吉田美紀(よしだみき)

接客販売
営業専門コンサルタント

【主な講演テーマ】

「『ありがとう』は自ら勝ち獲るモノ!」
「真夏にカシミヤコートを売る」質問力
「タイプ別分析でお客様の心を
  コントロールするメンタリング技術」

【登録テーマ】
【出身地】 愛知県

講師プロフィール

前職AOKIホールディングスにて、2006年〜2011年まで全社連続6年間
トップ販売員として表彰される。全社12名のAOKI認定講師として、
全国でAOKI社員向けスキルアップ研修を開催。新規商品、
「レデイーススーツ販売」のノウハウを全社に波及した結果、
前年比200%アップを実現。

2012年に接客販売・営業専門コンサルタントとして独立。

2016年社名改め、オフィスよしだ株式会社設立。

アパレル、ドラッグストア、ハウスメーカー、美容業界、自動車販売、
キャバクラなどお客様対応を行う、全ての業種で顧客作り、
成約率、買上点数、客単価UP、高額商品販売クレーム減少、をテーマに
研修だけではなく、現場改善やセミナー・講演を講師とコンサルタントの枠を越えた行動心理学、
メンタリングに基づいたロジカルな手法を切り口にした実践的講義に定評がある。

講演テーマ

「『ありがとう』は自ら勝ち獲るモノ!」

販売や営業の一番上にある目的は売上を上げることです。
しかし、その前になくてはいけないのが「ありがとう」を自ら獲りに行くことなのです。
自ら勝ち獲るとは、戦術を考えて意識的に行動することでいただく「ありがとう」のことです。
今、日本はモノで溢れています。どうしても必要でモノを買いに行くことが少なくなりました。
その中で必要以上に買っていただく為には、
お客様に販売員・営業マン・個を好きなっていただかなければならないのです。

そのために必要なのが「ありがとう」をたくさん勝ち獲ることなのです。
メンタリングで言う返報性の法則です。

お客様がありがとうをたくさん感じれば、相手を信頼、好きになります。
そして、好きな人の言うことは否定しにくくなり成約につなげることが出来るのです。

さらに、離職率を止めることにもつながるのです。
なぜかと言うと、自ら「ありがとう」を勝ち獲ることで、
小さな成功体験を積みドンドン自信が生まれ、
仕事にやりがいを感じモチベーションが上がり、成果に結び付くからです。

現在の若手社員は失敗体験も成功体験も積むチャンスが少なくなっています。
なぜなら、客数が減少しており接客数が少なくなっているからです。
その中で成果を求められても成果は出ない。仕事が面白くない。
3年未満で退職と言うことが現場で多発しているのです。

この講演では「ありがとう」を自ら勝ち獲り、
「売上」も自ら勝ち獲ることで仕事の面白さと主体的行動の意味を知っていただきます。

「ありがとう」を自ら勝ち獲ることは販売員、営業マンが売上を上げ続ける為には、
重要なミッションなのです。

 

「真夏にカシミヤコートを売る」質問力

質の高い質問をすることで、販売力、営業力、在庫コントロール、顧客獲得につながるのです。
組織で利益を生むには、お客様が欲しい商品だけを売っていてはいけません。
組織が売りたい商品も売ることが必須なのです。

そのためには「どうしたら売れるのか?」ではなく、
「どうしたら買いたくなるのか?」なのです。

自分に指が向いていては売れないのです。
指はお客様の方向に向けどうしたら、買いたくなるのか?

この買いたくさせることが出来るスキルが「真夏にカシミヤコートを売る」質問力なのです。

真夏、7月〜9月の真夏にカシミヤコートを買いに来る人はいません。
しかし、売らなけれ利益が生まれないのです。
そこでお客様のお困りごとを探す3つの質問をお客様に投げかけ、買いたくなる理由を決めるのです。

(1)「毎日スーツはお召になるのですか?」

(2)「通勤はお車ですか?」

(3)「出張はよくあるのですか?」

このようにライフスタイルを質問をたくさんすることで、
お客様に必要な商品を決める切り口が見つかります。
これが信頼関係を築くカウンセリング接客なのです。

そうなのです。お客様に必要な商品は一番、種類や品質を知っている販売員や営業マンが決めるのです。
この講演では、質問を作る考え方、販売員や営業マンの本当の役割を知っていただきます。

 

「タイプ別分析でお客様の心をコントロールするメンタリング技術」

売れる販売員と売れない販売員には明確な違いがあります。
それは、売れる販売員はお客様が求めていることをやり続けます。
では売れない販売員とは、自分のやりたいことをやり続けます。

ではどうしたら、個々のお客様が求めていることを見つけることが出来るのでしょうか?
それは、お客様を観察し分析するメンタリング、行動心理学を使うのです。
メンタリングは観察→分析→信頼関係→コントロールの技術を使いお客様を観察しタイプ別に分析し、
コントロールし成果につなげていきます。

相手を大きく4つのタイプに分け、言葉、声のトーン、話すスピード、
行動、事例、あいづち、笑顔の回数等を使い分け、信頼関係を築き、
最終売上、顧客化につなげるロジカルな戦術なのです。

講演実績

AOKIホールディングス
セキスイハイム岡山
株式会社スズキ
レデイ薬局
ピーアップ株式会社
MILBON株式会社
上飯田リハビリテーション病院
新和自動車
高山グリーンホテル
愛知銀行・株式会社システムリサーチ・株式会社矢野

講演会来聴者アンケート

・お客様のタイプ別分析(できすぎ君、ジャイアン、しずかちゃん、のび太君)の対応は
ぜひ現場で取り入れて、信頼関係を結べるお客様を増やしていきます。【宝石卸売業】

・今まで、自分の話したいことを話していることが多い事に気付きました。
今後はもっとお客様にライフスタイルの質問をして行こうと思います。【自動車販売】

・すごく分かりやすかったです。
体験されてきたことをもとに話してくださったので自分に置き換えて
イメージすることができました。【ハウスメーカー勤務】

・お客様が求めていることを考える。
基本的なことだけど忘れていました。【携帯ショップ勤務】

メディア情報

【著書】
「買わせる極意」講談社 2016/4/12 出版

接客販売や営業は誰でもなれます。そしてそこそこ売ることができます。
しかし、簡単にNo.1にはなれません。
ですが、この「買わせる極意」を読んで実行すれば、誰もがNo.1になれるのです。

接客販売にはおもてなしの心や、笑顔やお辞儀の角度が必要だと言われて来ました。
しかし、お辞儀の角度だけではモノは売れない!
販売や営業でNo1を出すには頭で考え、意識的に行動するのです。
そうすれば、必ずあなたでも結果を出すことができます。

自己PR

私は資格と言える資格は持っていません。
あるのは色彩検定3級と自動二輪の中型免許ぐらいだけです。
まさに現場上がりの職人です。
だから知っています。笑顔やお辞儀の角度やおもてなしの心だけでは売上は勝ち獲れない。

マナーが良くて感じが良い人だけではダメなんです。
その後、お客様の大切なお金を出させ、ファンにつなげるのです。

こんなすごいスキルの高い仕事をしてきました。
みなさんたちにも、気づいて欲しい。知って欲しい。そして行動して欲しい。

仕事の素晴らしさを…
こんな暑苦しい「炎の販売員」が今「炎のコンサルタント」を生業にしております。

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー