梁川厚子(やながわあつこ)

・医師

【主な講演テーマ】

「女医の娘でさえうまくできていないスキンケア・・肌荒れ、ニキビだらけ」

【登録テーマ】
【出身地】 大阪府

講師プロフィール

大阪府出身。1998年度 準ミス日本。
1999年愛知医科大学医学部卒業。
美容外科クリニックにて多くの症例の美容、 外科手術、美容皮膚科治療を担当。
2007年7月大阪堺筋本町にて、美容外科・美容皮膚科・ 形成外科『ヤナガワ クリニック』を開業。

略歴

1998~99年
 ミス日本関西地区代表
1998年度
 準ミス日本
1999年3月
 愛知医科大学医学部卒業
1999年5月
 大学病院形成外科にて研修
2002年2月
 大学関連病院 勤務
2003年5月~
 美容外科クリニックにて多くの症例の美容、外科手術、美容皮膚科治療を担当
2006年10月
 さかえクリニック 非常勤医師として勤務
2007年7月
 大阪堺筋本町にて、美容外科・美容皮膚科・形成外科『あつこクリニック』を開業
2013年6月
 心斎橋に移転

講演タイトル

「女医の娘でさえうまくできていないスキンケア・・肌荒れ、ニキビだらけ」

小・中学生が当たり前のようにメイクをして、香水を使い、当たり前のようにスキンケア製品を買う時代。
ある日、自分の娘が中学生にして肌荒れを起こしておるのを見つけ、美容皮膚科女医である自らが指導をした。
小中学生はあまり細かいことを考えていない。母親もこの時期特有の肌事情などをわかっていない。
肌が回復してきた娘を見たママ友から多くの質問をもらい。きちんとお伝えしたいと考えた。
大阪心斎橋で美容皮膚科「ヤナガワクリニック」を開業する院長が親と子供、
若い世代に贈る「美肌スキンケアの絶対法則」をお伝えします。

 

▼ココがオススメ!

 梁川厚子氏は、美容外科・美容皮膚科・形成外科医として、2007年7月に大阪市に「ヤナガワクリニック」を開業し、多くの症例にあたっています。すべての患者に対して、いつまでも美しく笑顔でいられる治療を実践。それは、「自分自身が受けたい、受けている治療を提供する」をコンセプトで、悩みについて親身になり一緒に考え、患者一人ひとりとのコミュニケーションを大切にすることを最重要に捉えた結果です。 また、メディカルエステについても積極的に推進し、医療でしかできないエステを充実。特に、頭皮、頭髪に関する施術を行い、男性のみならず薄毛に悩む女性に救いの手を差し伸べています。  そんな梁川氏の講演は、医学、美容、アンチエイジング、健康などの内容に及び、「女医の娘でさえうまくできていないスキンケア・・肌荒れ、ニキビだらけ」というテーマの話をしてくれます。また、トークショーでの開催もOK。  いまや、美肌スキンケアは、女子小中学生でも行うものであり、正しい知識なくして施せば肌荒れを招くため、専門的指導が要求されます。講演、トークショーを訪れた人は、美と健康は、個々の被験者の経験値を寄せ集めによるものではなく、医療が果たすべき新しいジャンルとしてその可能性と将来性が大いに注目され、期待が寄せされていることを知るのです。

 

メディア実績

雑誌

美ST
25ans(ヴァンサンカン)
美的
Hanako WEST
Grazia
GLOW
VoCE
週間女性 他多数。

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師コーチングテーマの講師モチベーションテーマの講師人気講師ランキングオススメ講師ランキング
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー