植田辰哉(うえたたつや)

全日本男子バレーボールチーム監督

【主な講演テーマ】

「指導者に求められるもの」
「責任は結果により果たされプロセスにより決まる」
「自分で限界を決めるな~夢は必ずかなう~」

【登録テーマ】
【出身地】 香川県

講師プロフィール

大阪商業大学卒業後、新日本製鐵(現、堺ブレイザーズ)に入社。
日本リーグ(現、Vリーグ)ではセンタープレイヤーとして、新人賞、ベスト6(5年連続)、ブロック賞、スパイク賞など数々のタイトルを獲得。
日本代表としても活躍し、1992年のバルセロナオリンピックには主将として出場。6位入賞に貢献した。

現役引退後は、新日鐵、日本代表ジュニアチームの監督を歴任し、2005年に日本代表監督に就任。
凄まじい量の練習や、日本代表としての誇りを持つことを選手に要求。強烈なリーダーシップで日本代表をフィジカル、メンタル面ともに鍛え上げ、戦う集団へと変えていった。

2008年、北京オリンピック世界最終予選を突破。自身が出場したバルセロナ以来、16年ぶりに日本代表をオリンピックへと導いた。出場権を獲得した瞬間、コートに倒れこみ、男泣きした姿は日本中に大きな感動を与えた。

▼監督歴
1999年~2002年 新日鐵(現堺ブレイザーズ)
2003年~2004年 日本代表ジュニア(男子)  
2004年~(現在) 日本代表(男子) 

▼指導者資格
JOC専任コーチ(TOPコーチアカデミー) 
日本体育協会上級コーチ

 

 

実績

選手時代の主な競技歴

1989年 アジア選手権大会準優勝、ワールドカップ6位
1991年 アジア選手権大会優勝、ワールドカップ4位
1992年 バルセロナオリンピック 6位

 

受賞

1987年 日本リーグ新人賞 
1988年~1992年 日本リーグベスト6 ※5年連続受賞
1990年、1993年 日本リーグブロック賞 
1991年、1992年、1994年日本リーグスパイク賞
2007年 Vリーグ栄誉賞

 

日本代表監督での主な戦績

2005年 アジア選手権 優勝 
2006年 世界選手権 ベスト8 
2007年 アジア選手権 準優勝、ワールドカップ9位
2008年 北京オリンピック世界最終予選兼アジア大陸予選2位(出場権獲得)  
北京オリンピック ※16年ぶりのオリンピック出場
2009年8月 世界選手権アジア予選 1位
2009年10月 アジア選手権 優勝
2009年11月 ワールドグランドチャンピオンズカップ 3位(銅メダル)
※全日本男子の国際大会では32年ぶりのメダル獲得

 

著書

「植田辰哉徹底マネジメント」(総合法令出版2009年11月)

 全日本男子バレーボールチームを16年ぶりにオリンピックに出場させた植田辰哉監督の選手指導指南書。
 まず原点回帰を実施し、集団内のコミュニケーション能力を高め、トレーニング法にも合理性のある厳しさを導入。さらに、達成可能な目標設定、人格ではなく行動に対して評価を行うこと、叱る基準の明確化や間違いを認めることからはじまるリスクマネジメントなどを実施し、結果を出した植田氏。
 緻密な戦略と実践的リーダーシップをもって、摩擦を恐れずぶつかることの重要性を教えてくれ、あらゆる組織のマネジメントやアスリートをはじめビジネスマンに対するコーチングにも役立つノウハウがいっぱいの一冊です。

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー