講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

大儀見浩介
(おおぎみ こうすけ)

メンタルトレーニングコーチ

サッカー選手として、東海大一中(現・東海大学付属翔洋高等学校中等部)時代に全国優勝を経験。高校ではサッカー部主将として鈴木啓太(浦和レッズ/元日本代表)とプレーした。東海大学体育学部・高妻容一研究室にて応用スポーツ心理学(メンタルトレーニング)を学び、現在はスポーツだけでなく、教育メンタルトレーニング、受験対策、ビジネスメンタルなど、様々な分野でメンタルトレーニングを指導している。静岡市教育委員会スポーツ振興審議会委員。東海大学付属翔洋高等学校中等部非常勤講師、ヒューマンアカデミー・スポーツ心理学担当講師、帝京平成大学非常勤講師。静岡県メンタルトレーニング応用スポーツ心理学研究会責任者。テレビ・新聞・雑誌出演多数。著書に「C・ロナウドはなぜ5歩さがるのか~サッカー世界一わかりやすいメンタルトレーニング」「ヤングアスリートのための36のメンタルトレーニング」「心理戦術が日本サッカーを進化させる」「勝つ人のメンタル ~トップアスリートに学ぶ心を鍛える法」がある。2011年6月、女子プロサッカー選手の永里優季(現・大儀見優季)と結婚を発表。

主な講演テーマ

【ビジネス

「生産性を高める『目標設定』」

オリンピック選手も実践している「目標設定法」を使い、「最適な目標の立て方」についてお話しします。「やる気を出せ!と言われているけど、やる気ってなんだろう」など、“やる気(モチベーション)”の実態についても解説。一般的な根性論ではなく、心理学をはじめ学術的に裏付けのあるものなので、目からウロコの話が満載です。ビジネスだけでなく「人生の目標」にも目を向け、実りある人生を歩む考え方のヒントをお教えします。

 

「本当の自分を知る『自己分析』」

オリンピック選手も実践する「心理テスト」を使い、心の状態を12の項目で分析します。「やる気」「心の安定・集中」「自信」「作戦能力」「協調性」等、現在の『心の状態』を知ることで目標を立てやすくし、やる気を高めていきます。心理テストをもとに個別カウンセリングも可能で、ビジネスパーソンに好評の内容です。

 

「チームビルディング」

ひとつの集団が目標を達成するために、もっとも大切なのは「チームワーク」です。グループとチームの違いを知り、パートナーワークやレクリエーションを通じて、「チームスピリット」を高めていきます。強い組織を作るために、一人ひとりが自立した個人となるための「全員リーダー主義」についての講話も好評です。スポーツ関係者にもおすすめの内容です。

 

【スポーツ】(アスリート向け)

「メンタルトレーニング『8つの心理的スキル』」

メンタルトレーニングの基本となる「8つの心理的スキル」(目標設定/リラクセーション&サイキングアップ/イメージトレーニング/集中力/プラス思考/セルフトーク/試合に対する心理的準備/コミュニケーション)を中心に、自分で自分の心をコントロールする方法、練習の質を向上する方法、本番(試合)で実力を発揮する方法についてお話しします。

 

【教育】(教員・生徒向け)

「教育メンタルトレーニング」

「試験に向けての心理的準備」を始め、人間関係の「ストレスマネジメント」や「集中力」など、セルフコントロールを中心にお話しします。生徒同士だけでなく、教員と生徒が目標を共有し、共に歩むためのメンタル面の考え方、思考法をご紹介します。

 

【教育】(指導者・保護者向け)

「子どもを伸ばすポジティブなコミュニケーション法」

子どもを応援したい気持ちはあるのに、どうもうまくいかない。クラブの監督やコーチ、他の保護者との関係がうまくいかない…。そんな悩みを持つ親御さんは多いもの。数多くのスポーツクラブ、指導者、保護者と関わってきた経験を活かし、チームに関わるすべての人が気持ちよく子どもたちをサポートできるコミュニケーション法をお話します。指導者や保護者に好評のテーマです。

ココがオススメ!

メンタルトレーニングコーチで株式会社メンタリスタ代表取締役を務める大儀見浩介氏は、サッカー選手として、東海大学第一中学時代に全国優勝を果たしています。

東海大学時代は、応用スポーツ心理学を学び、「メンタルトレーニング」理論を習得。目標設定、集中力アップ、コミュニケーション、チームビルディング等を指導する講演活動を、年間250本に渡って開講しています。

2011年には、サッカー日本女子代表「なでしこジャパン」のFWとして活躍している大儀見(旧姓・永里)優季選手と結婚します。当時、ドイツ・女子ブンデスリーガ1部所属のFF USVイェーナの練習に参加していた優季氏と、日本在住の浩介氏の遠距離生活のなかで毎日対話を重ねることで、優季選手は心・技・体のバランスが向上。2012年のロンドンオリンピックでは、3試合連続ゴールをマークし、日本サッカー史上初の銀メダル獲得の立役者をサポートしました。

そんな浩介氏に寄せられる講演依頼は、教育、夢・目標、スポーツ、ビジネス、ビジネス研修、チームワーク、人材育成などの内容に及び、「生産性を高める『目標設定』」「メンタルトレーニング『8つの心理的スキル』」「教育メンタルトレーニング」「子どもを伸ばすポジティブなコミュニケーション法」などのテーマを話してくれます。  講師派遣先は、企業、教育関連のクライアントさまが多く、講演依頼はフォーラム、セミナー、トークショーの形でもOK!特に、ビジネス研修を内容とした講演には、最も相応しい一人として講師派遣しています。

例えば、集中力をアップする際、精神論に終始して「集中しろ!」と一喝するのではなく、適度に緊張しながら自分たちのなすべきことに意識を向けさせることが有効であるとする浩介氏。スポーツの指導現場や、教員現場におけるメンタルトレーニング、子どもをしつける親、部下の指導にあたるビジネスパーソンなど幅広い世代にも分りやすく指導し、講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、その歯切れのよい語り口と爽やかな笑顔から、よりメンタルトレーニングを身近なものに感じるようになるのです。

主な講演実績

プルデンシャル生命保険、日立国際電気
ユーロプラスインターナショナル、スズケン、東京都職員共済組合
町田市教育委員会、市立船橋高校、横浜市立桜ヶ丘高校
静岡県立気賀高校、埼玉教育大学附属中学校
東京都市大学附属中学校、町田第一小学校、本町田小学校
湘南ベルマーレ、バルドラール浦安、バディサッカークラブ
JSC CHIBA、静岡県サッカー国体選抜

 

<メンタルトレーニング指導・心理的サポート>
東海大学付属翔洋高等学校サッカー部 中等部サッカー部、吹奏楽部
加藤学園暁秀高等学校サッカー部、藤枝学園藤枝明誠高校サッカー部
富士市立吉原商業高校サッカー部、東邦大学付属東邦高等学校サッカー部
鳥取県立境高等学校サッカー部、群馬県立渋川高等学校サッカー部
群馬県立青翠高等学校サッカー部、群馬県立太田女子高等学校サッカー部
神奈川県立平塚江南高等学校サッカー部、神奈川県立横浜東高等学校サッカー部
神奈川県伊勢原市立伊勢原中学校サッカー部、男子バスケットボール部
清水市立第八中学校サッカー部、山梨県甲府市立北西中学校サッカー部
加藤学園高等学校女子ソフトボール部、静岡県立富士宮北高等学校野球部
※その他、プロを含むクラブチーム等

 

<教育メンタルトレーニング講習会>
東海大学付属翔洋高等学校特別進学コース、東海大学付属翔洋高等学校中等部
静岡県島田市立第一中学校、静岡県静岡北高等学校体育コース
静岡県静岡市立美和中学校、静岡県静岡市立末広中学校
静岡県静岡市立由比中学校、静岡県清水町立南中学校
群馬県沼田市立沼田西中学校、埼玉県立川越女子高等学校
埼玉県立春日部東高等学校、愛知県刈谷市立依佐美中学校
愛知県刈谷市立朝日中学校、愛知県刈谷市立富士松中学校
大阪府立山田東中学校

など年間約250回の講演

主なメディア出演

【TV】
日本テレビ 「メレンゲの気持ち」 2012年8月4日
フジテレビ 「脳テレ あたまのトリセツ(取扱説明書)」2008年6月8日 脳とイメージトレーニングについて

 

【新聞】
産経新聞 「プラス思考 育てたい」 2006年12月5日
静岡新聞 「心のトレーニング 好評」 2007年3月2日
スポーツ報知 「子供たちもメントレ」 2007年5月6日
静岡新聞 「集中力高める訓練 教科指導に応用へ」 2007年5月21日
東海大学新聞 「学校全体に広がる 教育メンタルトレーニング」 2007年7月1日
読売新聞 「プラス思考で実力発揮 集中力を高めリラックス」 2008年2月5日
静岡新聞 「自己分析の手法伝達」 2009年2月27日 講師 大儀見浩介写真

 

【雑誌】
中学サッカー小僧 「チームをまとめて勝利へ導くリーダーシップ」
フォーブス日本版
プレジデントFamily  「プロセス思考のクセがつくメンタルトレーニング」
ジュニアサッカーを応援しよう
「新学期から始める、親子でチャレンジ!最高のサポート術教えます」
クーバーコーチングアカデミー会報誌

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。