講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

今岡誠
(いまおかまこと)

野球解説者

兵庫県宝塚市出身の元プロ野球選手。
阪神タイガース・千葉ロッテマリーンズで、16年間プロ野球選手として活躍。
2012年 現役を引退し、現在は日刊スポーツ評論家として活躍。
また、これまでの野球人生で培った「諦めない気持ち」「自分の信念」など、
学生 や新入社員を対象とした講演活動にも力を注いでいる。

主な講演テーマ

「野球人生」

ココがオススメ!

野球解説者・今岡誠氏は、阪神タイガース、千葉ロッテマリーンズで活躍した内野手で、その巧みなバットコントロールは球界屈指。

苦手なコースも少なく、左右に打ち分ける見事な打球操作を披露するマルチな技術に溢れた高い打撃センスを有していました。

 

いわゆる「悪球打ち」であり、三振が少なく、初球打ちが多い積極性でも知られ、左肘に余裕を持たせたフォームが類稀なる柔軟性を生み出し、ボールの芯を確実にミート。

2005年には147打点を記録し得点圏打率は3割7分に達しています。特に、三塁に走者を置いたときは、さらに6割4分3厘に達するという高い勝負強さが評価されていました。

 

そんな今岡氏に寄せられる講演依頼は、教育、夢・目標、人生、夢の実現、経験、スポーツ、野球、ビジネス、ビジネス研修などの内容に及び、「野球人生」というテーマで話をしてくれます。

講師派遣先は、企業、教育関連のクライアントさまが多く、講演依頼はフォーラム、セミナー、トークショーの形でもOK!野球は言うに及ばず、スポーツ、人生を内容とした講演には、最も相応しい一人として講師派遣しています。

 

阪神退団後は、2010年2月1日からのロッテ春季キャンプにテスト生として参加し、その後入団に至るという苦労人の一面を持つ今岡氏。講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、逆境やピンチに遭遇しても、決して諦めてはいけないことを再認識するのです。

職歴・経歴

PL学園高校3年時に第64回選抜高等学校野球大会に出場し、8強入りする。
東都大学野球連盟所属の東洋大学に進学後は遊撃手として、
大学通算89試合出場、335打数100安打、打率.299、12本塁打、73打点を記録。
アトランタ五輪では銀メダルに貢献。

 

1997年
阪神タイガースに入団、二塁手、遊撃手として一軍に出場。
2002年
二塁手のレギュラーを奪取。1番打者に固定され、
自己最高を更新する打率.317、15本塁打 で初のタイトルベストナイン受賞。
2003年
打率.340で首位打者のタイトルを獲得。
二塁手としてゴールデングラブ賞を受賞するなど、 1985年以来のリーグ優勝に貢献。
2004年
阪神選手会長に就任。打率.306、28本塁打、83打点の好成績を挙げる。
2005年
藤村富美男の球団記録を更新して日本プロ野球歴代3位となる147打点を残す。
打点王のタイトルを獲得する。
2010年
ロッテに入団。開幕一軍を勝ち取り、代打やDHで起用された。
CS第2ステージ初戦では先制の口火を切る二塁打を放ち、4戦目では移籍後初本塁打を放つ。
5戦目では5年ぶりに犠打を決めるなど大一番での強さを見せた。
2012年
現役選手で打撃・守備兼任コーチとしてファームの育成にも貢献。
16年間の現役生活を終え、引退を表明。
2013年
日刊スポーツ評論家として活躍。

主なメディア出演実績

【テレビ】

毎日放送
「ちちんぷいぷい」(各週月曜日)
「せやねん」(毎週土曜日) 他多数の番組に出演。

 

【著書】

『感じるままに 生きてきて』(ベースボールマガジン社)

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。