山本隆弘(やまもとたかひろ)

元バレーボール全日本選手

【主な講演テーマ】

「意志力」

【登録テーマ】
【出身地】 鳥取県

講師プロフィール

生年月日:1978年7月12日
出身校:鳥取商業高等学校 日本体育大学

中学一年でバレーを始め、その後、バレーボールの名門鳥取商業高校へ進学。
一年からレギュラーに抜擢され、全国大会に出場。
バレーボール全日本ジュニア代表や全日本ユース代表にも選出される。
その後、日本体育大学に進学し、全日本代表に選出され、2000年4月の日米対抗戦でエースとして日本デビューを果たす。
卒業後は松下電器産業株式会社に入社し、パナソニックパンサーズに所属する。
サウスポーから繰り出す強烈なスパイクを武器に、2003年のワールドカップでは、ベストスコアラーとMVPを獲得するなど日本のエースとして活躍する。
2004年日本人バレーボール選手としては初めてプロ契約を結び、プロバレーボール選手となる。
そして日本中の期待を背負って臨んだアテネオリンピック予選、惜しくも本大会への出場は逃してしまった。
その後、2年ほど日本代表から離れるが、2006年に代表復帰。
アテネの雪辱に燃える2008年の北京オリンピック。見事チームを本大会へと導いた。
2011年のロンドンオリンピック日本代表にもチームのまとめ役として日本代表に選出。
2回連続のオリンピック出場を目指したが、予選敗退で本大会出場は叶わなかった。
2012/2013年シーズンをもって現役を引退。
バレーボールで培った経験を生かし、バレーボールの解説や普及活動、メディア出演等で活躍中。
2014年1月よりVリーグの排球アンバサダーに就任する 。

 

 

講演タイトル

「意志力」

 

 

 

▼ココがオススメ!

 元バレーボール全日本選手・山本隆弘氏は、2004年日本人としては初めてプロ契約を結び、プロバレーボール選手となります。プロ選手はケガをして選手登録を抹消されても、引退に至っても、会社はなにも保障してくれません。しかし、保険をかけず「自分を追い込んだほうがいい結果につながる」として、プロの道を歩み始めます。  そして、2008年の北京オリンピックでは、日本代表の一人として、見事チームを本大会へと導きます。引退後は、2014年1月よりVリーグの排球アンバサダーに就任。バレーボールの解説や普及活動でも活躍しています。 プロ選手と歩んだことが、現役後のセカンドキャリアにおいて、後進のための道を作らなければいけないという使命感に駆られたという山本氏。それを、これからバレーのプロ選手になりたいという選手たちに、明確化していないと、プロ志望の選手がいなくなってしまうとも。 そんな山本氏の講演は、モチベーション、人生、夢の実現、経験、自己実現、スポーツ、オリンピック、バレーボール、ワールドカップなどの内容に及び、「意志力」をテーマに話をしてくれます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK。 講演テーマでもある「意志力」は、「志を持ち続けていれば、どれだけ回り道をしてもそこにたどり着ける」という力を示したもので、講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人には、バレーボールで培った、どんな辛いことも乗り越えるための意志力の重要性を教えてくれます。

 

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師コーチングテーマの講師モチベーションテーマの講師人気講師ランキングオススメ講師ランキング
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー