建山義紀(たてやまよしのり)

・元北海道日本ハムファイターズ投手
・元メジャーリーガー

【主な講演テーマ】

「Challenge Spirit 〜挑戦し続ける心〜」
「勝利への橋渡し 〜セットアッパーの役割〜」

【登録テーマ】
【出身地】 大阪府

講師プロフィール

サイドスローから繰り出すキレのある直球とスライダーを武器に、
北海道日本ハムファイターズ、メジャーリーグでも活躍した名セットアッパー!

1998年ドラフト2位で日本ハムファイターズに入団。
ルーキーイヤーから先発ローテーションに定着し、6勝(防御率2.89)をあげる。
2003年はストッパーとして15セーブ(防御率2.17)、
2004年からはセットアッパーに定着し、同年13ホールドで最優秀中継ぎ投手を獲得。
2006年はチームのリーグ優勝、日本一に貢献。

2010年オフ、FA権を行使しアメリカ・メジャーリーグのテキサスレンジャーズに入団。
2011年5月にメジャー初セーブ、6月にはメジャー初勝利をあげる。
同年、チームはアメリカンリーグチャンピオンに輝く。
その後、2013年にNYヤンキースへ移籍、

2014年6月に日本球界復帰(阪神タイガース)。
2014年シーズン終了後、現役引退を表明。今後は野球解説者として活動していく。

 

建山義紀氏の講演テーマ

「Challenge Spirit 〜挑戦し続ける心〜」

「勝利への橋渡し 〜セットアッパーの役割〜」

 

 

▼ココがオススメ!

 元北海道日本ハムファイターズ投手、元メジャーリーガーの建山義紀氏は、入団した1999年に6月から完全に先発ローテーションに定着し、以降、中継ぎ、抑えの要として活躍。2006年には自己最多の46試合に登板し、“強力リリーフ陣”の一角を担いチームのリーグ優勝、日本一に貢献します。  海外FA権を行使し2011年に米メジャーリーグのテキサス・レンジャーズに入団。2013年には、ニューヨーク・ヤンキース傘下AAA級チームであるスクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースに移籍。そして、2014年には阪神タイガースに入団し、日本球界復帰を果たします。  サイドスローから最速約148km/hのストレートを繰り出し、スライダーとシンカーを決め球とするスタイルで人気を集め、メジャー時代は特にスライダーを駆使して通算奪三振率9.00を記録します。  そんな建山氏に寄せられる講演依頼は、モチベーション、チャレンジ、スポーツ、野球、スポーツ教室、ビジネスなどの内容に及び、「Challenge Spirit ~挑戦し続ける心~」「勝利への橋渡し ~セットアッパーの役割~」などのテーマを話してくれます。  講師派遣先は、企業、教育関連のクライアントさまが多く、講演依頼はフォーラム、セミナー、トークショーの形でもOK!特に、チャレンジを内容とした講演には、最も相応しい一人として講師派遣しています。  2014年シーズン引退後、野球解説者として活動を開始。特に、日米の野球文化の差や、チームにおけるコミュニケーションのあり方など、自身の経験に基づく様々なエピソードを披露。講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、「すべての試合で向上心を持って全力で投げてきた」という真摯な姿勢で語られる内容に、強い説得力を感じ大きな励ましを得ることができるのです。

 

経歴

〈通算成績〉
 日本プロ野球(13年) 446試合登板 35勝 27セーブ 84ホールド
 メジャーリーグ(2年)    53試合登板  3勝  1セーブ  4ホールド

〈球 歴〉
 ・東海大仰星高校               
 ・甲賀総合科学専門学校     
 ・松下電器
 ・日本ハムファイターズ
 ・北海道日本ハムファイターズ
 ・テキサス・レンジャーズ      
 ・阪神タイガース

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師JA主催向け青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー