講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

奥山晶子
(おくやまあきこ)

作家

日本でたったひとつの葬儀雑誌「葬」を自ら発刊、日本でたった一人の葬儀ライターとして活動。
2012年「葬式プランナーまどかのお弔いファイル」を文芸春秋より出版。様々な故人と喪主の背景を元に、主人公がホスピタリティあふれる葬儀のサポートをおりなすこの書籍は、一般的に捉えられる重々しく暗い「葬儀」という儀礼イメ―ジを刷新、葬儀に対する見方や捉え方、取り組み方をシンプルで新しい価値観を提供できる、他に類を見ない書籍と評判になる。

32歳という若さと葬儀ライターという、客観的に見る葬儀や死に対するフレッシュでシンプルな視点は、誰にも平等に訪れる死や終活といった「永遠の人生テーマ」を、非常に身近に、自分らしくシンプルに腹落ちさせる講演であり、あらゆる世代に新しい気づきや学びを伝えることができる。

出身・ゆかり

山形県

主な講演テーマ

「明日世界から消えるとしたら」

葬儀社員という仕事柄、いくつも立ち会ってきた突然のお別れ。
「明日世界から消えるとしても、後悔しないだろうか」
使い古された例え話かもしれませんが、この問いを現実のものとして何度も突きつけられてきました。
自問自答を繰り返した結果、私は葬儀社を辞めることになります。
そして憧れだった本の世界へ、裸一貫で飛び込んでいきました。最初は営業として、本屋さんなどに商品の紹介をするだけの仕事でしたが、チラシのデザインやHPづくりなど、やり手のいない仕事をどんどん引き受け経費は出ないだろうけれどやってみたいことがあったら自分の時間とお金で勝手に行うことで仕事のフィールドを拡げていきました。
今では書籍の企画立案から編集、営業までを1人で行うこともあり、著者としての執筆依頼もいただくようになって、本にまみれた生活をしています。
毎日のように耳元で鳴っている言葉が「明日世界から消えるとしても、後悔しないだろうか」
頼まれた仕事も、頼まれていない仕事も、自分の納得がいくまでやっています。
夢を持っている方、生き方につまずいている若い方に、様々な人の死を通して得た、私のこの気づきを元にしたメッセージを明日への活力にしてもらえれば、嬉しいです。

※金融機関、生保、公共団体様にもお薦めの講演です!

 

「ハッピー★ハッピー★エンディング!~人生最高のエンディングノートを作るために」

今手に入るものでも、ゆうに30冊は超えているといわれるエンディングノート。
でも実際に書き始めてみると……何から書けばよいか分からない、そんな人が多いようです。
「明日、自分が倒れたら、具体的にどんなことに困るのか」
「死後のことを引き受けてくれる人(喪主)は誰なのか」
以上の2つを明確にすることで、優先事項は自ずから見えてきます。
実際に倒れたときのシミュレーションを行ったり、参加者が本人と喪主の立場になって演劇形式で率直な意見を言い合ったりすることで「自分にとってより大事なこと」を発見し、自分だけのエンディングノートを作り上げましょう。

 

<ノート作りの主な4つのポイント>
1.介護や終末医療について~どのようにどうしてもらいたいか
2.お葬式やお墓について~お葬式の規模は予算はお墓の場所は継承者は
3.財産について~銀行口座や株券、不動産などの資産はどうするのクレジットカードの契約情報は
4.連絡簿と家系図について~誰に一番に連絡してほしいか弔辞を読んでもらいたい人は

※この講演では、ご自身のエンディングノートを実際に作成いただくことが可能なワーク型研修講演形式も可能です。

 

 

「葬儀社員から見た、人の死に方・生き方」

「死に方は生き方である」ということ。葬儀社員時代に何度も教えられました。
教えてくれたのは、他でもない亡くなった方々です。
裕福な家庭から余裕のない家庭まで、人が亡くなるという一点においてはそんな人でも皆平等。
でも、弔問に誰がどのように訪れるかは人それぞれです。
さまざまな葬儀を通して学んだことを、皆様にお伝えします。

肩書き

リーフラス株式会社 パートナー講師
作家
「フリースタイルなお別れざっし『葬」」編集長

ココがオススメ!

作家で「フリースタイルなお別れざっし『葬』」(以下『葬』)編集長の奥山晶子氏は、日本で唯一の「葬儀ライター」として、セレモニーであるお葬式をはじめ、人生の終末に関する様々な情報を提供しています。 大学卒業後、地元の互助会において葬儀業務に携わった経験を生かして、喪主側の立場に立った『葬』を発行していますが、一般には、葬儀社に対して不信や不満がある人も多く、明細が不透明な葬儀費用の問題をはじめ、遺族の心労や、故人との最後のお別れに接しての段取りなどに見られる問題を明らかにし、個々に相応しい葬儀のあり方を提案しています。
そんな奥山氏の講演は、人生、家族、シニアライフ、暮らし、マナー(冠婚葬祭)などの内容に及び、「明日世界から消えるとしたら」「ハッピー★ハッピー★エンディング!~人生最高のエンディングノートを作るために」などのテーマを話してくれます。
また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!
葬儀のあり方を啓蒙し続けてきたことで、お葬式そのものに興味を持つ人は増え、健康な時に様々な準備をしておいたほうが良いという考え方が定着しつつあるという奥山氏。講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、誰もが迎える人生の終末をいかに捉えるかで、自分だけでなく遺族が幸せになれることに気付くのです。

主な経歴

1980年、山形生まれ。新潟大学人文学部卒業。主に哲学を学ぶ。
大学時代4年間通して本屋でアルバイトをするほど本が好きで、出版社への就職を試みるも採用されず、互助会へ入社。
配属先がご葬儀部門、営業に始まり、その後搬送から司会業まで年間約50回のご葬儀をプロデュースする責任者へ。
約2年間の勤務の中で、同年齢の女性の突然の死や子供の死などに触れた経験から「人生、やりたいことをやらないと後悔が残る」と決心、互助会を退職。
大学時代憧れだった書籍に関わる仕事を模索し、書籍営業代行会社や脚本家などを経て現在の出版社に就職。

休刊になる雑誌との出逢いをきっかけに、「自分で雑誌を作ろう」と日本でたったひとつの葬儀雑誌「葬」を自ら発刊、日本でたった一人の葬儀ライターとして活動。
また、互助会時代に得た自らの経験を元に2012年「葬式プランナーまどかのお弔いファイル」を文芸春秋より出版。
様々な故人と喪主の背景を元に、主人公がホスピタリティあふれる葬儀のサポートをおりなすこの書籍は、一般的に捉えられる重々しく暗い「葬儀」という儀礼イメ―ジを刷新、葬儀に対する見方や捉え方、取り組み方をシンプルで新しい価値観を提供できる、他に類を見ない書籍と評判になる。
32歳という若さと葬儀ライターという、客観的に見る葬儀や死に対するフレッシュでシンプルな視点は、
誰にも平等に訪れる死や終活といった「永遠の人生テーマ」を、非常に身近に、自分らしくシンプルに腹落ちさせる講演であり、あらゆる世代に新しい気づきや学びを伝えることができる。

 

【経歴】

1980年 山形県生まれ

2003年 新潟大学人文学部行動科学課程 卒業 冠婚葬祭互助会に入社し葬祭業に従事

2005年 退職  書籍営業代行会社に入社

2006年 退職

2007年 演劇公演「夏もサイレンナイ」(ドリームワークスエンターテイメント)脚本家として参加

2008年 (株)アストラ入社(出版社) ミニコミ『フリースタイルなお別れざっし 葬』発刊

2012年 『葬式プランナーまどかのお弔いファイル』(文藝春秋刊)を上梓

2013年 9月、終活をモチーフにした新しい新書を出版予定

 

主な講演実績

「葬式NOW」(2012年、京都「散骨を考える会」)
「葬儀のこれから」(2012年、千葉「勝浦ロータリークラブ」)
「あなたの知らないお葬式のすべて~ボッタクリの秘密から納得のエコ葬儀プランまで」(奥山晶子x杉江松恋)

 

主な著書

『葬式プランナーまどかのお弔いファイル』(文藝春秋刊)
フリースタイルなお別れ雑誌「葬」発刊
2013年新刊「『終活』バイブル親子で考える葬儀と墓」(中公新書ラクレ)

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。