講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

小口良平
(おぐちりょうへい)

自転車冒険家

1980年6月21長野県岡谷市生まれ。東洋大学法学部卒業。
大学在学中、宅地建物取扱い主任者および ファイナンシャルアドバイザー資格を取得。
卒業後、東京の建設会社に入社。約3年4カ月勤務とアルバイト期間1年半をかけて資金約1000万円を蓄える。大学進学のための奨学金返済後、残りを旅の資金として、2007年より本格的な旅を始める。

2007年3月9日から約1年をかけて日本一周し、2009年3月9日から世界一周の旅に出発する。
2016年10月9日に故郷の長野県岡谷市にて最終ゴールを迎えた。
日本を含み約8年半をかけて、157カ国155,502キロを走破した。(日本1位、世界3位)

旅を経て感じたことは「人間は一人では何一つできない、ここまで来れたのは支えてくれた人がいたから」。旅で得た教訓「夢の持つ力は発することから始まる」ことを多くの人に伝えたいと講演活動を開始。モットーは世界はもっと自由に、幸せになれる。魔法の3つの言葉『こんにちは・ありがとう・うまい!』を合言葉にする。

主な講演テーマ

「地球一蹴、ちゃりんこ世界一周 ~サイクリスト小口良平 旅の冒険記~」
みなさんはたったひとりで自転車に乗り世界へ飛び立つなんて、夢でしかないと思っていませんか。「レールに乗らない生き方や世界中の人を見てみたい」と一念発起し、自転車で世界一周の旅へ。世界157ヵ国、距離約16万、およそ8年半にわたる日本人最長記録自転車世界一周旅でした。講演では、この旅で培った「夢を追いかけることの大切さ」「夢を持つ力」「旅の冒険」「世界共通のコミュニケーション力」をお伝えします!

 

 

主な経歴

1980年6月21長野県岡谷市生まれ。東洋大学法学部卒業。大学在学中、宅地建物取扱い主任者および ファイナンシャルアドバイザー資格を取得。卒業後、東京の建設会社に入社。約3年4カ月勤務とアルバイト期間1年半をかけて資金約1000万円を蓄える。大学進学のための奨学金返済後、残りを旅の資金として、2007年より本格的な旅を始める。2007年3月9日から約1年をかけて日本一周し、2009年3月9日から世界一周の旅に出発する。2016年10月9日に故郷の長野県岡谷市にて最終ゴールを迎えた。日本を含み約8年半をかけて、157カ国155,502キロを走破した。(日本1位、世界3位)

旅を経て感じたことは「人間は一人では何一つできない、ここまで来れたのは支えてくれた人がいたから」。旅で得た教訓「夢の持つ力は発することから始まる」ことを多くの人に伝えたいと講演活動を開始。モットーは世界はもっと自由に、幸せになれる。魔法の3つの言葉『こんにちは・ありがとう・うまい!』を合言葉にする。

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。