梅原大吾(うめはらだいご)

プロゲーマー

【主な講演テーマ】

「一日ひとつだけ強くなる」 など

【登録テーマ】
【出身地】 青森県

講師プロフィール

日本初プロゲーマー! 世界の頂点に立つ男

15歳で日本を制し、17歳で世界チャンピオンのタイトルを獲得。以来、格闘ゲーム界のカリスマとして、18年間にわたり世界の頂点に立ち続ける。

2010年4月、米国企業とプロ契約を締結、日本で初めてのプロゲーマーとなる。同8月「世界で最も長く賞金を稼いでいるプロゲーマー」としてギネスブックに認定される。『Evolution Championship Series』(通称 EVO -- 世界最大の格闘ゲーム大会)で2009年、2010年と2年連続優勝を果たし、歴代記録を作る。2013年には、5年連続ベスト8入りし、同大会における大会歴代記録を更新。誰もが認める「世界最強にして最高」のゲーマーとして、その一挙手一投足は国内外から熱い注目を集めている。米国大手ゲームサイト「Kotaku.com」が、「奇跡の逆転劇」として知られる2004年のEVOにおける伝説の一戦を「プロゲーム史上最も記憶に残る名場面」第1位に選ぶなど、世界のゲーム界ではウメハラの名を知らぬものはいない。

みずからのフィロソフィーを綴る書籍多数は一般にも広く受け入れられ、ラジオやテレビ出演をはじめ、企業や大学・専門学校からも招待を受け特別講師としても活躍中。2012年に小学館より上梓の『勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」』はAMAZONキンドルストア新書部門にて2013年年間ランキング1位を獲得し、2016年7月に英語版が発売された。 2016年2月に開始したTwitch配信は日本ダントツ1位、世界でも格闘ゲーム部門で1位のビューア数を誇る。同年4月にはレッドブル・アスリートとしてパートナー提携を結び、6月にはアマゾン社の配信プラットフォームであるTwitch初のグローバルアンバサダーに指名された。さらに、12月には米国ゲーム周辺機器一大メーカーのHyperX(ハイパーエックス)とパートナーシップを結び、グローバル企業3社のスポンサード・アスリートとして世界で活躍する。

 

 格闘ゲーム界の生きたレジェンドとしてコミック化も!

『ウメハラ FIGHTING GAMERS!』 ①~⑥(KADOKAWA/角川書店)
  監修:梅原 大吾
  作画:西出 ケンゴロー
  原作:折笠 格

 

主な大会戦績

 

講演テーマ

「一日ひとつだけ強くなる」
タイトルの「1日ひとつだけ、強くなる。」という言葉は、およそ20年にわたって僕が続けてきた努力についての、ちょっとしたコツのようなものです。
一度きりの「勝ち」が欲しいのなら運や要領で実現できますが、何度でも勝ち続ける「強さ」を手に入れるには、やはりそれなりのやり方が必要になります。
昨日より今日、今日より明日、ひとつずつでいいので変わり続けること。大きな成果や成長であっても、煎じつめればそれは小さな小さなひとつの成長の集合といえます。だからひとつずつで構わない。それが自分の考える「強さ」への近道でもあり、ゲームや勝負に対する取り組み方、信条でもあるのです。

※上記はテーマは一例です。
主催者様のご要望に応じてお話しします。 詳細はSpeakers.jpスタッフまで ご相談ください。

 

講演実績

みずほ銀行、慶応大学、デロイトトーマツ、DODA、ニューヨーク大学、山佐株式会社 ほか多数

 

メディア出演

TOKYO FM、Harvard Business Review、講談社、日テレ、NHK、ASA、文藝春秋、フジテレビ
リクルート、テレビ朝日、PHP、東洋経済新聞社 ほか多数

 

著書

『勝ち続ける意志力』小学館(小学館101新書)、2012年
『勝負論 ウメハラの流儀』小学館(小学館新書)、2013年
『1日ひとつだけ、強くなる。 世界一プロ・ゲーマーの勝ち続ける64の流儀』KADOKAWA/中経出版、2015年
『悩みどころと逃げどころ』(ちきりん氏との共著)、小学館(小学館新書)、2016年

 

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー