宮本慎也_top

宮本慎也(みやもと しんや)

肩書き   : 野球解説者

アテネオリンピック野球日本代表

北京オリンピック野球日本代表 キャプテン

講演テーマ : モチベーション、リーダーシップ、組織論、夢の実現
出身・ゆかり : 大阪府
  宮本慎也氏のプロフィール詳細はこちら

 

お問い合わせ

 

 

講演内容

 アテネオリンピック野球日本代表、北京オリンピック野球日本代表キャプテンとして活躍した野球解説者・宮本慎也氏は、名人芸といわれる守備でゴールデングラブ賞を10回獲得しています。
1994年にドラフト2位で東京ヤクルトスワローズに入団。数々の記録を打ち立て、2005年12月から2008年12月までプロ野球選手会長も務めています。また、スワローズが日本一となった2001年には、67犠打でシーズン最多犠打の日本記録を樹立。また。通算2000本安打を達成しています。
そんな宮本氏の講演は、モチベーション、人生、夢の実現、自己実現、スポーツ、監督・コーチ、スポーツ教室、ビジネス、組織論、リーダーシップなどの内容に及び、「歩(あゆみ) 〜私の生き方・考え方〜」をテーマに話をしてくれます。また、フォーラム、トークショーでの開催もOK。
入団当初から、当時の監督であった野村克也氏から「自衛隊」と渾名されたほどの、堅い守備技術を有し、自身を「脇役の一流」とし、与えられたポジションで果たすべきチームワークの極意を披露。ヤクルトや2度の五輪代表でキャプテンを務めたことに基づくリーダー論も興味深く、講演、フォーラム、トークショーを訪れた人は、現役時代のフィールディングを思わせる絶妙のトークから、多くの気付きを得ることができるのです。

講演タイトル 「意識力 ~意識が変われば、人は大きく成長する~」

 1994年ドラフト2位でスワローズ入団。1年目から守備力を買われ試合に出場。遊撃手としてゴールデングラブを6回受賞、3度のリーグ優勝・日本一に貢献。2012年に257連続守備機会無失策の日本記録を打ち立てるなど三塁手でも4年連続ゴールデングラブ(2009年から2012年)を受賞。2005年12月から2008年12月にはプロ野球選手会長も務めた。また、日本一となった2001年には67犠打でシーズン最多犠打の日本記録を樹立。また通算2000本安打を達成。講演では、モチベーション、リーダーシップなど幅広いテーマを語る。

講演タイトル 「歩(あゆみ) ~私の生き方・考え方~」

オススメポイント

 アテネオリンピック野球日本代表、北京オリンピック野球日本代表キャプテンとして活躍した野球解説者・宮本慎也氏は、名人芸といわれる守備でゴールデングラブ賞を10回獲得しています。 1994年にドラフト2位で東京ヤクルトスワローズに入団。数々の記録を打ち立て、2005年12月から2008年12月までプロ野球選手会長も務めています。また、スワローズが日本一となった2001年には、67犠打でシーズン最多犠打の日本記録を樹立。また。通算2000本安打を達成しています。 そんな宮本氏の講演は、モチベーション、人生、夢の実現、自己実現、スポーツ、監督・コーチ、スポーツ教室、ビジネス、組織論、リーダーシップなどの内容に及び、「歩(あゆみ) ~私の生き方・考え方~」をテーマに話をしてくれます。また、フォーラム、トークショーでの開催もOK。 入団当初から、当時の監督であった野村克也氏から「自衛隊」と渾名されたほどの、堅い守備技術を有し、自身を「脇役の一流」とし、与えられたポジションで果たすべきチームワークの極意を披露。ヤクルトや2度の五輪代表でキャプテンを務めたことに基づくリーダー論も興味深く、講演、フォーラム、トークショーを訪れた人は、現役時代のフィールディングを思わせる絶妙のトークから、多くの気付きを得ることができるのです。

 

 

お問い合わせ

問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー