講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

久原健司
(くはらけんじ)

日本一背の高いITジャーナリスト/デジタルコンサルタント/株式会社プロイノベーション代表取締役

1978年生まれ。
2001年東海大学工学部通信工学科卒業後、ITの人材派遣会社に入社。大手コンビニエンスストアのPOSシステム保守運用業務を担当する。
2003年からソフトウェア開発会社で、システムエンジニアとして、大手通信会社のWebアプリケーションシステム開発など多くの業務に携わるも、2006年、小さい頃からの夢であった独立を決意。
2007年(29歳)に株式会社プロイノベーションを設立し、当時としては珍しいオブジェクト指向によるモデリング開発でのサービス提供を始める。
現在は、“日本一背の高いITジャーナリスト”として様々なwebメディアにて執筆する傍ら、デジタル化推進やテレワークなどのITについてのセミナーや講演会も全国各地で精力的に行っている。

出身・ゆかり

千葉県・北海道

主な講演テーマ

「業務のデジタル化で売り上げをアップさせる方法」

テレワークの急速な普及により、多くの企業が業務のデジタル化へ向けた動きも盛んになっています。
デジタル化することにより、業務は効率化し、費用も抑えられ、売り上げもアップするという夢のような話を耳にすることも少なくないと思います。
もちろん、業務をデジタル化することには多くのメリットがあります。
しかし、なんでもかんでもデジタル化にすればいいというものではありません。
それぞれ扱う商品やサービスによって、デジタル化を取り入れたほうがいい業務は違ってくるのです。
では、自分たちの企業はどこにどのようにデジタル化を取り入れるべきなのか?
この講演では、自分たちにあったデジタル化を知ることにより、売り上げをアップさせる方法を見つけることができるはずです。

 

「テレワークで経費削減・業務効率化を図ろう」

急速なインターネットの発展により実現できるようになった働き方の中の一つ、“テレワーク”。
「興味があるけど、どうしたらいいのかわからない」「自分の会社で導入しても意味がないのでは?」というように考えている経営者や管理職の方も多いのではないでしょうか?
そこで、まずは”テレワーク”とはどのような働き方なのか?
どういったメリットやデメリットがあるのかについてお話しすることはもちろん、業種や職業に合わせた導入方法などもご紹介します。

 

「中小企業がDXを進めるために知っておいてほしいこと」

政府がデジタル庁を新設することで、DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する動きが活発になっています。
しかし私は、DXを成功させられる日本の中小企業は現状では限られると考えています。
なぜならDXの本当の意味を理解できていない企業が多いと感じるからです。
特にDX=業務のデジタル化(IT化)と理解してしまっている場合が多いです。
もちろんDXに関してはネット記事や書籍、経済産業省からもたくさんの資料が出ていますが、読んでも本質を理解できていない企業様も少なくありません。
本講演では、DXを進めるうえで絶対に知っておいてほしいこと(DXの本質)をお話させていただきます。

●そもそもDXとは何か
●DXのメリット・デメリット
●海外の事例
●DXの本質について
●日本の企業がDXを成功させるには
※日本の企業の成功事例も絡めて解説

 

主な講演実績

相模原商工会議所/亀岡商工会議所/広島商工会議所/佐賀商工会議所/ドコモCS関西/千葉県書籍教材株式会社/とちぎテレビ/藤沢法人会/栃木県市町村振興協会/株式会社内田洋行/株式会社エフタイム/伊勢商工会議所/留辺蘂商工会議所/横浜商工会議所/町田・相模原経済同友会

主なメディア出演

<テレビ>
AbemaTV AbemaPrime

<雑誌>
FRIDAY

<WEB>
マイナビニュース / 日刊SPA! / 女子SPA! / J-castニュース / オトナンサー / 現代ビジネス

<連載・執筆>
マイナビニュース 「地方創生×ITで何が変わる?」

講演料金目安

料金非公開講師になりますので別途お問合せ下さい。

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。

講師を探す

ページトップへ