講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

東尾修
(ひがしおおさむ)

元プロ野球選手,元西武ライオンズ監督

生年月日:1950年5月18日
血液型:O型
身長: 177cm
体重: 79kg

高校野球の強豪・和歌山県立箕島高等学校在学中、春の甲子園4強を経て、68年ドラフト1位で西鉄ライオンズに入団。75年の太平洋クラブ・ライオンズ時代に最多勝(23勝)最多奪三振(154)を、83年には最多勝(18勝)、最優秀防御率(2・92)を記録する。

84年には、史上20人目の200勝を達成。82年に日本シリーズMVP、83・87年にリーグMVP、86年に投手初の年俸1億円を突破。88年の引退まで697試合に登板、通算251勝247敗23セーブ、防御率3・50、5回もの日本一に輝き、20年の選手人生に幕を閉じた。

95年西武ライオンズ監督に就任。01年まで7シーズンの指揮を執り、97・98年にリーグ2連覇を果たす。2010年には野球殿堂入りを果たした。2013年のWBC野球日本代表の投手総合コーチ。日本プロ野球名球会のメンバー。

女子プロゴルファー東尾理子の父。最近は孫と遊ぶ一面も見せ、イクジイぶりを発揮。イクメンオブザイヤー2014(イクジイスポーツ部門)を受賞。

 

【通算成績】
生涯防御率 3.50(4086投球回数)
697試合 251勝247敗
(247完投,34完封,33無四死球,1102与四球,1684奪三振,4095被安打,165与死球,412被本塁打,23セーブ)

★200勝達成 1984.9.15

 

【球歴】

1969年 西鉄ライオンズ入団
1973年 太平洋クラブ・ライオンズ
1977年 クラウンライター・ライオンズ
1979年 西武ライオンズ
1988年 現役引退
1995~2001年 西武ライオンズ監督
2010年 野球殿堂入り

 

【獲得タイトル】

MVP2回(1983.1987)
最多勝2回(1975.1983)
最優秀防御率1回(1983)
ベストナイン2回(1983.1985)
ゴールデングラブ賞5回(1983~1987)
月間MVP2回(1980.8月, 1982.4月)

 

 

主な講演テーマ

「プロとしての生き方」

 

出身・ゆかり

和歌山県

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。