田中優(たなかゆう)

・「未来バンク事業組合」理事長
・「天然住宅バンク」理事長
・「日本国際ボランティアセンター」理事
・「足温ネット」理事、
・「ap bank」監事
・「一般社団 天然住宅」共同代表

【主な講演テーマ】

・「原発に頼らない社会へ」
・「地宝論 ~地域の宝を活かす方法~」
・「発想が変わるおカネの生かし方」

【登録テーマ】
【出身地】 東京都

講師プロフィール

1957年東京都生まれ。
地域での脱原発やリサイクルの運動を出発点に、環境、経済、平和などの、さまざまなNGO活動に関わる。
現在「未来バンク事業組合」「天然住宅バンク」理事長、「日本国際ボランティアセンター」 「足温ネット」理事、
「ap bank」監事、「一般社団 天然住宅」共同代表を務める。
また、立教大学大学院、和光大学大学院、横浜市立大学の非常勤講師も務めている。

「原発」、「これからのエネルギー」、「お金」、「森林」、「温暖化問題」、「世界の貧困」、「戦争の原因」など
多ジャンンルテーマでの講演が可能であることからも、年に300回以上の講演を実施している。
2012年からは『田中優的 身の立て方講座』も開催し、意欲のある若者たちの自力を高め、新しいことを実現し、
発信していく力を育てる活動も精力的に行っている。

 

▼ココがオススメ!

長年に渡り原発問題に携わって来た経験から、今回の「3・11東日本大震災」で起きた“福島原発問題”や“放射能汚染”などに関しても、「今何が起こっているか」「これから何をすべきか」「新しいエネルギーをどうするか」等、皆さんが知りたい本質的な話をわかりやすくお話します。

 

田中優氏の講演テーマ

・「原発に頼らない社会へ」
・「地宝論 ~地域の宝を活かす方法~」
・「発想が変わるおカネの生かし方」
など、原発、環境、平和問題などご相談に応じて対応可能です。

 

講演内容

 脱原発やリサイクル運動で知られる市民活動家・田中優氏は、未来バンク事業組合や天然住宅バンクなどの団体で理事長を務め、近年では六ヶ所村核燃料再処理施設の稼働反対運動に注力しています。

 さらに、平和運動にも深く関わっており、以前の郵便貯金に集められた資金が、最終的にアメリカの軍事費に利用されているという事実を明らかにし、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件を受けて、当時のブッシュ大統領が行った強硬政策を批判しています。

 田中氏の講演は、人権、環境、住まい、放射などの内容に及びます。また、フォーラム、セミナーでの開催もOK!新たなエネルギーを作り出すことは言うに及ばず、省エネ・節電を含めエネルギーを効率的に利用することが大事であるという田中氏。

 さらに、脱原発後の社会を正確に見据えなければいけないとし、脱原発によって経済が疲弊するのでなくて、自然エネルギーを用いることで、地域経済が活性化するという発想が重要であるとしています。

 そして、環境保護を口にしながら戦争に反対しない政府・組織は、人間主体で物事を考えていないと。戦闘機や戦車の省エネ化などは、地球にやさしい殺人マシンの矛盾なども指摘。

 田中氏は講演、フォーラム、セミナーで、自身の活動を披露することで、環境やエネルギーから戦争、平和に至るまで、人としてどう考え、取り組むべきかを示してくれるのです。

 

活動実績

著書

・「どうして郵貯がいけないのか」(北斗出版1993年5月)
・「廃棄物学入門」(中央法規出版1993年10月)
・「廃棄物学概論」(日本環境測定分析協会1998年9月)
・「日本の電気料金ははぜ高い-揚水発電がいらない理由」(北斗出版2000年7月)
・「戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法」(合同出版2003年8月)
・「戦争をやめさせ環境破壊をくいとめる新しい社会の作り方-エコとピースのオルタナティブ」(合同出版2005年7月)
・「戦争手って、環境問題と関係ないと思ってた」(岩波ブックレット2006年5月)
・「世界から貧しさをなくす30の方法」(合同出版2006年12月)
・「地球温暖化/人類滅亡のシナリオは回避できるか」(扶桑社2007年5月)
・「循環型社会への処方箋-資源循環と廃棄物マネジメント」(中央法規出版2007年3月)
・「おカネで世界を変える30の方法」(合同出版2007年12月)
・「戦略的廃棄物マネジメント-循環型社会への挑戦」(岡山大学出版会2008年3月)
・「おカネが変われば世界がかわる-市民が作るNPOバンク」(コモンズ2008年11月)
・「環境教育 善意の落とし穴」(クレコスコファイル)」(大月書店2009年1月)
・「天然住宅から社会を変える30の方法」(合同出版2010年4月)
・「ヤマダ電機で電気自動車を買おう仕組みを変えなければ温暖化は止まらない」(武田ランダムハウスジャパン2010年7月)
・「幸せを届けるボランティア、不幸を招くボランティア(14歳の世渡り術)」(河出書房新社2010年7月)
・「原発に頼らない社会へこうすれば電力問題も温暖化も解決できる」(武田ランンダムハウスジャパン2011年4月)
・「地宝論-地球を救う地域の知恵」(子どもの未来社2011年5月)
・「原子力発電を考える(いますぐ考えよう!未来につなぐ資源・環境・エネルギー①)」(岩波書店2012年2月/共著)
・「石油エネルギーを考える(いますぐ考えよう!未来につなぐ資源・環境・エネルギー②)」(岩波書店2012年3月/共著)
・「エネルギーの自給自足を考える(いますぐ考えよう!未来につなぐ資源・環境・エネルギー③)」(岩波書店2012年3月/共著)

 

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー