講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

三阪洋行
(みさかひろゆき)

ウィルチェアラグビー元日本代表

1981年生まれ。大阪府出身。高校の時にラグビー練習中の事故で頸椎を損傷し、車椅子生活となる。8ヵ月間の入院生活の後にウィルチェアラグビーと出会い、わずか4年後には最年少で日本代表に選出された。2004年のアテネ大会、2008年の北京大会、2012年のロンドン大会と3大会連続でパラリンピックへ出場。ロンドン大会では副主将を務め、4位入賞という好成績を収める。
引退後は日本代表のアシスタントコーチを務め、2016年リオデジャネイロパラリンピックへ出場。日本初となる銅メダル獲得に貢献した。バークレイズ証券の社員として活躍しながら、2017年には独立行政法人日本スポーツ振興センター(JAPAN SPORT COUNCIL:JSC、理事長:大東 和美)の「SPORTS JAPANアンバサダー」に就任。
現在は自身の経験を基に、障がい者への認識・理解を促進する活動に取り組んでいる。

主な講演テーマ

「壁を越える」
「受け入れて、前に進めば世界は変わる」

■夢の実現には「できない」ではなく「どうすればできる」を考え、あきらめずに続けることが大切
■違いをコンプレックスではなく個性に
■続けることで夢を叶える

主なメディア出演

【テレビ】
テレビ東京 「TOKYOマヨカラ」「TOKYOガルリ」

 

【ラジオ・その他】
ニッポン放送「チャレンジドアスリート」
ベースボールマガジン社 「ラグビーマガジン」
マガジンハウス

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。