講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

江口克彦
(えぐちかつひこ)

元参議院議員

1940(昭和15)年2月1日 名古屋生まれ。愛知県立瑞陵高等学校を経て、慶應義塾大学法学部政治学科卒 。松下電器産業株式会社入社。その後1967年PHP総合研究所へ異動。
秘書室長、取締役、常務取締役を経て、1982年 同研究所専務取締役、1994年 同研究所副社長に就任、2004年 同研究所社長に就任。

2009年の退任後、精力的に執筆・講演を中心に活動していたが、松下幸之助の主張した「廃県置州論」を発展させた「地域主権型道州制」の政策を掲げ、2010年7月の参議院議員選挙に出馬し、当選。
国会では、超党派の『道州制懇話会』の共同代表を務める。各地で、「地域主権型道州制」の啓蒙、講演活動を行なっている。

松下幸之助のもとで23年間側近として仕事をし、日々の交流のなかで薫陶をうけてきた。松下幸之助の指示を受け、1979年に設立した松下政経塾の設立に携わる。松下幸之助哲学の継承者、伝承者と評され、松下幸之助に関する著作も多く、 松下幸之助経営に関する講演依頼も多い。

主な講演テーマ

「部下のやる気を引き出す法」
「部下を育てるコツ」
「松下幸之助はなぜ成功したか・9つの要因」
「会社を発展させる10の条件」
「松下幸之助に学ぶ・不況克服の考え方」
「リーダーシップとはなにか・松下幸之助から学んだこと」
「松下幸之助に学ぶ・指導者の行動指針20」
「松下幸之助から学んだこと」
「これからの時代、これからの経営」
「今の政治、これからの政治」
「地域主権型道州制が日本を救う!」
「国のかたちを変える・中央集権国家から地域主権国家へ」
「このままでは、日本は衰退する」

 

その他、教育論、人生論、若者の行き方論
など、政治、経済、経営などに関する講演の実績多数。

 

 

肩書き

(株)PHP総合研究所 代表取締役社長
内閣官房 道州制ビジョン懇談会 座長
内閣府 イノベーション25戦略会議 委員
内閣府 沖縄新世代経営者塾 塾長
国土交通省 観光に関する懇談会 委員
内閣府 公務員制度の総合的な改革に関する懇談会 委員
建設省 都市再生推進懇談会 委員
内閣総理大臣諮問機関経済審議会 特別委員
名古屋市経営アドバイザー(専門委員)
憲法円卓会議 座長 等
松下電器産業株式会社 理事
松下社会科学振興財団 専務理事
美ら島沖縄大使
NPO法人「武士道協会」副理事長
研究提言機構「世界を考える京都座会」 コアメンバー
「歴史街道」推進協議会 理事
経済同友会 幹事
京都経済同友会 常任幹事
財団法人 親学推進協会 評議員
関西師友協会理事
大阪大学大学院 客員教授
立命館大学大学院 客員教授
法政大学客員教授
中小企業大学校客員教授
等を歴任。

講演内容

 

江口克彦氏は、元みんなの党所属の参議院議員であり、松下電器産業株式会社OBとして、同社創業者である松下幸之助氏の「松下哲学」を啓発する活動で知られています。

超党派議員連盟「道州制懇話会」を結成し、民間の「地域主権型道州制国民協議会」でも会長を務め、全国の地方議員1500人とともにブロック別政治家連盟を結成していました。

松下氏の秘書を長年務め、PHP総合研究所社長も歴任。松下政経塾一期生の入塾試験の面接者でもあり、政界には数多くの「教え子」がいます。

松下氏は、道州制実現だけではなく、無税国家論を目指すこと、国民にめざすべき国家目標の設定などを唱えており、江口氏は、政界の「教え子」たちが、松下氏の教えを忘れ、大政党の組織の都合に呑み込まれている現状を大いに憂い、真の“松下イズム”体現に、一層の力を注いでいます。

そんな江口氏の講演は、政治、経済、経営、ビジネス研修、人生など幅広い内容にわたります。また、フォーラム、セミナーでの開催もOK!

