辻野晃一郎(つじの こういちろう)

・グーグル株式会社 前社長
・アレックス株式会社 代表取締役

【主な講演テーマ】

「チャレンジを恐れるな、リスクを恐れるな」
「クラウド時代の国際競争力と21世紀の新しい経済モデル」

【登録テーマ】
【出身地】 福岡県

講師プロフィール

1957年福岡県生まれ。84年に慶応義塾大学大学院工学研究科を修了し、同年ソニーに入社。
同社の海外留学制度により渡米し、88年にカリフォルニア工科大学大学院電気工学科を修了。
VAIO、スゴ録、コクーンなど、ソニーの主力商品を次々と生み出す。
2006年3月にソニー退社後、翌年、グーグルに入社。
2009年1月にグーグル日本法人代表取締役社長に就任、グーグルの日本市場における成長に寄与した。
2010年4月にグーグルを退社し、アレックス株式会社を他のメンバーと共に創業。
現在、代表取締役社長兼CEOを務める。

 

 講演テーマ

「チャレンジを恐れるな、リスクを恐れるな」

「クラウド時代の国際競争力と21世紀の新しい経済モデル」

世界中がネットワークでつながり国際化が進んだ今、視野を世界に広げ、日本的価値観の中から新たなグローバルスタンダードを創る好機がやってきました。
無限のコンピューターの力を無料で使える恵まれた環境を活かし、自分の価値観に基づいて動く人、リスクを恐れずチャレンジする人を増やしていくことなど、日本をもう一度活気ある国にするためのヒントをお話します。

 

講演内容

 アレックス株式会社・辻野晃一郎氏は、慶大卒業後、ソニー株式会社に入社。VAIO、スゴ録、コクーンなどの事業部で辣腕をふるい2006年に退職。2007年にグーグル日本法人に入社し、2009年代表取締役社長に就任します。

 アレックス社の行動指針の一つに「最初から世界市場へ」を掲げている辻野氏。70億人の世界人口、うち24億人のネット利用者、そのうちの約10億人がフェイスブック利用者という現在、日本の1億2千万人という人口は、ビジネスの対象としてとても少なく「日本人相手に商売を始めることはアプローチが古い」としています。

 半面、本来の自分のアジェンダ(取り組むべき課題)は「日本を世界に発信すること」であるという辻野氏。大震災に際し、世界中の人々は、日本人の精神性の高さを評価してくれたことを認識し、伝えていかなければならないと。そして、日本的な価値観には大きな値打ちと魅力があり、それを世界に広めていくことが、世界をより良くすることに繋がると確信しています。

 辻野氏の講演は、ビジネス、経営、ネットビジネス、組織論、リーダシップ、マネジメント、経済、ビジネス研修など、幅広い内容に及びます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!

 問題が起こると心から喜ぶという辻野氏。うまくいかないからこそ、知恵を働かせて次の手を考え、悩み、汗をかいて、協力者を探す。でもそれこそがドラマ。それが生きている証として、講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、辻野氏のビジネス哲学から、仕事の本質を理解し、日本人としていかに自己実現すべきかを学ぶことができるのです。

 

著書

『グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた』(新潮社、2010年、新潮文庫、2013年)
『成功体験はいらない』(PHPビジネス新書、2014年)
週刊文春で「出る杭は伸ばせ!辻野晃一郎のビジネス進化論」を連載中。

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー