講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

マッハ文朱
(まっはふみあけ)

タレント/司会者/女優/歌手

1972年 13歳のとき、『スター誕生!』に出場し、決戦大会に進出。1974年 15歳のとき、全日本女子プロレスに入門。リングネーム「マッハ文朱」として、強いだけでなく、ルックスと試合後に歌を披露するなど明るい性格から、アイドルスター選手となる。女子プロレスのイメージを変えたと言われる。
1975年 WWWA世界シングル王座(最年少戴冠記録:16歳0カ月 デビュー後最短戴冠記録:7カ月)、WWWA世界タッグ王座。1976年 2年8ヶ月で引退。
タレントに転身し、タレント・女優・歌手として活躍する。
1984年~1986年 ニューヨーク ハンター大学にて語学を、ブロードウェイにてダンスを学ぶ。
1989年~1992年 ロサンゼルス ペッパーダイン大学にて健康心理学を、サウザン・カリフォルニア大学にて経済学を学ぶ。1994年 長女、1995年 次女を台湾で出産。

その後、アメリカを拠点に子育てをしながら、スポーツバーの経営なども行う。2013年 秋 より、日本に拠点を移し、本格的に芸能界に復帰。現在、長女は、宝塚歌劇団。次女は、アメリカ在住の大学生で世界ジュニアで活躍するテニスプレイヤー。

主な講演テーマ

【人生】
「マッハの波乱繁盛記」

 

【健康】
「マッハ流エンジョイ健康法」

 

【子育て】
「マッハのDo Mammy Best ~ドゥ・マミー・ベスト」
「マッハの子育て繁盛記~才能み~つけた!」

 

楽しく元気なトークで、みなさんの心を明るくしていきます!

ココがオススメ!

タレント・女優のマッハ文朱氏といえば、全日本女子プロレス所属の人気プロレスラーとして一世を風靡します。180cmの長身、歌手オーディション番組の最終審査に残るほどのルックスの良さと歌唱力などで、それまでの女子プロレスラーのイメージを180度覆したといっても過言ではありませんでした。

2年8ヶ月の選手活動の後、芸能界へ転身。元々歌手志望であったものの、持ち前の高いタレント性を発揮して、まず女優としてスタート。長身を生かしたキャラクターを演じることが多く、『トラック野郎 天下御免』(東映、1976年)では、ミキサー車の女性運転手役、『ドカベン』(東映、1977年)では、三塁手・岩鬼正美のあこがれのマドンナ・夏川夏子役を好演します。

その後、『宇宙怪獣ガメラ』(大映、1980年)で映画初主演を果たし、『マルサの女』(東宝、1987年)、『マルサの女2』(東宝、1988年)では、主人公・板倉亮子を補佐する後輩税務署員役で注目され、女優としての演技に安定感を見せることに。

さらに、バラエティ番組の司会や、クイズ番組の回答者としても活躍し、まさにマルチタレントとしての地位を確立にします。

そんなマッハ氏の講演は、教育、人生、スポーツ、健康、体づくり、ビジネス、経営論、育児などの内容に及び、幅広いテーマを話してくれます。また、フォーラム、トークショーでの開催もOK!

海外生活と子育てに勤しみ、一時日本での芸能活動を自粛していましたが2013年に再開。芸能界での実績だけでなく、教育や、健康管理、体づくりなどについて多くの経験や専門的知識があるため、講演、フォーラム、トークショーを訪れた人は、マッハ氏ならではの実践的な内容に魅了されること請け合いです。

主な経歴

【生年月日】 1959年3月3日
【出身地】熊本県
【身長】 174cm
【血液型】 B型
【特技】 合気道三段・柔道初段・空手初段・英語・シャンソン・ダンス・料理・書道

主なメディア出演

【テレビドラマ】
「まさか、私が」(東海テレビ、1991年)/「十九歳」(NHK総合 1989年)教師・川口役/
「ザ・スクールコップ」(フジテレビ 1988年)石川明子 役/西田敏行の泣いてた.まるか 第5話「故郷は緑なりき」(TBS 1986年)/
「大奥」 第38話「大奥のメリークリスマス」(関西テレビ 1983年) 紫野 役/「人情紙風船」(毎日放送、1982年)/
「消防官物語・風に立て」(TBS、1981-1982年)/「ここまでは他人」(TBS 1981年)/
「黄土の嵐」(日本テレビ 1980-1981年)十三妹役(レギュラー)/「遠山の金さん 」第65話「りんどう花が嵐を呼んだ」(テレビ朝日 1977年)/
「晴れのち晴れ」(TBS 1977-1978年)/「ベルサイユのトラック姐ちゃん」(テレビ朝日系・東映制作 1976年)朱美役

 

【クイズ番組】
・「クイズ!!ひらめきパスワード」(毎日放送)
・「象印クイズ ヒントでピント」(テレビ朝日 1980年10月-1983年12月)
・「笑って許して!!」(日本テレビ)
・「霊感ヤマカン第六感」(朝日放送)
・「チャレンジQ」(関西テレビ)司会
・「連想ゲーム」(NHK総合)
・「シャープ・スターアクション」(日本テレビ)

 

【バラエティ】
・「パソコントラベル君ならどうする」(TBS)司会
・「街かどテレビ11:00」(TBS)アシスタント
・「激突!お笑いルーレット」(関西テレビ)司会
・「三枝の愛ラブ!爆笑クリニック」(関西テレビ)パネラー
・「ドカドカ大爆笑」(テレビ朝日)レギュラー

 

【映画】
・「ドラえもん のび太の南海大冒険」(東宝 1998年)ジャック役
・「肉体の門」(東映 1988年)ビックママお京役
・「マルサの女2」(東宝 1988年)秋山役
・「マルサの女」(東宝 1987年)秋山役
・「宇宙怪獣ガメラ」(大映 1980年)キララ役 *映画初主演作*
・「ドカベン」(東映1977年 夏川夏子役
・「トラック野郎 天下御免」(東映 1976年)須田雅美役
・「華麗なる追跡」(東映 1975年)

 

【舞台】
・「わが歌ブギウギ」(大阪 中座)
・「マグノリアの海賊」(新宿 シアターアプル、1991年)ルネ役
・「オー!!キャリアガール」(1979年) …その他、コマ劇場、中日劇場などでも出演

主な著書

『女をみがくスパ式心身美容法-心と体をシェイプアップする新ダイエット』(講談社、1992年9月)
『マッハ式座弾&ダイエット-これはやせる!』(講談社、1986年7月)
『マッハのハトムギ美人になろうよ-やせる+美肌』(主婦の友社、1985年3月)
『マッハ流痴漢ゲキタイ法-女のコの護身術』(主婦の友社、1984年1月)
『マッハのバナナビクス』(堀事務所、1984年1月)
『マッハ式やせてびっくり! -私はこうして20キロやせた』(講談社、1982年5月)

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。