講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

毛利公一
(もうりこういち)

社会福祉法人ラーフ理事長/全国脊髄損傷者連合杯香川県支部支部長/香川県ソーシャルワーカー協会理事

早稲田大学在学時アメリカ留学中、海の事故で頸髄を損傷。医師からは今後自力での呼吸は不可、一生寝たきりを宣告されるが、決死のリハビリで退院。早稲田大学を卒業後、2008年3月、26歳で NPO 法人ラーフを設立し、2011年までに3つの拠点を設立する。2015年には全国でも例の少ないNPO 法人から社会福祉法人化を実現。そして平成30年度新施設をオープンし、障がい者・高齢者の介護事業及び就労支援等、地域生活で必要なサービスを更に強化した。また、青年版国民栄誉賞と呼ばれる日本人間力大賞を2014年に受賞している。著書『夢を考える挑壁思考』は第3版を数え、青年や経営者、障がい当事者に勇気を与えている。この間、各地で講演活動を行い、平成30年12月末現在280回を超えた。

主な講演テーマ

「夢を叶える挑壁思考」
(対象者:新入社員)
呼吸すらでき無かった身体から再起を果たした「首から上だけが動く経営者」。自分ひとりで出来ることが限られる中、どの様に夢や目標を叶えて来たか。様々な困難や壁に挑戦し、それを乗り越えて生活・会社経営・海外進出を果たしていく生き方から、前向きに生きることの大切さと、夢を叶えていく為のキーワードをお話します。(本人談)

 

「よく生きる」
(対象者:大学生対象)
小学生から大学生、企業の社員研修会等、様々な世代の方々にお話させて頂いたテーマです。講演活動開始から口コミだけで県内外まで広がっていたこの活動で、前向きに生きて挑戦できる人達を育てたいと思います。一度見たら忘れられない姿と、底知れぬ前向きさ、そしてリアルな体験が好評を呼んでいます。(本人談)

 

「共生社会実現の為に 〜挑壁者の視線で考えること〜」
(対象者:地域住民)
欧米諸国に20年〜30年遅れをとっていると考えられる地域共生社会。そもそも共生社会とは?近年福祉業界では合言葉のように叫ばれています。ただ、それを実現するためには何が必要なのでしょうか?アメリカ、ヨーロッパを旅することで、そこで感じた大きな差。そして、私が社会福祉士かつ障がい者当事者として感じ、体験したリアルをお話します。(本人談)

主な講演実績

ツネイシホールディングス株式会社、早稲田アスリートプログラム、奈良経済産業協会、聖カタリナ大学、ほか多数。

主なメディア情報

NHK きらっといきる(2009年5月29日放送)
OHK OHK スーパーニュース(2011年3月4日放送)
RNC RNC news every.(2011年7月5日放送)

主な著書

「夢を叶える挑壁思考」
私自身の体験に基づいた実話です。ある日突然、一生寝たきり一生呼吸機を医者に宣言され、それでも様々な困難や壁に立ち向かって来た10年間。明るく福祉の世界を描き、強く前向きな生き方を書きました。もし障がいがあっても前向きに生きて欲しい。障がいがある方のご家族も諦めずに挑戦して欲しい。特別支援学校の生徒さんには、社会で活躍して欲しい。そんな願いも込めています。(本人談)

その他

趣味特技 棒高跳びの審判、笑うこと、旅行、映画鑑賞、スポーツ観戦、パソコン
尊敬する人物 スティーブ・ジョブズ  セルゲイ・ブブカ 詫間茂(高校時の恩師)
注目の人 吉藤健太朗 堀義人 石川康晴
最近の関心 外国人技能実習生制度について

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。