講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

大畑大介
(おおはただいすけ)

ラグビー日本代表のエースとしてワールドカップに出場し、世界にその決定力を印象づける。海外挑戦も果たし、日本ラグビーの顔として、世界との厚い壁に挑む代表チームを牽引した。2006年5月には、代表試合トライ数世界新記録を樹立。
現在、ラジオ番組のパーソナリティやスポーツバラエティ番組の出演などでは、持ち前の明るいキャラクターを発揮。
講演では、ラグビーを通して学んだ、「組織論」「社会論」「セルフマネジメント」「自己実現方法」「壁の乗り越え方」を語る。

ラグビー元日本代表

主な講演テーマ

「為せば成る」
「『根拠のない自信』を信じろ!~根拠はおのずとついてくる~」
「ラグビーは社会の縮図だ!」
「迷ったら、しんどい道を進め!」

 

ココがオススメ!

ラグビーを通じて学んだ「セルフマネジメント」「自己実現方法」など、『続けることが自信になり形になること』『今を一生懸命生きることの大切さ』『いかに強い思いをもって挑むか』など、勇気の出るメッセージが満載の講演です。
教育委員会、学校式典、企業研修などの講演会に「大畑大介」による講演、フォーラム、セミナー、トークショーをスピーカーズがサポートします。

主な経歴

1975年 大阪府出身。
小学校3年からラグビーを始め、東海大仰星高時代には高校日本代表に選出される。京都産業大でも学生日本代表として活躍。
1999年に神戸製鋼入社。その間、日本代表としてもワールドカップに出場するなど日本のトライゲッター、エースとして活躍し、世界にその決定力を印象づけた。
2001年には世界への飛翔を見据えて、オーストラリアのノーザンサバーブ・クラブでプレー。
2003年にはフランス・モンフェランに入団を果たす。
2003~2004年シーズンからはラグビートップリーグの神戸製鋼コベルコスティーラーズにプロ選手として所属。日本代表キャプテン。
日本ラグビーの顔であり、世界との厚い壁に挑む日本代表の牽引車。
2006年5月には、代表試合トライ数世界新記録を樹立。
2009~2010年は神戸製鋼コベルコスティーラーズキャプテンに就任。
トップリーグキャプテン会議代表。
2011年、引退。

現在、ラジオ番組のパーソナリティやスポーツバラエティ番組の出演などでは、持ち前の明るいキャラクターを発揮。
2011年度「ベストファーザー in 関西」を受賞し、
「イクメンパパ」としても有名。
自らの進むべき将来を見据えて海外に活躍の場を求めるなど、その生き方が20代、30代の同世代の共感を呼んでいる。

講演では、ラグビーを通して学んだ、「組織論」「社会論」「セルフマネジメント」「自己実現方法」「壁の乗り越え方」を語ります。

講演内容

ラグビー元日本代表で神戸製鋼コベルコスティーラーズアンバサダーの大畑大介氏。

1996年アジア選手権に日本代表に選出され全試合に出場。1997年には京都産業大学ラグビー部の主将として関西大学ラグビーリーグ戦を制し、大学選手権2回戦にて早稲田大学相手に69-18と歴史的大勝を果たします。

ワールドカップでは、1999年と2003年の2大会で日本代表の全試合にフル出場し計3トライを記録。2006年アジア選手権(兼ワールドカップアジア最終予選)では主将を務めるなど、現役時代の活躍は華々しいばかりです。

テレビ・ラジオ番組にもたびたび出演し、その明るいキャラクターは人気を博し、地元・関西では、現役時代からラジオパーソナリティやスポーツキャスターを務めていました。

しかし、2011年に現役を引退。その後は、ラグビーの普及やラグビーを通じた人材育成に携わり、2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップを成功させるための活動を展開中です。

そんな大畑氏の講演は、ビジネス研修、人生、教育、スポーツなどの内容に及びます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!

現役時代の戦跡から、日本ラグビー界の象徴といっても過言でなく、10年以上もラグビー日本代表のエースを務めていますが、数回の怪我とリハビリ、海外移籍の不調と国内復帰など、苦難と挫折を乗り越えてきた経緯もあり、決して平坦な道を歩んできたわけではありません。

講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、そんな大畑氏の栄光と挫折の半生を振り返りつつ、努力がもたらす夢の実現などから、大きな励みを得ることができるのです。

主なメディア出演

【TV】
NHK-BS1「スポーツドミンゴ」 キャスター
フジテレビ「Mr.サンデー」 コメンテーター
毎日放送「ちちんぷいぷい」 月曜レギュラー

 

【著書】
『信じる力』(ベストセラーズ)
競技を始めてから27年。
両アキレス腱、両肩、膝蓋腱の大怪我でも己を支えた「根拠のない自信」の正体とは。
日本ラグビーを背負った男の「強く生きる」ための法則。
新しい一歩を踏み出す人に最適の一冊です。

『不屈の「心体」―なぜ闘い続けるのか』(文春新書)
『トライ』(PHP研究所)

 

【DVD】
「不屈の魂 大畑大介 最後まで闘い続けたラグビー人生」

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。