ゼンジー北京(ぜんじーぺきん)

コミック・マジシャン

【主な講演テーマ】

・『心の遊び』~マジックで心も身体も健康~
・『発想の転換』~基本の裏側にはヒントがある~

【登録テーマ】
【出身地】 広島県

講師プロフィール

1958年にゼンジー中村に師事。「中国は広島生まれ!」チャイナ服と片言の日本語で進めるオリジナリティ溢れるマジックで大ブレイク。

今までの見せるマジックから中国なまりのおしゃべりで、観客を煙に巻く新しいスタイルのコミック・マジックで一世風靡する。

また1984年に名前の由来でもある中国・北京で公演。公演の模様は、フジテレビ「花王名人劇場」で放送される。

同年、上方お笑い大賞・金賞を受賞する。1985年に大阪・サンケイホールにて芸能生活25周年を記念してリサイタルを開催。
この模様も読売テレビで特別番組として放送される。

1993年に本人の念願でもあった、子どもに見せる手品集『ゼンジー北京のマジック~子供に見せる手品集~』をひかりのくにより出版。イラストを友人の故赤塚不二男先生が協力。

現在も日本全国の色々なステージで活躍を続ける。

 

芸歴

昭和33年 ゼンジー中村に師事

昭和38年 角座初舞台

昭和59年 念願の 中国北京にて公演。

>>>>>>>第13回上方お笑い大賞 金賞受賞

昭和60年 芸能生活25周年リサイタル開催

平成 5年>ひかりのくに(株)より

>>>>>>「ゼンジー北京のマジック」

~子供に見せる手品集~出版

平成16年 大阪市市民表彰 文化功労部門を受賞

 

講演テーマ

①『心の遊び』~マジックで心も身体も健康~

好きな手品を仕事として出来る喜びと、毎日5kmのランニングが健康の秘訣。

ゼンジー北京が楽しいマジック、誰でも出来る簡単マジック等を通して綴る手品人生と健康法を語ります。あなたもマジックを覚えて、楽しいマジックライフを!

 

②『発想の転換』~基本の裏側にはヒントがある~

北京のマジックは、タネ明かしと笑いを取り入れるため、一から自分で考えオリジナルのマジックを作らなければなりません。

マジックを創作する上で、物事を色々な角度から見ることによってヒントあり。その発想法を伝授!!

あらゆる面で役立つゼンジー北京の発想の転換による発想法!

 

講演内容

 コミック・マジシャンの草分け、代名詞といわれるゼンジー北京氏。

 「ワタシ中国ハ広島のウマレアルヨ!」(中華人民共和国と日本の中国地方をかけたギャグ)などの、中国人が片言の日本語を話す時などに用いられる「~アルヨ」などの協和語に似た表現を駆使し、コミック・マジシャンの草分け、代名詞といわれているゼンジー北京氏。

 テクニックを披露するだけのマジックではなく、わざとタネがバレるように演じて笑いを取り、締めには本格的マジックを披露するというその芸風は、多くのマジシャンの手本となりました。

 そんな北京氏の講演は、健康、芸能などの内容に及び、「『心の遊び』~マジックで心も身体も健康~」「『発想の転換』~基本の裏側にはヒントがある~」などのテーマを話してくれます。また、セミナー、トークショーでの開催もOK!

 講演、セミナー、トークショーでは、マジックの面白さとともに、余興でも使える簡単なマジック等を伝授。笑いと手品を通して、明るく健康的に生きる方法を語ってくれます。

 さらに、笑いとタネとテクニックの三拍子が求められる北京氏のマジックは、他のマジシャンにはない独創性が必要となるため、常に物事をユニークな角度から見ることによって、ネタを生み出しています。講演、セミナー、トークショーでは、その独特の視点、発想の転換法も指導してくれます。

主な出演情報

NHK「笑いがいちばん」「生活笑百科」「上方演芸ホール」 KTV「花王名人劇場」

NTV「笑点」「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」 NET「徹子の部屋」「さんまのなんでもダービー」

CX 「ザッツ・エンゲイテイメント」 YTV「お笑いネットワーク」 TBS「そこがヘンだよ日本人」

受賞

昭和59年 第13回上方お笑い大賞 金賞受賞

平成16年 大阪市市民表彰 文化功労部門 他

著書

『ゼンジー北京のマジック~子供に見せる手品集~』

出版:ひかりのくに(株)*この著書を出版にあたり、イラストを友人の故赤塚不二男先生が協力

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー