌年当時2店舗しかなかったコストコと提携し、販売額を急激に伸ばす。
自らユニークな格好をし、店頭実演販売・CM出演を行い、会社を拡大。
2001年 米政府より、優秀中小企業家賞を受賞。
2003年 中小企業局(SBA)の「殿堂」入り。
2010年 平成22年度外務大臣表彰。
2011年 アメリカ赤十字から、フィランソロピスト(慈善家) オブ ザ イヤーを受賞。
2012年 オレゴン日米協会から世界の市民賞を受賞。
2014年 長年に渡ってシングルマザーの生徒、苦学生に対し奨学金寄付を続けていたが、9月17日に地元マウントフットコミュニティーカレッジに、貧しい生徒が勉強を続け、将来の夢に向かって進学できるよう1億円を個人(吉田ファミリー)で寄付する。

 

 

現在、年商200億を超える吉田グループはヨシダソースをはじめ、各ブランドソーダ委託ボトリング、リゾート、ショッピングセンター、アパート開発、不動産、レストラン事業などで構成している。

 

 

【著書】
『人生も商売も、出る杭打たれてなんぼやで。』(幻冬舎)
『「人儲け」できない人生ほどつまらないものはない!』(こう書房)
『無一文から億万長者となりアメリカンドリームをかなえたヨシダソース創業者ビジネス7つの法則』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

 

【DVD】
「BIG interviews アメリカンドリームをつかんだ男の“非常識な成功法則”」(アヴァンティ)

講演料金目安

料金非公開講師になりますので別途お問合せ下さい。

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。