山口義行(やまぐちよしゆき)

立教大学経済学部 教授
スモールサン(中小企業サポートネットワーク)主宰
政策工房J-Way 代表
外務省参与
関東経済産業局「新連携支援」 事業評価委員長

【主な講演テーマ】

「革新と創造で新時代を切り拓け~いま企業経営者がなすべきこと~」
「今後の経済動向と中小企業経営~ビジネス作りのキーワードをつかめ!~」
「今後の経済動向と企業経営~"アントレプレナー"な経営者たちに続け~
「ビジネスづくりのキーワード~「貢献」「連携」「仕組みづくり」~

【登録テーマ】
【出身地】 愛知県

講師プロフィール

1951年名古屋市生まれ。立教大学大学院修了。
東邦学園短期大学専任講師、名城大学商学部専任講師を経て、1993年より立教大学経済学部助教授、95-6年経済学科長。
2001年4月より現職。経済危機やバブル問題に関する研究のほか、NHK総合テレビ「クローズアップ現代」、同「さきどり」、テレビ東京「ジパング」などでコメンテーターとしても活躍。
BS11「中小企業ビジネスジャーナル」(毎月第1水曜日pm11~12)では、キャスターとして番組の企画制作にもかかわっている。
また、NHKラジオ第1「マイあさラジオ」:社会の見方・私の視点 毎月一回、文化放送『福井謙二グッモニ』:毎週木曜日朝7時からレギュラー生出演中。

経済や金融の情勢など、「時代」を踏まえた企業経営を推進するという観点から全国で講演活動も行っている。
中小企業支援ネットワークである“スモールサン(中小企業サポートネットワーク)”主宰者として、中小企業支援活動を全国展開しているほか、外務省参与として中小企業の海外進出、経済産業省関東経済産業局「新連携支援」政策の事業評価委員長として、中小企業の連携活動支援にも関わっている。

 

講演テーマ   

「革新と創造で新時代を切り拓け~いま企業経営者がなすべきこと~」
「今後の経済動向と中小企業経営~ビジネス作りのキーワードをつかめ!~」
「今後の経済動向と企業経営~"アントレプレナー"な経営者たちに続け~
「ビジネスづくりのキーワード~「貢献」「連携」「仕組みづくり」~

 

メディア情報

主な著書
「社長の経済学」(中経出版)
「山口義行の“ホント”の経済」(スモールサン出版)
「バブル・リレー 21世紀型世界恐慌をもたらしたもの」(岩波書店)
「聞かせる技術」(河出書房新社)
「現場に「解」あり! 中小企業の“連携”が未来を開く」(中央公論新社)など

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師JA主催向け青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー