矢内理絵子(やうちりえこ)

将棋女流棋士 女流五段

【主な講演テーマ】

「ひらめき~勝負を左右する思考と決断」

【登録テーマ】
【出身地】 埼玉県

講師プロフィール

1980年1月10日生まれ。埼玉県行田市出身。
8歳で父親に将棋を教わる。関根茂9段門下。90年に女流育成会に入会をし、93年4月プロ棋士になる。
2006年に第32期女流名人位を獲得、続く第33期、第34期も防衛を果たし女流名人位3連覇を果たすなど、これまでにタイトルを多数獲得している。2013年4月に女流棋士会会長に就任。行田市の観光大使も務める。
2013年冬学期から、東京大学大学院総合文化研究科客員准教授に就任。

 

【タイトル履歴】
女王       2期(第1、2期-2008、9年度)
女流名人          3期(第32期-第34期 2005年~2007年度)
女流王位          1期(第8期-1997年度)
登場回数合計    17回
獲得合計            6期

 

2009年7月に茂木健一郎氏との共著『女脳~ひらめきと勝負強さの秘密』(講談社)を上梓。

 

 

講演テーマ

 『ひらめき~勝負を左右する思考と決断』
将棋の世界では「ひらめき」や「直感」と言った『思考』が最も重要だと感じています。
この思考が勝負に勝つための「魔法のちから」になっています。日々の生活やビジネスの中でも、判断に迷うような事はないでしょうか?その様な時に将棋独特の思考法を身につけておけば問題解決の糸口になるのではないかと考えています。
この講演の中で、私が将棋を通して学んだ「脳力」の鍛え方から「ひらめき」や「直感」といった『魔法のちから』を発揮する方法をお話しいたします。

 

●思考沈黙・・・目に見えない思考の世界 
●直感とは・・・思いつき・勘とは違うもの 
●なぜ人は迷うのか・・・正しい判断をするために 
●『脳力』の鍛え方・・・失敗を反省する事から始まる
●勝負に勝つためには・・・引き出しを多く持て 
●モチベーションを保つ方法・・・失敗した時の対処法 
●限界をつくるな・・・自分の力を信じて 
●ひらめきは魔法のちから 

 

※以上の項目はこれまでの一例ですので、実際の講演内容とは異なる場合がございます。

 

 

主な活動

【テレビ・ラジオ】
NHK Eテレ「NHK杯テレビ将棋トーナメント」

 

【著書】
「女脳~ひらめきと勝負強さの秘密」<共著/茂木健一郎>(講談社)
矢内理絵子の振り飛車破り(毎日コミュニケーションズ)

 

【表彰など】

第33回将棋大賞(2005年度) 最優秀女流棋士賞
第34回将棋大賞(2006年度) 最優秀女流棋士賞
第35回将棋大賞(2007年度) 女流棋士賞
2007年2月 第2回さいたま輝き萩野吟子賞
2008年7月 行田市観光大使

 

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師コーチングテーマの講師モチベーションテーマの講師人気講師ランキングオススメ講師ランキング
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー