講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

馬渡松子
(まわたりまつこ)

アーティスト

1992年Dreams Come Trueのリーダー中村正人のプロデュースによりデビュー。

代表曲にアニメ『幽☆遊☆白書』のOP主題歌「微笑みの爆弾」ED「ホームワークが終わらない」

「さよならbyebye」「デイドリームジェネレーション」など。

1997年病に侵され、急遽アーティスト活動を停止することに。

現在は、ヴォイストレーナー、楽曲提供、講演をしながら全国各地でライブを行っている。

主な講演テーマ

『馬渡松子のトーク&ライブ』
『地方から中央へ発信』
『病から復帰へ』

 

肩書き

作曲家
編曲家
作詞家
アーティスト
ヴォイストレーナー

ココがオススメ!

歌手・馬渡松子氏といえば、自身の2枚目のシングルで、人気アニメ『幽☆遊☆白書』のオープニング主題歌となった『微笑みの爆弾』を担当。『微笑みの―』の作曲者でもあり、その歌声は、アメリカのジャスシンガー、ブルースシンガーを思わせるパワフルボイスで、番組のコンセプトにマッチし、50万枚の大ヒットを記録します。  シンガーソングライターとして様々に活動するも、1997年病により活動を停止し治療に専念。その後、宮崎県を地盤にヴォイストレーナーとして現場復帰し、2011年より作曲家、音楽プロデューザーとして本格的な音楽活動を再開します。同年8月には「ANIME JAPAN FES (アニメジャパンフェス)2011 夏の陣 東京・大阪・名古屋」に出演し、健在振りを披露しています。  そんな馬渡氏に対する講演依頼は、モチベーション、チャレンジ、人生、経験、自己実現、医学、闘病経験、経済、地域活性、芸能、音楽などの内容に及び、「馬渡松子のトーク&ライブ」「地方から中央へ発信」「病から復帰へ」などのテーマを話してくれます。また、講演依頼はフォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK。  2012年5月には、15年ぶりとなるオリジナルアルバム『KISEKI』を発売。2013年11月には、メジャー・レーベル時代の作品に新録曲1曲を加えたベストアルバムがリリースされ、往年と変わらぬステージングは観るものを魅了しています。さらに、闘病記には胸を打つ数々のエピソードに彩られ、講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、馬渡氏の歌声と元気な姿から大きな励ましをもらうことが出来るのです。

主な経歴

宮崎県出身。
1992年Dreams Come Trueのリーダー中村正人のプロデュースによりデビュー。
デビュー以前はDreams Come Trueのコーラス&キーボードとして活動。
代表曲にアニメ『幽☆遊☆白書』のOP主題歌「微笑みの爆弾」ED「ホームワークが終わらない」
「さよならbyebye」「デイドリームジェネレーション」など。
「微笑みの爆弾」は50万枚以上の出荷となり大ヒット。現在でも世界的に愛されている楽曲である。
作曲、作詞、アレンジ、コンピュータ・プロムラミング、セルフ・プロデュース等
レコーディングに係るすべてを自分自身で手がけている。
1997年病に侵され、歌を歌うこと、キーボードに触れる事さえも出来ない状態になってしまう。
ツアーは中止、急遽アーティスト活動を停止することになる。
復帰を試みるが病状は重く、アーティストとしての活動が出来なくなってしまった彼女は故郷の宮崎に帰ることになる。
帰郷後、音楽から離れた生活を送っていたがヴォイストレーナーの話があり
自身の音楽を違った形で再出発することになる。
ヴォイストレーナーを主とし、審査員、作曲、アーティストプロデュースなどさまざまな場面で力を発揮する。
しかし2011年、本人の強い意志、ファンの熱い声もあり、自身の音楽をもう一度再開することを決心する。
2013年11月20日ベストアルバム「THE BEST OF MAWATARIMATSUKO」がPONY CANYONよりリリースされた。
現在は音楽スタジオ「Pit’a Pat」を設立し、ヴォイストレーナー、楽曲提供、講演をしながら全国各地でライブを行っている。

講演料金目安

別途ご相談ください

ギャラリー

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。