講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

松尾雄治
(まつおゆうじ)

元ラグビー日本代表/元新日鉄釜石ラグビー部選手兼監督

名実共に日本ラグビー史上最高のスタンドオフと呼ばれる。
小学校時代からラグビーを始め、明治大学に進み4年生の時には司令塔として当時低迷していた明大ラグビー部を初の日本一に導く。
卒業後、新日鉄に入社。
79年から選手、主将、監督兼選手として社会人選手権、日本選手権7連覇達成という「不滅の大記録」の原動力となる。
V7達成試合を最後に新日鉄釜石を退社。

 

引退後、ラグビー界初のスポーツキャスターへ。
98年に普及育成委員に就任。
現在は解説者、タレント活動、講演活動等を通じて自身を築いたラグビー界への恩返しとしてラグビーの普及、競技者の育成に務める。

主な講演テーマ

「勝つための組織論」
「挑戦する心」
「やってみなきゃわからない」

ココがオススメ!

スポーツコメンテーター・松尾雄治氏は、目黒高校から明治大学、新日本製鐵釜石ラグビー部(現・釜石シーウェイブス)で活躍。
鮮やかなステップで敵ディフェンスを切り裂いてトライを挙げるなどの華麗なテクニックで、日本一のスタンドオフ(司令塔)の名をほしいままにしました。

 

松尾氏は、現役選手時代は172cm/70kgと、ラグビー選手としては小柄で華奢な体型でした。
しかし松尾氏の真の魅力は司令塔としての“頭脳”にありました。
キック、ステップなどのテクニックだけでなく、難局を切り開く卓越した戦術眼の持ち主でもあり、数々の名勝負を演出した日本ラグビー史上屈指のスタンドオフと言われています。

 

そんな松尾氏の講演テーマは「勝つための組織論」「挑戦する心」「やってみなきゃわからない」など。
ラグビーで得たやりぬく心と、チームを指揮するノウハウなどを語ってくれます。
「挑戦する心」というテーマでは、明治大学3年生時にスクラムハーフからスタンドオフへポジション転向させられ、落ち込んでいたと聴講者に伝えます。

 

思い込みで勝手に自分の限界を作っていたことに気付き「過去に囚われず、何事にもチャレンジし、あきらめない気持ちを持つことが大事である」という学びを得ることができます。

主な経歴

1972年 明治大学入学
1975年 日本代表入り
1976年 全国大学選手権、日本選手権優勝 新日鉄釜石入社
1979年~1985年 社会人大会 日本選手権優勝
(1982年~監督兼任) 7連覇 不滅の大記録達成
1998年~ 財団法人 日本ラグビー・フットボール協会 普及育成委員会委員就任
2004年~2012年 成城大学ラグビー部 監督

現在 スポーツ報知専属 ラグビー評論家

主なメディア出演

RF 「松尾雄治のMONDAY FREE KICK」 月曜日18:30~21:00 レギュラー(2005.4~)

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。