森永卓郎_top

森永卓郎(もりなが たくろう)

肩書き   : 経済アナリスト、獨協大学経済学部教授
講演テーマ : 経済、消費増税、アベノミクス、ビジネス、経営
出身・ゆかり: 東京都
  森永卓郎氏のプロフィール詳細はこちら

 






 

 

講演内容

 経済評論家・森永卓郎氏は、ニュース、ワイドショー、バラエティ番組で、景気や消費動向、金融・社会政策などを、そのわかりやすい語り口で解説。ほのぼのとした親しみやすいキャラクターは、お茶の間で親しまれています。

 東大経済学部を卒業後、日本専売公社(現・日本たばこ産業)を振り出しに、経済企画庁や各経済研究所、コンサルティング会社等への勤務を経て独立し、「経済アナリスト」の肩書きで評論活動をしています。

 森永氏の主張で最も特徴的な部分は、小泉純一郎首相が提唱・推進してきた「聖域なき構造改革」に反対の立場をとっていることです。

 新自由主義や市場原理主義は構造改革の名を借りた弱者切り捨てだとして強く批判しています。格差社会の弊害として訪れた年収300万円時代を早くから予測し、ワーキングプアが社会問題となったとき、その分析、予測の鋭さが注目されました。

 また、食玩やミニカーをはじめ、様々なジャンルのコレクターでもあるオタクとしても知られ、その風貌とマッチして、他の経済評論家にはない親しみやすさも好評です。

 そんな森永氏の講演は、経済、経営、文化などの分野にわたり、「年収300万円時代を生き抜く経済学」「変化の時代の企業経営」「経済効果の変化~日本経済の長期展望」など。また、トークショーの開催、セミナーでの講義、フォーラムでの討論も披露してくれます。

 年収300万円の暮らしのポイントとしては、見栄を捨てる、週2回はお金を使わない日をつくるなどの具体的な対策も紹介し、電車に乗らない、ペットボトルを買わないなどの日常の工夫や、森永氏ならではの節約買物術など、他の講演では聴けない身近なアイデアを教えてくれます。もちろん、ユニークな内容のトークショー、大きな気付きを与えてくれるセミナー、定見を披露・交換してくれるフォーラムもお薦めです。

 

講演タイトル「激動の日本経済、これからどうなる?」

 講演では最新の経済状況の分析や、今後の展望について分かりやすく解説してくれる。

講演タイトル「変化の時代の企業経営」

 講演では、経済状況にもとづく今後の中小企業経営について、重層的な産業構造のなかで占めるその規模と、常に変化を余儀なくされる業態を理解しながら、的確なアドバイスを行う。

 

 

 






 

 

問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー