講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

門田隆将
(かどたりゅうしょう)

作家/ ジャーナリスト

1958(昭和33)年、高知県安芸市生まれ。中央大学法学部卒業後、新潮社に入社。週刊新潮編集部の記者、デスク、次長、副部長を経て、2008年4月に独立。デスク時代の18年間に、800本近い特集記事を取材・執筆した。作家、ジャーナリストとして、政治、司法、事件、歴史、スポーツなど、幅広い分野で執筆や言論活動をおこなっている。『この命、義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(角川文庫)で、第19回山本七平賞受賞。主な著書に『甲子園への遺言 伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯』(講談社文庫)、『なぜ君は絶望と闘えたのか 本村洋の3300日』(新潮文庫)、『太平洋戦争 最後の証言』(第一部~第三部・角川文庫)、『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』(PHP)、『狼の牙を折れ 史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部』(小学館)、『汝、ふたつの故国に殉ず 台湾で英雄となったある日本人の物語』(角川書店)、『奇跡の歌 戦争と望郷とペギー葉山』(小学館)などがある。“毅然と生きた日本人”をテーマに幅広いジャンルでノンフィクション作品を生み出している。なお、『なぜ君は絶望と闘えたのか』がWOWOWでドラマ化(主演・江口洋介)され、2010年度の文化庁芸術祭の大賞(ドラマ部門)を受賞するなど映像化された作品も少なくない。

主な講演テーマ

「リーダーの本義 ~その時、リーダー達はどう決断したのか~」
元福島第一原発所長・吉田昌郎氏、台湾を救った陸軍中将・根本博氏、テヘランに取り残された日本人を救った伊藤忠商事の商社マン・元イスタンブール支社長の森永堯氏など、リーダーとして、どのような決断を下したのか、ということをエピソード中心にお話しさせていただきます。

 

「岐路に立つ日本のジャーナリズム」
旬の時事ネタのお話をさせていただきます。

 

「名選手を育てた『フルスイング』人生~伝説の打撃コーチが遺したもの~」
元メジャーリーガーの田口壮選手や元ロッテのサブロー選手などプロ野球選手30人を育てた伝説の打撃コーチ・高畠導宏さんのお話を中心に、人を育てるということをお話しさせていただきます。NHK土曜ドラマ「フルスイング」の原作となった「甲子園への遺言」の主役・高畠導宏さんのお話をさせていただきます。

主な講演実績

内外情勢調査会、各種総合研究所様・金融機関様講演、日経BPマーケティング「経営・管理職向け講演「リーダーの本義」、ほか多数。

主なメディア出演

読売テレビ「そこまで言って委員会」レギュラー出演、NHK「日曜討論」、フジテレビ「バイキング」など、ほか多数。

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。