江口氏は、松下氏の「不景気は自然現象ではなく人間が作ったもの。だから必ず解決策がある」という言葉を捉え、解決策を考えてこその経営者であり政治家であると強調。その解決策の最たるものは人材教育にほかならないと。不況のときこそ、余った時間を有効活用できるチャンスとし、人材教育に力を注ぐべきであるとしています。

経営資源であるヒト、モノ、カネ、情報もすべて公のもので、それをあずかって運営される企業は、当然公のもの。個人のものといえるのは法律上の話だけで、その本質は公のものであるなら、企業は世のため人のために尽くさなくてはならないとしています。

江口氏の講演、フォーラム、セミナーからは、経営論だけでなく、松下氏が指し示してきた,人間の使命、宇宙観、世界観、人生観などが包括された「松下哲学」を知ることができ、ビジネスだけでなく、人としての生き方や社会との関わり方などを学ぶことができるのです。

主な著書

『こうすれば日本はよくなる-私が考える15の政策』(自由国民社2011年)
『松下政経塾憂論』(宝島社2011年)
『トップ一人の責任~松下幸之助に学んだリーダーの条件~』(ぱる出版2010年)
『松下幸之助『君なら必ずできる!』~リーダーにとって大切なこと~』(アスコム2010年)
『松下幸之助はなぜ、松下政経塾をつくったのか』(WAVE出版2010年)
『猿は猿、魚は魚、人は人~松下幸之助が私につぶやいた30の言葉~』(講談社2010年)
『松下幸之助成功の法則』(WAVE出版2010年)
『玄中の玄』(PHP研究所2009年)
『いまさら人に聞けない、いま話題の道州制〔図解〕地域主権型道州制がよくわかる本』(PHP研究所2009年)
『日本経済危機突破論『給与半減・物価半減』時代がやってくる!』(PHP研究所2009年)
『オレが日本を元気にしてやる!州知事川口龍彦奮闘物語~』(PHP研究所2009年)
『国民を元気にする国のかたち~地域主権型道州制のすすめ~』(PHP研究所2008年)
『ほんとうの生き方』(PHP研究所2008年)
『日本を元気にする地域主権~中央集権と官僚制に決別するときがやってきた~』(PHP研究所2008年)
『成功は小さい努力の積み重ね~松下幸之助の言葉を読み解く~』(PHP研究所2008年)
『人生を考える201のメッセージ』(PHP研究所2008年)
『地域主権型道州制~日本の新しい『国のかたち』』(PHP研究所2007年)
『いい仕事の仕方』(PHP研究所2007年)
『2025年伊野部家の1日~イノベーションで日本はこう変わる!~』(PHP研究所2007年)
『人間偉大なるもの』(PHP研究所2006年)
『いい人生の生き方』(PHP研究所2006年)
『成功したい人の夢実現ノート』(PHP研究所2006年)
『経営者の教科書~実践しなければならない経営の基本100~』(PHP研究所2006年)
『明日を生きる言葉135』(PHP研究所2005年)
『蕃椒』(H&I2005年)
『二十一世紀日本国憲法私案~新しい時代にあった国づくりのために~』(PHP研究所2004年)
『人間関係が良くなる法則』(PHP研究所2003年)
『脱『中央集権』国家論~地域主権をいかに創造するか~』(PHP研究所2002年)
『『きっと芽が出る人』の法則』(PHP研究所2002年)
『人を育てるための上司の教科書』(PHP研究所2002年)
『上司の哲学』(PHP研究所2001年)
『成功する経営失敗する経営~いま経営者に求められる15の原則~』(PHP研究所2001年)
『*教育は何をめざすべきか~新・教育基本法私案~』*(PHP研究所2001年)
『日本・百年の針路~『繁栄・平和・幸福・自由』の戦略~』(PHP研究所2001年)
『経営の大原則~21世紀の経営者は松下幸之助を超えられるか~』(PHP研究所2001年)
『人生と経営この素晴らしきもの~松下幸之助の箴言~』(PHP研究所2001年)
『句集京師』(朝日新聞社2000年)
『鈴木敏文経営を語る』(PHP研究所1999年)
『人徳経営のすすめ~ヨコ型時代の経営学~』(PHP研究所1999年)
『日本政治の過去・現在・未来』(慶応義塾大学出版会1999年)
『松下幸之助散策・哲学の庭』(PHP研究所1999年)
『幸せとはなにか~一本道の幸福論~』(PHP研究所1999年)
『部下の哲学~成功するビジネスマン20の要諦~』(PHP研究所1999年)
『王道の経営~経営者のための行動指針48則~』(PHP研究所1998年)
「経論合州国家・日本~21世紀の国のかたち 繁栄のかたち~」(PHP研究所1998年)
『成功の智恵~道をひらく名言・名句~』(PHP研究所1997年)
『成功の法則~松下幸之助はなぜ成功したのか~』(PHP研究所1996年)
『地域主権論~関西独立のすすめ~』(PHP研究所1996年)
『*増税無用論~行革なき増税は国を滅ぼす~』(PHP研究所1996年)
『松翁論語』(PHP研究所1994年)
『部下を育てる12の視点-松下幸之助に学ぶ』(経済界1993年)
『経営秘伝~ある経営者から聞いた言葉~』(PHP研究所1992年)
『心はいつもここにある~松下幸之助随聞録~』(PHP研究所1991年)
など多数

 

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。