講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

石井修一
(いしいしゅういち)

元東京ディズニーランド防火管理者

ディズニーテーマパークはバックヤードを含め2万人のキャストが年間3千万人ものゲストをお迎えしています!
私は1983年のグランドオープンから一貫してパーク内の保安部署でゲストとキャストの安全安心を守るために、保安・防災計画の立案から訓練などのキャスト教育を行ってきました。
ゲストとキャストの「安全安心」を守ることはパーク運営の最優先事項!「安全安心」は最優先事項として、すべての行動の基礎となっています。
すばらしい計画があったとしても、実行するのは人です。防災・安全の世界には一人の英雄より、キチンと役割をこなせる多くの人、つまり総合力が求められます。
講演ではディズニーの経験を基に、防災や安全安心をテーマに具体的な事例を交えて分かりやすくお話しします。

主な講演テーマ

「ディズニーの危機管理から学ぶ~そなえた分だけ憂いなし~ 」
1日の来園者数が5万人を超える東京ディズニーリゾート。世界有数のテーマパークとして毎日多くのゲストを迎えています。ゲストがパークを楽しむための大前提として、安全と安心を常に高いレベルで維持することは必須事項です。 ディズニーは防災、セキュリティーに関する業務を外部委託ではなく全て自社内で完結しています。 そこにはゲストの安全安心が第一というディズニーの強い想いがあります。その想いはキャスト全員に浸透し行動基準として、徹底されているのです。 講演では具体的な事例を基にディズニーの危機管理の考え方を基にお伝えします。

 

「安全はゲストサービスの基本です~ディズニーの防災体制~」
防災は総合力が結果に大きな影響を及ぼします。個人レベルでのスキルアップは重要ですが、いくら個人に力があっても対応できる範囲には限界があります。3.11のような大規模災害時は個の力を活かす組織力が必要です。 重要なのは組織の指揮系統、円滑なコミュニケーション体制などのオペレーション体制。 講演では具体的な事例を基にディズニーの防災体制と構築方法をお伝えします。

 

「ゲストとキャスト、会社財産を守る~ディズニーのセキュリティー体制~」
1つの街といってもいいディズニーリゾート。迷子からテロ対策まで大小様々なセキュリティー対策をとっています。最も大切なのはゲストとキャストを守ること。それは、会社財産の保全につながります。講演では具体的な事例を基にセキュリティー体制構築と運用をお伝えします。

主な経歴

【経歴】

1982年 オリエンタルランド入社
セキュリティ課に配属となり、ゲストキャストの安全、会社財産の保全、防犯対策に従事。
1983年 東京ディズニーランドグランドオープン
1987年 ファイアー課に異動。防災教育・訓練、防火防災・減災対策に従事。
東京ディズニーランド防火管理者、防災センター・本部隊の運用、消防防災システム評価を担当。また、共同防火管理協議会事務局、地域防災計画等を担当。 東京ディズニーランドから始まり、イクスピアリ、アンバサダーホテル、舞浜リゾートライン、東京ディズニーシーの消防計画に携わり、東京ディズニーリゾート全体の防火管理体制構築をおこなう。
2004年 石井行政書士事務所 開業
相続・遺言など財産の危機管理、成年後見など心の危機管理、防火防災など命の危機管理の3つをテーマとして活動している。

 

現在、NPO法人 危機管理対策機構監事、NPO法人 事業継続推進機構監事、一般財団法人危機管理教育&演習センター監事、NPO法人 手をとりあってつなぐ命理事として、地域・企業における危機管理に関する指導、講演を行っている。また、地元FM局で防災・減災、相続遺言、成年後見をテーマとしたレギュラー番組をもつ。

 

 

【保有資格】

防火管理者/防火対象物点検資格者/防火安全技術者/鉄筋コンクリート系マンション健康診断技術者/消防設備士/危険物取扱者/自衛消防技術認定/海上防災訓練終了/火薬類取扱保安責任者/防災士/行政書士/円満相続遺言支援士/宅地建物取引主任

主な講演実績

一般社団法人公共ネットワーク機構:ビックサイトで開催された危機管理産業展(防災講演)/江戸川区ボランティアセンター:災害時 ボランティア育成講座/福祉施設、ロータリークラブ、ライオンズクラブ、小学校、病院、福祉関係施設など多数。

 

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。