講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

和田憲一郎
(わだけんいちろう)

株式会社 日本電動化研究所 代表取締役

1989年に三菱自動車に入社後、主に内装設計を担当。開発車種はギャラン、FTO,米国生産のエクリプスなど。2005年に新世代電気自動車の開発責任者に任命され「i-MiEV(アイ・ミーブ)」の開発に着手。開発プロジェクトが正式発足と同時に、MiEV商品開発プロジェクトのプロジェクト・マネージャーに就任。2009年にi-MiEV発売後、本社にてEV充電インフラビジネスを牽引。2013年3月退社。その後、株式会社 日本電動化研究所を設立し、現職。e-mobility開発にて培った経験・知見をベースに、モビリティー・エネルギー、そして家&街づくりを繋ぐビジネスの「水先案内人」として各種アドバイザリー業務を行っている。クライアントには、自動車メーカー、自動車部品メーカー、機械メーカー、住宅メーカー、ITメーカーなどがある。一般社団法人 自動車100年塾の代表理事も務める。

主な講演テーマ

「自動車産業大変革 ~100年に一度の変革がもたらすもの~」
自動車が誕生して140年余り。近年は、ガソリン車、ディーゼル車に加え、電気自動車やプラグインハイブリッド車などの新エネルギー車が、中国、欧州などを中心に急拡大しています。またカーシェアリング、ライドシェアサービスなどのシェアリングエコノミーが拡大し、モビリティのサービス化が進もうとしています。これらは我々のビジネスに大きな影響を及ぼします。それでは、自動車産業に携わる方々はどのような対応が求められるのでしょうか。筆者の考えをご紹介致します。

 

「自動車産業激変の年 ~部品メーカーの生き残り策は~」
自動車が誕生して140年余り。これまで順調に成長してきた自動車産業が2018年より変調をきたしています。米国・中国では販売が低迷する中、電気自動車、プラグインハイブリッド車は伸展しています。さらに「所有から利用へ」というように、ライドシェア、モビリティのサービス化(MaaS)が拡大しています。このように激変する自動車産業に於いて、部品メーカーはどのような生き残り策を考えれば良いのでしょうか。筆者の考えをご紹介致します。

 

「世界の新エネルギー車の動向と自動車のサービス化」
世界で、電気自動車やプラグインハイブリッド車などの新エネルギー車が、中国、欧州などを中心に急拡大しています。一方で、購入から活用へと、クルマの使い方が変わってきています。まさにモビリティのサービス化です。これらの動きは自動車産業に携わる方々にどのような影響を及ぼすのでしょうか。筆者の考えをご紹介致します。

主な講演実績

日本証券アナリスト協会、新社会システム総合研究所、自動車メーカー、自動車部品メーカー、電気・電子メーカー、住宅メーカー、証券会社など、その他多数。

主なメディア出演

アイティメディア「和田憲一郎の電動化新時代!」
新聞:サンケイビジネスアイ、Web:SankenBiz「マネジメント新時代!」など

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。