講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

都啓一
(みやこけいいち)

・SOPHIAキーボーディスト

1971年10月6日
兵庫県生まれ。

1995年
SOPHIAのキーボーディストとしてメジャーデビュー
バンド活動の傍ら、数多くのアーティストのプロデュース、楽曲提供、アレンジ等を手掛け、映画、舞台、ドラマ、ニュース番組等へ劇中音楽の楽曲提供も多数行う。
2001年
歌手の久宝留理子と結婚、一男一女をもうける。
2010年
デビュー15周年を記念したSOPHIAの全国ツアー直前に「ろ胞性リンパ腫」が発覚。ツアー終了後、SOPHIAは活動休止となる。
抗がん剤治療による闘病の末、2010年11月寛解(かんかい)との診断を受ける。
2011年7月
SOPHIAの再始動シングル『cod-E~Eの暗号~』をリリース。
8月には日本武道館にてSOPHIAとして復活ライブを成功させた。
2012年8月
日本列島ほぼ一周をたすきでつなぐ「みんなのMAEMUKI駅伝」に参加。完走を果たす。

keiichi miyako official web site http://www.keiichimiyako.com/

出身・ゆかり

兵庫県

主な講演テーマ

「ガンでもくじけない—誰かのために生きることー」

 

1.都啓一の紹介
-生い立ちやSOPHIAのこと
2.ガン闘病のこと
-ガンと診断、告知されて~ファンに報告
-ろ胞性リンパ腫とは
-抗がん剤治療での闘病生活~身体の変化、副作用について
-寛解とこれからも続く病気との闘い
-妻・久宝留理子と子供たちとの絆
3.メッセージ
-誰かのために生きること~お金よりも大事なものがある
※その他、ガン検診のすすめ、ガン保険加入の必要性など
ガン患者の立場として語ることが可能です。

 

講演内容

1971年10月6日
兵庫県生まれ。

 

1995年
SOPHIAのキーボーディストとしてメジャーデビュー
バンド活動の傍ら、数多くのアーティストのプロデュース、楽曲提供、アレンジ等を手掛け、映画、舞台、ドラマ、ニュース番組等へ劇中音楽の楽曲提供も多数行う。
2001年
歌手の久宝留理子と結婚、一男一女をもうける。
2010年
デビュー15周年を記念したSOPHIAの全国ツアー直前に「ろ胞性リンパ腫」が発覚。ツアー終了後、SOPHIAは活動休止となる。
抗がん剤治療による闘病の末、2010年11月寛解(かんかい)との診断を受ける。
2011年7月
SOPHIAの再始動シングル『cod-E~Eの暗号~』をリリース。
8月には日本武道館にてSOPHIAとして復活ライブを成功させた。
2012年8月
日本列島ほぼ一周をたすきでつなぐ「みんなのMAEMUKI駅伝」に参加。完走を果たす。

 

keiichi miyako official web site http://www.keiichimiyako.com/

 

 

【ガン闘病に関して】

闘病中の体験を綴った「ガンでもくじけない—誰かのために生きることー」を2011年9月出版、初著書として話題を呼んでいる。ろ胞性リンパ腫と告知され寛解に至るまで、そして「闘病生活を経た今、伝えたいこと」として、病気に打ち勝った要因は、家族やバンドメンバーをはじめとした友人の支え、「誰かのために頑張ろう」という気持ちの大切さを綴っている。闘病生活の経験を通じ、ガンの予防や定期的なガン検診などの重要性を訴える活動や、講演活動などでも活躍中。

 

 

【講演内容】

ロックバンド「SOPHIA」のキーボーディスト・都啓一氏は、その音楽活動以外でも、血液がんの一種である「ろ胞性悪性リンパ腫」に罹患・闘病した経験でも知られています。

全身を巡っているリンパ系組織から発生する悪性腫瘍であるため、一般には外科手術による切除は行わず、放射線療法や化学療法を用い、治療を行ってもがん細胞が完全に消えたことを証明することはできず、腫瘍を検出できなくなった時点で、完治ではなく、「寛解」もしくは「緩解」したと表現します。

都氏は、2010年3月、公演の舞台上から、がんに罹患していることを発表。自分ががんと正面から戦うことで、同じ苦しみを抱えている人たちに何か力になりたいという強い思いを伝えたとしています。

そんな都氏の講演は、人生、福祉、医学、闘病経験、がん、健康を主な内容とし、「ガンでもくじけない誰かのために生きることー」というテーマで話してくれます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!

2010年11月には、寛解との診断を受け、闘病生活を振り返って、なによりも支えになったのは家族の存在であるという都氏。そして、家族のために治療を受けるという強い意志が生まれ、「自分は一人じゃない」という救いを得ることできると。

講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、寛解に至ってもがん細胞が残存していることがあり再発するケースも非常に高い病気に立ち向かう都氏の姿から、生きること、感謝することの意味を知ることができるのです。

 

【主な著書】

「ガンでもくじけないー誰かのためにいきることー」

都啓一(著)

“ろ胞性リンパ腫”と告知されたSOPHIAのキーボーディスト、都 啓一
「人間いつかは死ぬ」そう考えたときに、毎日恐怖心ばかり感じながら生きるのは損、といまの僕は考えている。例えば、これから再発をしながら40年生き抜いた とする。その40年の間に、恐怖心ばかり感じながら生きるのか……。恐怖心はあっても、思いっきりやりたいことをやって生き抜いたほうが幸せだと思う。僕 のこれからの生き方で、そういうメッセージを示していきたい。――
ガンは誰でもなる可能性がある。この本を読む人もそれだけは忘れないでほしい。
―(妻・久宝留理子)
ガンと闘うために何が一番大事か…それは「本人の気持ち」。都はその気持ちが特に強かった。                         ―(松岡充<SOPHIA>)

▼amazon
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062171856/ref=nosim/speakers3

出版社: 講談社 (2011/9/1)
言語 日本語
ISBN-10: 4062171856
ISBN-13: 978-4062171854
発売日: 2011/9/1

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。