講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

岩田松雄氏の講演会レポート

外資系コンサルティング会社、日本コカ・コーラ ビバレッジサービス常務執行役員を経て、2000年(株)アトラスの代表取締役に就任。
3期連続赤字企業を見事に再生させる。
2005年には「THE BODY SHOP 」を運営する(株)イオンフォレストの代表取締役社長に就任。
2009年、スターバックスコーヒージャパン(株)のCEOに就任。
「100年後も輝くブランド」に向けて、安定成長へ方向修正。
ANAとの提携、新商品VIA(スティックコーヒー)の発売、店舗内Wi-Fi化、価格改定の実行など次々に改革を実行し、業績を向上。
日本には数少ない“専門経営者”として確固たる実績を上げてきた。

「ミッション経営」〜リーダーに贈る言葉〜

岩田松雄 2013年5月、スターバックス・ジャパンが業績を発表し、売上・純利益等において過去最高益を更新したと報じられました。
上質の商品と快適な空間、時に感動的なまでの接客サービスにより、多くの利用者の支持を集めています。

今やアルバイト先・就職先としての人気はもちろん、同社での就業経験が就職活動において大いに評価されるといわれるほど、 企業ブランドの価値は高まっています。
その成功の秘訣とは。

 

スターバックス・ジャパン前CEO・岩田松雄氏の講演会は、多くの気づきを与えてくれるものでした。

企業の経営者層を対象とするセミナーで、会場はほぼ一杯。
パワーポイントによるスライドをご自身で操作されながら、 その経営哲学の根幹となる「ミッション経営」について、お話をされました。

「企業は世の中を良くするためにある」

岩田松雄講演序盤は、日産自動車入社からアメリカのビジネススクール留学を経て、専門経営者へと歩まれてこられた自身の経歴を振り返ります。
かつてビジネススクールで教えられた利益追求型の経営論に対し、 どこか違和感をぬぐえなかったという岩田氏。
帰国後、日本で企業の社長として活動される中でふと啓示のように降りてきた、

「企業とは世の中を良くするためにある」という思いに、得心されたと語られました。

 

そして講演の後半では企業の存在理由であり、経営理念たるこのミッションに基づく経営の効能についてスターバックスでの事例をもとに、分かりやすく解説を行って頂きました。その具体的な取り組みについては、講演会でのお楽しみ。

 

聴講者の方々からは、

「とても参考になった」
「大いに刺激を受けた」

といった感想が多く寄せられ、
主催者様も大変満足される講演会となりました。

 

 

岩田松雄

講演の元となる渾身の著書『ミッション』も是非オススメです!

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。