講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

叶和貴子
(かのうわきこ)

女優

北海道出身。
中学・高校時代は陸上競技で活躍し、女子80mハードルでは北海道南地区新記録を樹立した。
桐朋学園短期大学音楽科を卒業。

和服の似合う新人を探していた久世光彦監督の演出によるTBSドラマ「源氏物語」の紫の上役でデビュー。
以後、テレビドラマ、舞台、CMなどで活躍。

1991年に関節リウマチであることが判明し、1997年にいったん芸能活動を休止し、治療に専念。
2000年に活動を再開。
健康をテーマにしたテレビ・ラジオのトーク番組出演を中心とした活動を行っている。

出身・ゆかり

北海道

主な講演テーマ

「健康をテーマにしたトークショー」

講演内容

叶和貴子氏は、「和服の似合う美人女優」として、テレビドラマを中心に活躍。酒造メーカーのイメージキャラクターとしても知られ、多くの男性ファンに支持されました。

しかし、1991年に関節リウマチを発病し、病状は悪化の一途をたどり、1997年には芸能活動休止を余儀なくされます。

1991年12月当時、仕事の疲れがピークに達していた叶氏は、風邪をひき高熱と扁桃腺の腫れに悩まされて、体の節々に痛みが走っていたのですが、症状が改善せず、医師に関節リウマチと診断されました。

老人が罹るような病気に思われがちなリウマチですが、30代から40代の女性の発症も多くみられ、当時35歳であった叶氏こそ、気をつけなければならない病気の一つだったのです。

その後、治療に専念し2000年に芸能活動を再開。テレビ、ラジオのトーク番組などで、その闘病生活を語り、リウマチをはじめ、病気に悩む人たちを励ましています。

そんな叶氏の講演は、健康をテーマとした内容で、各地で健康をテーマにしたトークショーを開催しております。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!

美人女優として、その美しさが高く評価され、数々のドラマで活躍してきた叶氏は、リウマチに罹り思うように体が動かない姿を悲観し、周囲からもその状況を哀れむ声を聞き、失意のどん底にいました。

しかし、見栄や女優としてのプライドを捨て、素直に病気と向き合ったことで、自分のあるべき姿を取り戻したといいます。

講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、病を克服した叶氏の姿や生き方から、元気と強さをもらうことができるのです。

主なメディア出演

【TV】
’80TBSテレビ「源氏物語」で女優デビュー
’82テレビ朝日「天地茂の明智小五郎シリーズ」
’83TBSテレビ「大岡越前」第7部
’84TBSテレビ「大岡越前」第8部
’88~95テレビ朝日「花ふぶき女スリ三姉妹」
’02~’07 日本テレビ「午後は○○おもいっきりテレビ」
ほか出演多数

 

【ラジオ】
’02~’05 文化放送「野村邦丸のごきげん!二重丸◎」
’06ABCラジオ「流星倶楽部 黄昏流星群」

 

【歌】
「冬の蝶」(デビュー曲)
「東京砂漠のかたすみで」(黒沢年雄氏とのデュエット曲)

 

【その他】
パールローラー(ヤマノクリエイツ)イメージキャラクター
トーンルーペ(ヤマノクリエイツ)イメージキャラクター

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。