講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

荒川祐二
(あらかわゆうじ)

作家

大学時代に「自分を変えたい!」という思いで、毎朝6時から日本一汚い場所新宿駅東口の掃除をたった1人で始める。『一緒に掃除してくれる人募集!』と書かれた看板を背負って始まった活動は、まわりの人の心を動かし、ホームレスから始まり、1人また1人と仲間が増え続けた。

 

半年後の2007年5月3日(護美の日)には、全国に呼びかけ一斉にゴミ拾いを開催。全国27カ所、総勢444人の人を集める。その活動は現在も継続され、2010年5月3日には全世界30カ国以上、10万3,036人、2014年5月3日には全世界500カ所以上、総勢15万人以上の全世界ムーブメントに広がっていった。

 

現在は小説家業を行う一方で、通算300回、参加者累計10万人以上に及ぶ全国の学校を中心とした講演活動、イベント、メディア出演等、様々な活動を行っている。

 

登録テーマ・ジャンル

出身・ゆかり

大阪府

主な講演テーマ

「半ケツとゴミ拾い ~一歩を踏み出す勇気~」

「何かしたい・・・。けど、何をしたらいいか分からない」「一歩を踏み出したいけど、中々勇気が出ない」そんな思いを抱えた小・中・高・大学生、そんな年代の子どもを持ち、今時の若者の気持ちに対して悩みを抱える保護者の方々が対象となっています。

 

「夢なし」「自信なし」「希望なし」誰もが認めるダメ男が、日本一汚い新宿でのゴミ拾いを通じて自らの手で、生きる価値を手に入れるまでの笑いと涙のお話です。笑って、泣けて、為になる。舞台を縦横無尽に使った、まるで演劇や舞台を見ているような、全ての人に『1歩を踏み出すきっかけ』となる講演です。

 

「どうせ・・・。だって・・・」「私は何もできないから・・・」「どうせ無理に決まってるし・・・」「ダルい」「俺なんて、私なんて・・・」「めんどくさい」「自信なし、夢なし、希望なし」「自分なんて死んだ方がマシ」こんな言葉ばかりが溢れる、今の社会。「それでも、やっぱり変わりたい」そんなあなたに聴いてほしい。かつての僕がそうだったから。
「自分なんか死んだ方がマシ」心からそう思っていた。「自分を変えたい」そう思っていても、何をすればいのかわからなかった。

 

そんなちっぽけな僕が起こした行動は、誰にでも出来るゴミを拾うという行為。場所は大都会 新宿。時間は毎朝早朝6時。背中には「一緒に掃除してくれる人募集!!」のボロボロの段ボール。しかし、そこにはハプニング。

 

ただゴミを拾うだけのはずがなぜか選んだ場所はヤクザの縄張り。ただゴミを拾うだけのはずが、なぜかプロレスラーに投げ飛ばされる。ただゴミを拾うだけのはずが、なぜか半ケツのホームレスと手を繋ぎ、間接キス。

1か月だけ続けるはずがなぜかエンドレス。1人のはずが気付けば3ヶ月後には40人に。半年後には400人以上に。3年後には10万人以上へ。

 

ただゴミを拾っていただけのはずが、なぜか皇族の前で講演をする事に。「自分なんか死んだ方がマシ」と思っていたはずが気付けば「自分が大好き」に。

この講演は、成功者のありがたいお話ではなく「自信なし」「夢なし」「希望なし」のどこにでもいる1人の大学生が「自分を変えたい!!」という思いを持ち始めてから誰にでも出来る「ゴミ拾い」を通して将来の夢を見つけるまでの、笑いあり涙ありの、ありのままの真実のお話です。すべての若者たちへ。すべての子を持つ親たちへ。伝えたいことは、ただひとつ。『大切なことは一歩を踏み出す勇気』

 

【想定する受講者】
・「何かしたい・・・。けど、何をしたらいいか分からない」
「一歩を踏み出したいけど、中々勇気が出ない」

 

そんな思いを抱えた小・中・高・大学生、そんな年代の子どもを持ち、今時の若者の気持ちに対して悩みを抱える保護者の方々が対象となっています。
※主に中学生や高校生が多いです。

 

【受講者へ提供したいこと】
・「夢なし」「自信なし」「希望なし」誰もが認めるダメ男が、日本一汚い新宿でのゴミ拾いを通じて自らの手で、生きる価値を手に入れるまでの笑いと涙のお話です。笑って、泣けて、為になる。舞台を縦横無尽に使った、まるで演劇や舞台を見ているような、全ての人に『1歩を踏み出すきっかけ』となる講演です。

主な経歴

1986年3月25日生まれ 上智大学経済学部経営学科卒。
大学時代に「自分を変えたい!」という思いで、毎朝6時から日本一汚い場所新宿駅東口の掃除をたった1人で始める。『一緒に掃除してくれる人募集!』と書かれた看板を背負って始まった活動は、まわりの人の心を動かし、ホームレスから始まり、1人また1人と仲間が増え続けた。

 

半年後の2007年5月3日(護美の日)には、全国に呼びかけ一斉にゴミ拾いを開催。全国27カ所、総勢444人の人を集める。その活動は現在も継続され、2010年5月3日には全世界30カ国以上、10万3,036人、2014年5月3日には全世界500カ所以上、総勢15万人以上の全世界ムーブメントに広がっていった。

 

現在は小説家業を行う一方で、通算300回、参加者累計10万人以上に及ぶ全国の学校を中心とした講演活動、イベント、メディア出演等、様々な活動を行っている。

これまでの著書に『半ケツとゴミ拾い』(地湧社)、『ゴミ拾いから見えてきた未来』(美健ガイド社)、『伝え屋』(廣済堂出版)、『NO BORDER 世界を1つに繋ぐ歌』(エベイユ)、『奇跡の紅茶専門店』(マガジンハウス)、『「あの時やっておけばよかった」と、いつまでお前は言うんだ?』、『神風ニート特攻隊』(講談社)がある。

 

2014年6月より、内閣総理大臣夫人 安倍昭恵氏と憲政史上初の首相公邸で行われるネット番組『首相公邸チャンネル』の司会を務めている。

 

【主な講演実績】
静岡県立大学/武蔵野大学/社団法人 善行会/(株)興栄商事/高崎市立中尾中学/横浜高校/中野平中学/都立北多摩高校/杉並区立第4小学校/都立砂川高校/(株)家具の大正堂/神戸松蔭高校/東横学園高校/近江高校/滋賀県警察/松が谷高校/横浜中学/学生団体『229プロジェクト』/北多摩高校/立川第8小学校/(株)古田土会計事務所/中村学園大学/片岡中学/立川高校/国分寺小学校/豊能中学/犬山中学/樹徳高校/樹徳中学/明治大学/中谷中学/上水高校/東根第2中学/荻原星雲会館/沼津第4中学/HIM主催/三河安城日本青年会議所/岡山大学/鏡野中学/アースデイ浜松/下呂市教育委員会/若松高校/帝塚山学院/清水第4中学/可美中学/新庄市立荻野中学/川越西高校/広島大学/沼津第4中学/三ケ日高校/静岡デザイン専門学校/富山大学/北海道学園/和田中学/中郡中学/社会福祉協議会/熱海高校/科学技術高校/中谷中学/柏小学校/富士市立高校/敬和学園/北九州道路サポーター総会/開成館高校/蔵前工業高校/東村山西高校/オイスカ高校/森町立旭丘中学/富山社会福祉協議会/神奈川大学/エクセラン高校/鵜沼中学/佐久間中学/横浜商業高校/東洋中学/岡谷南高校埼/川口工業高校/北星中学/中津川市立阿木高校/愛知川東小学校/日本青年国際交流機構第27回全国大会/三鷹第4中学/小金井私立緑中学校/草津東高校/好文女子学園高校/龍谷富山高校/原中学静岡 由比中学/(株)イーシーセンター/佐賀県主催 CSOカレッジ/(株)サンユー倉庫/山口中学/青年会議所/みなみ野中学/沼津高校中等部/青陵中学/水野中学/島根県立大学/瀬田小学校
始め、これまでに全国の学校を中心に400回以上。

 

 

主な著書

『半ケツとゴミ拾い』(地湧社)
『ゴミ拾いから見えてきた未来』(美健ガイド社)
『伝え屋』(廣済堂出版)
『NO BORDER 世界を1つに繋ぐ歌』(エベイユ)
『奇跡の紅茶専門店』(マガジンハウス)
『「あの時やっておけばよかった」と、いつまでお前は言うんだ』(講談社)
『神風ニート特攻隊』(講談社)

 

【web出演】
ネット番組『首相公邸チャンネル』司会 2014年6月~

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。