立川談慶(たてかわだんけい)

落語家

【主な講演テーマ】

『大事なことはすべて立川談志に教わった』
『めんどくさい人の接し方、かわし方』

【登録テーマ】
【出身地】 長野県

講師プロフィール

生年月日:1965年
 出身地:長野県上田市(旧丸子町)生まれ
趣味・特技:ウェイトトレーニング歴10年、ベンチプレス120kg



慶應義塾大学経済学部を卒業後、(株)ワコールに入社。3年間のサラリーマン体験を経て、91年立川談志18番目の弟子として入門。 前座名は「立川ワコール」。2000年に二つ目昇進を機に、立川談志師匠に「立川談慶」と命名される。05年、真打昇進。慶応大学卒業の初めての真打となる。

【経歴】

1965年 長野県上田市(旧丸子町)生まれ。駿台甲府高等学校を経て慶應義塾大学経済学部卒業。
1988年 株式会社ワコール入社、福岡支社に配属
1991年4月 同社を退社。翌月に立川流Aコースに正式入門、前座名「ワコール」
2000年12月     二つ目に昇進、談志の命名により「談慶」に改名
2005年3月 真打昇進(慶應義塾大学では初の落語家)
2006年3月 ひかり荘で25時間連続落語、25席を演じる。
2013年2月 アカペラボーカルグループINSPIとのコラボ「アカペラ落語の会」を企画・脚本執筆・演出・上演。
2013年7月 「大事なことはすべて立川談志に教わった」(KKベストセラーズ)を出版。
2014年9月 「この一冊で面白いほど仕事術が身に付く~落語力」(KKロングセラーズ)を出版。
2015年7月 「いつも同じお題なのになぜ落語家の話は面白いのか」(大和書房)を出版。
2016年7月 「めんどうくさい人の接し方、かわし方」(PHP文庫)を出版。
2017年3月 「落語家直伝 うまい! 授業のつくりかた」(誠文堂新光社)を出版。
2017年5月    「なぜ与太郎は頭のいい人よりうまくいくのか 落語に学ぶ「弱くても勝てる」人生の作法」(日本実業出版社)を出版。
2017年7月 「人生を味わう古典落語の名文句」(PHP文庫)を出版。

 

講演テーマ

『大事なことはすべて立川談志に教わった』
『めんどくさい人の接し方、かわし方』

 

著書

(1)『大事なことはすべて立川談志に教わった』(KKベストセラーズ)
(2)『談慶の意見だ 絵手紙集』(信濃毎日新聞社)
(3)『この一冊で面白いほど仕事術が身に付く~落語力』(KKロングセラーズ)
(4)『いつも同じお題なのになぜ落語家の話は面白いのか』(大和書房)
(5)『「めんどうくさい人」の接し方、かわし方』(PHP文庫)
(6)『なぜ与太郎は頭のいい人よりうまくいくのか 落語に学ぶ「弱くても勝てる」人生の作法』(日本実業出版社)
(7)『人生を味わう古典落語の名文句』(PHP文庫)

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー