武田一浩(たけだかずひろ)

NHKプロ野球解説者
スポーツコメンテーター

【主な講演テーマ】

「真のリーダーシップとは」
「プロフェッショナルとは」

【登録テーマ】
【出身地】 東京都

講師プロフィール

元プロ野球選手(投手)
明治大学付属中野高等学校−明治大学−日本ハムファイターズ(1987年ドラフト1位〜1995)−福岡ダイエーホークス(1996〜1998)−中日ドラゴンズ(1999〜2001)−読売ジャイアンツ(2002)

受賞・主要記録
・セーブ王:1回(1991年)
・最多完封:1回(1996年)
・最多勝利:1回(1998年)
・オールスターゲーム出場:5回(1990年、1991年、1996年、1998年、1999年)

 

 

講演内容

 NHKプロ野球解説者・武田一浩氏は、良いものは良い、ダメなものはダメという辛口解説は特徴で、「野球素人のアナウンサーに迎合しないところが好き」と、そのクールで専門的な歯切れの良い語り口が、多くのファンに支持されています。

 1987年にドラフト1位で、明治大学から日本ハムファイターズに入団。1991年に最優秀救援投手のタイトルを獲得します。1996年福岡ダイエーホークスに移籍。1999年には中日ドラゴンズへ移籍し、同年のリーグ優勝に貢献します。そして、2002年に読売ジャイアンツへ移籍し、中日から勝利を挙げ、史上3人目の全球団勝利を達成します。

 日本プロ野球にカットボールを広めたのは武田氏であると言われています。直球の握りから人差し指を少し中指側にずらして握り、ボールをカットするように投げるため、直球に近い球速ながらも小さく鋭く変化。

 そのため、打者からは直球との見分けがつきにくく、バットの芯を外して凡打に打ち取ることができるという変化球で、中日時代に明治大学の後輩である川上憲伸投手に、この変化球を伝授したとしています。

 そんな武田氏は講演で、プロ野球の現役選手とコーチ生活から得た経験を元に、指導者や仕事に対する取り組みなどを指導してくれます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!

 野球の面白さを中心に伝える解説者ではなく、専門的な知識や情報をもって状況を分析するタイプであるため、講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れたひとは、野球というゲームには、仕事や生活、人生に生かせる様々なファクターに溢れていることを、武田氏から学ぶことができるのです。

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー