吉田雄人(よしだゆうと)

元 神奈川県横須賀市長

【主な講演テーマ】

「やれば、できる!『完全無所属市長だからこそ、できたこと』」
「マイナスをプラスへ!」

【登録テーマ】
【出身地】 神奈川県

講師プロフィール

【略歴】
 1975年12月3日生まれ。横須賀市出身。いて座のA型、干支は卯
 1994年3月 神奈川県立横須賀高等学校を卒業。
 1999年3月 早稲田大学政経学部政治学科を卒業。
 同年 イギリス・ロンドン短期留学(約3カ月)。
 2002年2月 アクセンチュア株式会社を退社。
 2003年4月 横須賀市議会議員選挙において初当選。
 2006年3月 早稲田大学大学院政治学研究科修士課程(政治学専攻)を修了。
 2007年4月 横須賀市議会議員選挙において再選。
 2009年7月 横須賀市長に初当選。第35代横須賀市長となる。
 2013年7月 再選。2017年7月退任まで、完全無所属を貫いた。

 

講演テーマ

「やれば、できる!『完全無所属市長だからこそ、できたこと』」
政党の支援を受けずに当選をして8年間。議会やマスコミからは叩かれることはあっても、市民生活の現場に足を運び、切実な声に耳を傾け、職員のやる気を引き出しながら、横須賀市を前に進めて来ました。具体的な事例として、全国1位となった「在宅死亡率」をはじめ、全国初のソーシャルインパクトボンドという手法での財源調達や、一人暮らし高齢者の亡くなられた後の「没後相談」の開始、虐待を受けた子供たちへの就学・就労支援、新たな企業誘致の形としてのヨコスカバレー構想の立ち上げなどを交えながら、自治体経営に関わるヒントを提供します。

 

「マイナスをプラスへ!」
「基地を活用した横須賀の取り組み」マイナスイメージで語られていた「基地の街」を、新たに都市資源としてプラスに転じた施策を、横須賀市で進めて来ました。
たとえば、米海軍基地の中にある大学への留学制度や、地元の商店街で「ドル」の利用を可能にした取り組み、ホームステイならぬホームビジット事業の立ち上げなど、事例を交えながら発想の転換へのヒントを提供します。

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー