仁科亜季子_top

仁科亜季子(にしな あきこ)

肩書き   : 女優
講演テーマ : がん、闘病経験、健康、人生、モチベーション
出身・ゆかり: 東京都
  仁科亜季子氏のプロフィール詳細はこちら

 

 

 

講演内容

 女優・仁科亜季子氏は、歌舞伎界の名優・岩井半四郎氏の次女として生まれ、透明感のある清純派女優として人気を博していました。
 結婚を機に1979年から1998 年まで芸能活動を休止しますが、休止前に出演していた日本テレビ系刑事ドラマ『大都会 闘いの日々』(1976年)、『大都会 PARTⅡ』(1977年)で、渡哲也氏扮する黒岩頼介刑事の妹・恵子を演じ、『-闘いの日々』では、兄が刑事であるために逆恨みの巻き添えになってしまう役柄でしたが、『-PARTⅡ』ではブティックに勤務するデザイナーを演じ、兄を建築士として交際相手に紹介する微笑ましいキャラクターとして、刑事ドラマファンからも高く支持されていました。
 しかし、38歳の時に子宮頸がんを発病。抗がん剤治療に伴う脱毛に悩まされ、その苦しい体験を経たことで「子宮頸癌予防ワクチン接種の公費助成推進実行委員会」の発起人を務めることになり、以来自分と同じような苦しみを味わってほしくないという一念から、ガン検診啓発を呼びかける講演を積極的に開催しています。
 そんな仁科氏の講演は、人生、経験、家族、医学、医療、闘病経験、がん、健康などの内容に及び、「元気な明日のために~がんに負けない~」をテーマに話をしてくれます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!
 講演では、ガンはどのように予防するのか、罹患したらまずどうすればいいのかを中心に話してくれます。さらに、当時幼なかった2人の子どもに対する思いや、抗がん剤の副作用、様々な後遺症に対し、決して希望を見失わず日々を精一杯生きることを伝えてくれます。
 講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、ガン検診の必然性と、正しい知識を身につけることの重要性を知るのです。

 

講演タイトル 「元気な明日のために~がんに負けない~」

 自身の体験談をまじえた、がんの闘病・検診の大事さ・早期発見の大切さなどを皆さんにお伝えします。

 

 

 

 

 

問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー