鶴久政治(つるくまさはる)

歌手

【主な講演テーマ】

夢、音楽などについてのトークショー
(※トークショー&ライブも可能)

【登録テーマ】
【出身地】 福岡県

講師プロフィール

1964年3月31日、福岡県生まれ。
1983年9月21日、 チェッカーズ「ギザギザハートの子守唄」でデビュー。
チェッカーズのサイドボーカル・メロディメーカーとして数々のヒット曲を手がける。
(「夜明けのブレス」 「Room 」「Cherie」 「ミセスマーメイド」「Jim&Janeの伝説」「WANDERER」etc)
1992年12月31日、NHK紅白歌合戦を最後にチェッカーズ解散。
解散後もライブ、CD制作、作詞、作曲、プロデュース、役者、バラエティー等の活動を盛んに行う。
チェッカーズ・光GENJI・沢田研二・高井麻巳子・岩井由紀子・緒方恵美・小野真弓・等、沢山のアーティストに約200曲の楽曲提供を行う。

 

講演内容

 歌手・鶴久政治氏は、1980年代から1990年代前半にかけて活躍した男性ロックバンド「チェッカーズ」のメンバーとして知られています。

 人気のあるオールディーズ系の外国バンドに、スペルが「C」で始まり「S」で終わる名前が多かったことになぞらえて、「チェッカーズ(CHECKERS)」と命名し、当時の担当マネージャーが、バンド名にあわせてチェック柄の衣装を考案。軽快なメロディーラインと、それまでにないスタイリッシュな出で立ちに、若い女性から絶大な支持を得ました。

 その中で、鶴久氏はサイドボーカルとしては高音部分(ファルセット)を担当。さらに、キーボードや作曲でも活躍し、存在感を示しました。その後、自身が歌う曲以外にも、多くのアーティストに楽曲を提供。作曲家としての活動でも知られています。

 そんな鶴久氏の講演は、人生、夢の実現、芸能、音楽を主な内容とし、夢、音楽などについてのトークショー(ライブ併演も可能)を開催。また、フォーラム参加もOKです。

 チェッカーズ時代より、何事にも真面目にとりくむ人柄が評価され、講演、トークショー、フォーラムを訪れた人は、鶴久氏がこれまでの歩みから学んだ集団(チェッカーズ)における役割と個人(ソロ活動)のあり方、そしてライブで奏でる曲の美しさに触れ、多くの感動を得らえること請け合いです。

活動実績

TV

NHK 
「トン☆スタ」
「紅白歌合戦」

NTV 
「メレンゲの気持ち」
「24時間テレビ(カンボジア)一人旅」
「ものまねバトル超豪華新春SP!!」
「小さな小さなあなたを生んで」カネボウヒューマンスペシャル

TBS 
「温泉へ行こう2」
「ひよこたちの天使」花王愛の劇場

CX 
「とんねるずのみなさんのおかげです」
「ねるとん紅鯨団」
「ごきげんよう」
「笑っていいとも」
「FNSソフト工場(真夏の南極.幻の温泉を求めて2万キロ)」一人旅

EX 
「タモリ倶楽部」
「プラチナロンドンブーツ」

TVQ 
「きらり九州めぐり逢い」
エンディングテーマ曲 「結風~むすぶ風~あなたへ」放映中

CM

「サッポロクラシック」サッポロビール(終了)
ガレージアーバン(自動車販売/契約中)

映画

「ハル」森田芳光監督
「CHECKERS in TANTAN たぬき」川島透監督

CD

SINGLE

「貴女次第」
「暴れる女神」
「Angel Eyes」
「Girl」
「サドルシューズの砂」
「明日に向かって走れ」
「君に会いたかった」
「あの夏の笑顔に」
「Bye Bye Bye」
「きみがいるから」
「ないないBaby」
「想い」
「雨あがりの風」
「結風~むすぶ風~あなたへ」

ALBUM

「LOVIN’SPOONFUL」
「Timely」
「MOVE ON!」
「THE WIND KNOWS MY NAME」

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー