講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

森田正光
(もりたまさみつ)

気象予報士/株式会社ウェザーマップ 取締役会長

1950年名古屋市生まれ。
財団法人日本気象協会を経て、1992年初のフリーお天気キャスターとなる。
同年、民間の気象会社 株式会社ウェザーマップを設立。

 

親しみやすいキャラクターと個性的な気象解説で人気を集め、テレビやラジオ出演のほか全国で講演活動も行っている。
2005年財団法人日本生態系協会理事に就任し、2010年からは環境省が結成した生物多様性に関する広報組織「地球いきもの応援団」のメンバーとして活動。
環境問題や異常気象についての分析にも定評がある。

登録テーマ・ジャンル

出身・ゆかり

愛知県

主な講演テーマ

「テレビで言えない天気の話」
“テレビやラジオではあまりにも時間が短く、伝えきれない話が多いものです。
そんな天気予報の裏話に精通した立場から、おもしろおかしく、そしてためになるお話を披露します。 “

 

「異常気象と環境問題~どうなる地球温暖化~」
環境問題や地球温暖化がクローズアップされている現在、それが引き起こす様々な異常気象がどれくらいの規模で、どのようなメカニズムで起こるのかをわかりやすく解説し、私たちは今何を行えばいいのかを提言します。

 

「お天気のヒミツ、全部教えます!」
“絵や写真を多く使って、気象予報士の仕事、天気のしくみなどをわかりやすくお話しします。
お子様はもちろん、幅広い層の方にわかりやすい内容です。 ”

 

「気象災害にどう備えるか」  など

講演内容

気象予報士の草分け的存在である森田正光氏は、天気をわかりやすく伝えるプロという姿勢から、自らを「お天気キャスター」として、その親しみやすいキャラクターで全国的に知られています。
ソフトでユーモア溢れる個性的な語り口で人気を集める一方、ユニークな造語の作者としても有名。洗濯物が乾きやすさを数値化した「洗濯指数」、台風の遠心力により南海の暖湿気流が遠方の山地にぶつかって降る大雨をハンマー投げに見立てた「ハンマー投げ効果」、俳優の故・石原裕次郎氏の命日である7月17日に雨天が多いためその日に降る雨を「裕次郎雨」とするなど、森田氏ならではの命名センスが際立っています。

 

そんな森田氏の講演は、環境、自然を主な内容とし「テレビで言えない天気の話」「異常気象と環境問題どうなる地球温暖化」などのテーマを話してくれます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!

 

気象予報士として活躍する一方、2005年には日本生態系協会理事に就任。
2010年からは生物多様性に関する広報組織「地球いきもの応援団」のメンバーとして活動を開始している森田氏は、異常気象だけでなく、生物と環境に関する問題等の講演、フォーラム、セミナー、トークショーも開催。
会場を訪れた人に大きな気付きを与えてくれます。

主な講演実績

にいがた森のフォーラム2017
高幡不動尊「正五九例祭」
福岡県久留米市環境啓発講演会
広島県庄原市「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクトシンポジウム
寄居町教育委員会合同開講式・文化講演会
第17回千葉市障害者福祉大会
那須塩原市地球温暖化防止講演会
岐阜県美濃加茂市「e-kamonまるごと環境フェア2015など実績多数。

 

主な著書

『お天気キャスター森田さんのおもしろ天気予報』(2004年、ポプラ社)
『大手町は、なぜ金曜に雨が降るのか』(2009年、梧桐書院)
『ゼロから理解する気象と天気のしくみ』(2012年、誠文堂新光社)
『空と天気のふしぎ109』(2013年、偕成社)
『天気の名前 ビジュアル気象歳時記』(2013年、世界文化社)
『「役に立たない」と思う本こそ買え』(2014年、dZERO)
『竜巻のふしぎ』(2014年、共立出版)ほか多数

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。