湯原昌幸(ゆはらまさゆき)

歌手
タレント

【主な講演テーマ】

「人生半分~歌暦~」
「大人のホームルーム」
「由美子夫人とのトーク&ライブ」

【登録テーマ】
【出身地】 茨城県

講師プロフィール

1947年茨城県牛久市生まれ。
1964年、バンド界の名門「スウィング・ウエスト」に入団。
グループ・サウンズ・ブームの中、司会とボーカルを担当し、現在の活動の基礎を築いた。
バンドのオリジナル曲だった『雨のバラード』はその後、ソロ・シンガーとしてのデビュー曲でも有り、1971年暮には「120万枚」を突破する大ヒットとなり、その後様々な賞を獲得した。
バンド時代から、歌、明快な司会のパワーは群を抜いており、同世代には勿論の事、老若男女の広いファン層を持つ。

1983年にタレントで女優の荒木由美子と13歳の年の差婚でも話題に。
夫人とのおしどり夫婦ぶりは広く知られており、TV番組でも賑わしている。

湯原の母が結婚後わずか2週間で倒れ、その後重度の認知症も併発していき、20年に渡って夫婦で介護したことでも知られている。

歌手という枠にとらわれず司会、存在感のある演技力などを生かし、今後もマルチタレントの「パイオニア」として各ジャンルでの活躍が期待される。

 

講演内容

 歌手・タレントの湯原昌幸氏は、バンド「スウィング・ウエスト」のボーカルを経て、1970年『見知らぬ世界』でソロ歌手としてデビュー。

 翌1971年にリリースした『雨のバラード』がレコード売上げ120万枚の大ヒットとなり、人気歌手の仲間入りを果たします。その後『北の盛り場』などのヒット曲に恵まれますが、その明るいキャラクターは、歌手活動以外にも、タレントして大いに評価されました。

 俳優として、多くの映画やテレビドラマに出演する傍ら、社会現象ともいわれるほどの人気を博した日本テレビ系バラエティ番組『うわさのチャンネル!!』(日本テレビ)などでは司会者としても活躍。タレント・せんだみつお氏との名コンビぶりが大いに話題となり、タレントとしての地位が不動のものになったといってもよいほどの人気ぶりでした。

 さらに、私生活では、1983年にタレント・女優の荒木由美子氏と結婚。当時湯原氏は36歳で、荒木氏は23歳。美人女優との13歳の年の差カップル誕生として、大いに話題になりました。

 湯原氏の講演は、介護、芸能などの内容に及びます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!

 結婚してわずか2週間後に、実母が病に倒れ、介護生活を余儀なくされます。さらに、5年後には認知症も発症。症状が悪化する一方でも、湯原氏は実際に介護に当たる荒木氏に対し、「由美ちゃん、ありがとう」「悪いね」といったねぎらいと感謝の言葉を、常に欠かさなかったといいます。

 2003年1月実母は86歳で他界し介護生活の幕は閉じますが、介護の壮絶な現実を赤裸々に語ってくれます。夫として自分の母親を介護してくれる妻に対し、感謝の心を忘れず、必ず言葉に出して伝える重要性などを示し、講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた同じ悩みを持つ多くの人を励ましてくれます。

講演テーマ

「大人のホームルーム」

石の上にも27年、寄り添って28年目。
育った環境も生活も違う”アカの他人同士”が一緒になり、両親よりも長く生活を
共にしてきた「おしどり夫婦」と称されるこの二人にも、数々の問題がありました。
例えば、「介護・子育て・経済的苦悩・病気・笑顔が消えた日・・・」等。
・なぜこの二人は乗越えられたのか。
・どうやって乗越えられたのか
・別居、離婚を考えたことはないのか
・湯原&荒木夫婦流の互いをリスペクトし合える「夫婦の絆」とは。
二人が歩んできた結婚生活のエピソードや、夫婦の絆・人生をテーマにした歌をお聞き頂くことで、
「夫婦の幸せの形」、夫婦間、家族間で抱えている問題の「解決の糸口」が見つかるトーク&ライブです。

 

「人生半分~歌暦~」

自分が産まれた家庭のこと、音楽に芽生えたきっかけから、グループサウンズ~ソロ活動へ。
そして、荒木由美子との出会い~結婚。
母の介護生活と仕事があまりなかった苦境→介護を終え今現在思う事(夫婦力22章の話)
湯原昌幸の形成・荒木由美子という人・家族の絆 この3つの大きな枠をテーマに、歌を交えて話しを致します。

※由美子夫人とのトーク&ライブも好評です!

 

活動実績

TV

レギュラー番組
チバテレビ
「カラオケ大賞21」司会

その他出演番組
司会
「ハイ&ハロー」
「うわさのチャンネル」
「リビング・イレブン」他
ドラマ
「怒れ!求馬」
「その時妻は2」
「水戸黄門スペシャル」
「エスパー魔美」
「さかなちゃん」他
情報番組
「スッキリ!」
「レディース4」他
パネラー
「なるほどザ・ワールド」
「わくわく動物ランド」
バラエティ
「湯原・せんみつドット30」
「欽ドン」
「土曜スペシャル」
「田舎に泊まろう」
トーク番組
「徹子の部屋」
「いつみても波乱万丈」
他多数出演

 

CM

花王「トイレ・クイックル」夫婦で共演
明星「うまかめん」
カルビー「ポテトチップス」
沖電気「かわら版」
シャープ「ハイクッカー」
コクヨ「ひっつき虫」
「ハイゲルサロンパス」他

 

映画

「男はつらいよ」
「トラック野郎」シリーズ
「二百三高地」
「坊ちゃん」
「新・若大将シリーズ」
「男の腕だめしシリーズ」
「GSワンダーランド」

 

舞台

座長公演「ゆめ花火」

 

CD

シングル
1970年 見知らぬ世界 (c/w 二人で歩こう)
1971年 雨のバラード (c/w 今にわかるわ)
  愛があれば (c/w ある雨の日の想い出)
  愛の影 (c/w 霧の街角)
  裏窓 (c/w あなたに捧げる詩)
  君はいない (c/w 二人の教会)
  求婚(プロポーズ) (c/w ある夜の出来事)
1973年 北の盛り場 (c/w 女の部屋)
1974年 街はずれの酒場で (c/w 涙の最終便)
  エアポート (c/w 悲恋ホテル)
1975年 昨日の女 (c/w 私の意地)
  がんばれ長嶋ジャイアンツ (c/w 男・長嶋ジャイアンツ)
  旅占い (c/w 本気にならないで)
1976年 横浜こぬか雨 (c/w 決意)
1977年 あなたセ・ラ・ヴィ (c/w ステップ・バイ・ステップ)
1981年 黒い花びら (c/w 酒場の女)
1983年 笑ってくれるな (c/w 鯉太郎華の旅)
1997年 時間(とき)を止めて (c/w 主役)
1999年 嘘でもいいの (c/w あなたに薔薇よりくちびるを)
2001年 人生半分 (c/w ラーメンどんぶり流れ唄)
2002年 夢なかば (c/w 雨のバラード)
2003年 冬桜 (c/w ナツメロ BOY’S)
  都忘れ (c/w 一途人)
2007年 柚子 (c/w 道)
2009年 蝉しぐれ (c/w 途中下車)

CD

アルバム

雨のバラード
輝く愛の世界
街はずれの酒場で/北の盛り場
1974年
湯原昌幸/エアポート
1993年
ゴールデンメモリアル・アルバム/ザ・コントラスト
2001年
スーパーベスト/人生半分
2005年
冬桜 湯原昌幸 全曲集
2007年
途中駅~Never Ending Life~
2008年
湯原昌幸全曲集~柚子~

 

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー