武田康男(たけだやすお)

・日本教育大学院大学客員教授・気象予報士
・空の不思議を解明する写真家

【主な講演テーマ】

「南極の自然」(写真と映像)
「日本の空」(写真と映像) など

【登録テーマ】
【出身地】 東京都

講師プロフィール

東北大学理学部地球物理学科卒業。
高校教諭の時に第50次南極地域観測越冬隊員として、南極観察の業務に従事。
日本気象学会会員、日本自然写真協会会員。

美しい写真でさまざまな気象現象を紹介し、その背後にある科学を解説する。
自宅近くや、ビルの屋上から撮影した夕陽、雲をはじめ南極で撮影した、
「つぶれた太陽」「グリーンフラッシュ」「オーロラ」「蜃気楼」「雪結晶」ほか
自身で撮影した写真や映像でみなさまをワクワクさせます。
明日の空模様が予想できるワンポイントレッスンが大好評!

講演テーマ

「南極の自然」(写真と映像)
「日本の空」(写真と映像)
「さまざまな気象現象」(写真と映像)
「空の楽しみ方」(写真と映像) 他

 

▼ココがオススメ!

 日本教育大学院大学客員教授を務める気象予報士の武田康男氏は、「空の不思議を解明する写真家」としても知られています。  流星群や皆既日食など何十年、何百年に一度という天体現象に遭遇したり、気象に関する未知の部分を追究したりする面白さが「空」の魅力であるという武田氏。  以前は、千葉県の高校で地学の教鞭をとり、自身が指導する生徒にメルマガのようなものを発行し、写真つきで気象現象をメールするなど、リアルタイムの情報交換をしていました。そうした雲や虹、雷など数々の気象現象を自身が運営するサイトでも紹介し、その幻想的な「作品」に多くの反響が寄せられています。  そんな武田氏に寄せられる講演依頼は、教育、環境、自然、科学などの内容に及び、写真と映像を用いた「南極の自然」「日本の空」などのテーマを話してくれます。  講師派遣先は、教育関連のクライアントさまが多く、講演依頼はフォーラム、セミナー、トークショーの形でもOK!特に、自然や科学を内容とした講演には、最も相応しい一人として講師派遣しています。  自身が撮影した写真も含め、多くの人に空をみつめる楽しさを知ってもらい、自然を見る目を養ってほしいという武田氏。講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、外に出さえすれば、誰でもどこでも見られる空が、こんなにも美しいものだと再認識し、物事を科学的に見つめるきっかけを得るのです。

 

メディア情報

<テレビ出演>
NTV「世界一受けたい授業」
TBS「教科書にのせたい!」
NHK-BS「アインシュタインの眼」ほか

<ラジオ>
NHK「ラジオカルチャーセンター」ほか

著書

「空の色と光の図鑑」草思社
「雲のかお」小学館
「空を見る」筑摩書房
「楽しい気象観測図鑑」草思社
「天気の自由研究」永岡書店
「すごい空の見つけかた」草思社
「世界一空が美しい大陸 南極の図鑑」草思社
「青空を歩く本」インデックス・コミュニケーションズほか

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師コーチングテーマの講師モチベーションテーマの講師人気講師ランキングオススメ講師ランキング
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー