ヨネスケ(よねすけ)

・ 落語家
・ タレント
・ リポーター

【主な講演テーマ】

「晩ごはんから見る日本の食文化」
「素晴らしき日本の文化~子供・孫・ひ孫へ伝える~」

【登録テーマ】
【出身地】 千葉県

講師プロフィール

千葉県市原市出身。
高校卒業後、1967(昭和42)年、桂米丸に弟子入り。
内弟子として噺はもちろんのこと、箸の上げ下げから礼儀を仕込まれる。
1967(昭和42)年、浅草演芸ホールでデビュー。
1971(昭和46)年4月、二つ目に昇進。
1981(昭和56)年10月、真打に昇進。
1982(昭和57)年1月、放送演芸大賞ホープ賞を受賞。

その人情味溢れるキャラクターで幅広い年齢層に親しまれ、日本テレビの「突撃!隣の晩ごはん」では、全国津々浦々の家庭にいきなり訪問。アポなし訪問ながら、最終的に歓迎されてしまうのは、やはりヨネスケの人柄によるものでしょう。また、その話芸はもちろんのこと、そこから繰り出されるヨネスケ独特の野球論は、ジャイアンツのファンだけでなく、野球ファン全体をも魅了している。
本職である落語では、ヨネスケ流「野球落語」を創作、披露している。
寄席も数多くこなし、講演会やトークショーも「突撃!隣の晩ごはん」の裏話や「スポーツ」などをテーマに全国各所にて行っており、今後もジャンルを超えた大いなる活躍が期待される。

 

講演テーマ

 「晩ごはんから見る日本の食文化」
「素晴らしき日本の文化~子供・孫・ひ孫へ伝える~」

 

講演内容

 明るく親しみやすいキャラクターで、幅広い年齢層に人気を誇る落語家、タレントのヨネスケ氏。日本テレビ系のワイドショー『ルックルックこんにちは』のワンコーナー「突撃!隣の晩ごはん」でのリポーターは、その代名詞ともいえるもの。

 「突撃!―」は、『ルックルック―』以降、各ワイドショーのワンコーナーとして引き継がれ、ヨネスケ氏は全国津々浦々の家庭にいきなり訪問し、晩ごはんのメニューを紹介。晩ごはんを食べていると、いつかヨネスケが来るぞと言われるまでに、人気が浸透しました。

  “本業”の落語では、桂米助として新作を高座にかけ、野球好きで大の巨人ファンであることから、自身の創作落語も野球ネタが多く、落語ファン以外にもその軽妙な語り口が親しまれています。

 ヨネスケ氏の講演は、芸能、文化を主な内容とします。もちろん、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK。

 「暑い夏に、クーラーつけて涼むのは文明。打ち水をしてすだれをかけてソーメンでも食べて熱さを凌ぐのは文化」というように、日常のさまざまな出来事を分かりやすい例え話で解説してくれ、日本人の本来のあるべき姿を示してくれます。

 さらに、「文明にばかり頼ると脳は退化する。しかし、文化を発展させようと知恵を絞れば脳は発達する」と訴え、戦後、日本は文明国家の道を歩みアメリカ化していきましたが、本来は文化国家であるべきということを、ヨネスケ氏の講演、フォーラム、セミナー、トークショーから知ることができるのです。

メディア

TV

日本テレビ「NEWSリアルタイム(突撃リアル!隣の晩ごはん)」 「ラジかるッ」木曜日レギュラー、 テレビ朝日 「旅の香り」 他多数

 

雑誌

NHKサービスセンター 「NHKウィークリーステラ・エッセイ~メジャーリーグ夢舞台~」

LIVE

人間の翼~最後のキャッチボール~(文部省推薦映画)
スーパーの女(伊丹プロダクション)
釣りバカ日誌17(松竹系)

 

映画

人間の翼~最後のキャッチボール~(文部省推薦映画)
スーパーの女(伊丹プロダクション)
釣りバカ日誌17(松竹系)

著書

『ごはん―「突撃!隣の晩ごはん」はあなたに幸福をもたらす!』

 著者の代名詞ともいえる番組での様々なエピソードを紹介。特に、番組で紹介できなかった裏話や、それぞれの特徴が反映された全国各地の食卓風景は、飾らない親しみやすさがあります。
 誰からも親しまれる著者の人柄や、取材に協力してくれた各家庭の温かいエピソードは、文字通り「ごはんが幸せをもたらす」ことを実感させてくれます。
 著者が自分自身の家に突撃した話は、まさに爆笑エピソードであり、ほのぼのとしたペーソスに溢れたエッセイです。

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー