植田統(うえだおさむ)

名古屋商科大学  経営学部 ・大学院教授
弁護士

【主な講演テーマ】

「経済財政政策のあり方」
「日本的経営の問題点」
「グローバル経済と日本企業の戦略」

【登録テーマ】
【出身地】 東京都

講師プロフィール

銀行員として金融の現場でキャリアをスタートし、経営コンサルティングの世界に転身。
そして自らも会社経営を行い成功をおさめる。
経験を生かし企業 再生のプロとして活躍しながら、
夜間2年間ロースクールに通い一回目の受験で司法試験に合格。
現在弁護士活動のかたわら執筆、講演活動を行っている。

●学位・資格:
東京大学法学部卒
ダートマス大学MBA
成蹊大学法務博士

略暦

1981年  東京大学法部を卒業し、銀行(現三菱UFJ)に入行。
1984年 2年間のアメリカ留学 。 ダートマス大大学 経営大学院 経営大学院 経営大学院 にてMBA取得。
1988年 世界有数の経営コンサルティング会社であるブーズ・アレンに入社。
1994年 再び日本の金融機関に戻り、野村アセットマネジメントで資産運用業を経験。
2003年 世界有数の情報メディア企業であるレクシスネクシス・ジャパンの社長として、自ら経営を経験。
2007年 世界最大の事業再生コンサルティング会社であるアリックスパートナーズで事業再生に取り組む。
     ライブドア、JALの再生案件を担当。
2012年 これらの経験を踏まえ弁護士、国際経営コンサルタントとして独立。
 企業に対して経営と法務を融合した、ストラテジー&リーガル・アドバイスを提供している。

 

講演テーマ

「経済財政政策のあり方」
「日本的経営の問題点」
「グローバル経済と日本企業の戦略」
「金融円滑化法終了後の中小企業経営」
「長寿社会におけるサラリーマンのキャリア形成」

 

 

▼ココがオススメ!

弁護士・植田統氏は、銀行員、経営コンサルタント等の経歴と実績を持ち、マネジメントとコンプライアンスの両面に亘る経営アドバイスを実施しています。  植田氏は、企業再生に手腕を発揮し、さまざまなビジネス本も多く執筆。そこには、極めて具体的なノウハウが展開されています。  まず結果から考えてプロセスを構築すること、事実は多面的であり調査では100%の真実は判明しないため必要以上の時間をかけないこと、優先事項に時間を利用すること、生活の90%をパターン化して効率性を確保すること、机の上も頭の中も必要なものだけに整理・整頓しておくこと、6割程度の確信で物事が掴める事、一週間かけて100点の結果を出すよりも状況が変化することを踏まえて1日で60点の仕事をすること、できないことはできないとはっきり断ること、決められた時間内で最大のアウトプットを出せる人こそ仕事ができるということ、メール・電話・対面を使い分けることなどの“実践的仕事術”を示しています。  そんな植田氏の講演は、ビジネス、経営論、組織論などの内容に及び、「経済財政政策のあり方」「日本的経営の問題点」「グローバル経済と日本企業の戦略」などのテーマを話してくれます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!  特に、植田氏は、コンサルタントの経験から「交渉術」に秀でており、講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、自分だけ得をしようとしてはいけないこと、落とし所を考えること、安易にうなずいてはいけないこと、話の裏を必ず取ることなどの交渉ポイントを得ることができるのです。

 

書籍情報

人生に悔いを残さない45歳からの仕事術(日本経済新聞出版社)
企業再生 7つの鉄則(日本経済新聞出版社)
日本的「失敗」の本質~29例に学ぶ没落のメカニズム~(朝日新聞出版)
銀行から「金を返せ」と言われたら読む本~迫る「中小企業金融円滑化法」期限切れ!~(光文社)
他 多数の著書を出版。

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師コーチングテーマの講師モチベーションテーマの講師人気講師ランキングオススメ講師ランキング
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー